共通科目 一般科目


地中海世界の歴史('09)


トップページに戻る

 平成26年1月
択一式か記述式か: 記述式

設 問 数 : 2

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可



コ メ ン トその1 :

 1.「三世紀の危機」を克服する中で姿を見せたローマ帝国の国家と社会について、以下の言葉を全て用いて論じなさい。指定された言葉には下線を記すこと。(400字以内)
 軍人皇帝 キリスト教 ディオクレティアヌス帝 コンスタンティヌス帝 専制君主政

 2.フリードリヒ2世は、十字軍遠征で、イスラーム教徒と戦わずに交渉によって聖地イェルサレムを取り戻そうとした。彼がそのような行動を取った理由・背景を、他のヨーロッパ君主たちとの違いに注目して、400字以内で記述しなさい。

コ メ ン トその2 :
 問1.次のワードを使って、ローマ帝国の特徴について述べよ(400字以内)
 パンとサーカス 最大版図 パンテオン 哲人皇帝
 (あともう1つあったような…)

 問2.シチリア・ノルマン王国の特徴を述べよ(400字以内)

 今までと同じです。
 問2の方は後半の先生からの出題で、さらに学習課題から出されています。
 なんとなくまとめておくと楽です。
 私は学習課題でヒントとなる箇所に問題番号&下線を記入をしていきました。
 因に後半の方が面白く(個人的に)教科書を熟読してたので
 問2から書き始めました。

 問1は…
 ワードしばりがあるので、そこのつながりを考えるだけでただただ時間がすぎていきました。
 どうまとめればいいかわからずただ単語の前後を写してしまうような状況になり単位あやうし、です。
 後から考えると、ローマ帝国が豊かで繁栄していた時期であった事を書けばよかったような、と思いました。
 各々のワードから連想される1つの事(今回の「豊かであった」など)から 書き始めるといいのかも知れません。なにもワードを順番通り入れる必要はなかった…とも思ってます。
 正直もう挑戦したくないので合格してることを祈ります。
 何度やってもこの質問にはうまく答えられそうにありません(苦笑)

 がそろそろ教科書が変わる頃かもしれませんね(現在’09)


平成25年1月

択一式か記述式か: 記述式

設 問 数 : 2

出 題 元 : どちらともいえない

持ち込み可能か: テキスト持込可


コ メ ン ト :

問い1
共和政のローマ社会にどのようにして元首政が生まれたのか。
元老院、カエサル、権威、アウグストゥス、プロコンスルを使って述べよ。


問い2
ヨーロッパの歴史家は古代から中世への転換点をどこに置いているのか。
理由とともに述べよ。

問い1、問い2ともに400字以内で。
最初の10分で考えて、残り40分はずっと書き続けて答案を仕上げました!


 平成24年1月

択一式か記述式か :記述式

設問数 :2

出題元 :テキスト中心

持ち込み可能か :テキスト持込可



コメント :
問1 多神教世界のなかで一神教が広がる歴史現象の意味(400字以内)
指定用語 コイネー、救済の約束、3世紀の危機、禁欲、アウグスティヌス

問2 地中海世界の「一体性」について論じよ(400字以内)



問1は先達の情報から過去問で既出の問題か??
指定用語がテキストの各章から広く引用されており難易度が高い。
次回も過去問で既出の問題が出るとは限らないが、傾向からいって事前に過去問の論述を上梓?して試験望む方が良い。

問2は問1ほど横断的な内容は問われないが過去問はあてにできない。
担当講師の個性の違いがよくわかる試験でした。


平成23年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
問1ヘレニズム期以降のシンクレティズム(宗教混合・習合)のなかで、キリスト教が生まれ、4世紀のローマ帝国で公認されている。多神教世界のなかで一神教が広がるという歴史現象は、人類史を考慮するとき、いかなる重大な意味を持っていたのだろうか。
5つの言葉を使って、400字以内で記述。
コイネー、救済の約束、3世紀の危機、禁欲、アウグスティス

問2、9〜10世紀のイスラム海上交易圏について、400字以内で説明。

問1は去年の問題そのままのようでした。なんとなく見てたので紙は埋まりましたが、すごい意味不明になりました。1回ノートに書いといたらいいかもしれませんね。



平成22年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :その1

(1問目)3世紀の危機の克服、ローマの国家と社会について述べる。
「軍人皇帝」「キリスト教」「ディオクレティアヌス」「コンスタンティヌス」「専制君主」の5つの言葉を使って400文字以内で。

(2問目)ノルマン・シチリア王国の特徴について述べる。400文字以内で。

とりあえず教科書を見れば答えは書いてありましたが、合わせて800文字書かなければいけないのであまり考えている時間がありませんでした。


出題元 :    どちらともいえない



コメント :その2
3世紀の危機について。ノルマンシチリア王国の特徴。
放送授業で、先生が熱っぽく語っておられたところでした


平成21年7月
択一式か記述式か : 記述式

設問数 : 2

出題元 : どちらともいえない

持ち込み可能か : テキスト持込可




コメント :
1.ヘレニズム期以降のシンクレティズム(宗教混合・習合)の中で、キリスト教が公認されている。多神教世界の中で一神教が広がるという歴史現象の意味は?。以下の5つの言葉を使いつつ400字以内で記述せよ。
 コイネー ・ 救済の約束 ・ 3世紀の危機 ・ 禁欲 ・ アウグスティヌス


2.フリードリヒ二世は、十字軍遠征において、イスラーム教徒達と戦わずに聖地イェルサレムを取り戻そうとした。理由・背景を400字以内で記述しなさい。



1問目はテキストの前半、2問目は後半からの出題ですが、一応講義はすべて視聴したのですが、1問目はさっぱり意味がわかりませんでした。
悩みすぎて時間を取りすぎてしまい、2問目の半分で時間切れ。
泣きそうでしたが、なんとかBを頂きました、

前半と後半で先生が違うのですが、後半の先生と比べると、前半の先生はテキストも読み辛く講義もよくわからず、試験の問題もわからなかったような…