専門科目


都市社会の社会学('12)


トップページに戻る

平成26年 1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可




【問題】
 問1 都市という居住地の特質に関する鈴木栄太郎の説明について。
 問2 人口の変化について。
 問3 都市化に伴う日本の親族関係の変化について。
 問4 東京大都市圏でみられる都心の再利用(再都市化)という現象を生じさせた原因について。
 問5 社会地区分析について。
 問6 職工について。
 問7 フリーライダーについて。
 問8 人間関係の変化について。
 問9 都市における階層・階級分析について。
 問10 都市における貧困と社会的排除について。

 今回の試験は、過去問《平成24年2学期(後期)》と全く同じ問題でした。

 問4は提出型問題10のアレンジ。
 問5は提出型問題8のアレンジ。
 問8は自習型問題4のアレンジ。
 問9は自習型問題7と同じ。
 問10は自習型問題8のアレンジ。

 【感想】放送授業は視聴せず。持込不可だが、易しい試験である。
 過去問を見る限り、毎回4問以上が提出・自習型問題から出ている。
 現代都市とコミュニティ('10)と内容がかなりの部分でかぶるので、同時に受講することをおすすめします。