専門科目


進化する宇宙('11)


トップページに戻る


 平成24年1月

択一式か記述式か :択一式

設問数 :10

出題元 :テキスト中心

持ち込み可能か :テキスト持込可


コメント :
問題数は10問、5択でした。
印刷教材、ノート持込可でした。
問1 宇宙の進化とその探求の歴史について誤っているものを選べ
問2 宇宙の観測について誤っているものを選べ
問3 星の進化の最終段階について誤っているものを選べ
問4 連星系の進化について誤っているものを選べ
問5 銀河について誤っているものを選べ
問6 銀河と銀河の集団について誤っているものを選べ
問7 活動する銀河について誤っているものを選べ
問8 ビックバンとその理論の発展について誤っているものを選べ
問9 宇宙論パラメーターについて誤っているものを選べ
問10 宇宙の進化について誤っているものを選べ


平成21年7月
択一式か記述式か : 択一式

設問数 : 10

出題元 : どちらともいえない

持ち込み可能か : テキスト持込可






コメント :その1
テキストを読んで書いてあるところを覚えたつもりでした。が、間違っているものを選ぶ問題であるため、小まめに調べていたら時間が足りなくなりました・・・・正解を探すほうが簡単なのに・・・
テキストしっかり読みましょう




コメント :その2
出題元 : テキスト中心

問題10問、回答は5択です。

1宇宙の初期の全体的な流れについて
2物理法則について
3恒星の進化の最終段階について
4連星系の進化について
5銀河系と銀河について
6銀河群や銀河団について
7活動する銀河について
8宇宙マイクロ波背景放射について
9宇宙論パラメータと宇宙の膨張について
10宇宙の進化について


平成20年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :
持ち込みなので授業でだいたいの場所を覚えておけば大丈夫です。
ただ、引っかけ問題もありますから間違いには注意してください。
宇宙関連3教科は講師によって表現が異なる場合もありますが、ほとんど同じ事を言っています。一緒に3つ取るとよりわかりやすく学ぶことが出来るのでおすすめですよ。






平成19年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
10問すべて、「誤っていると考えられるものを選べ」

定性的な話しか出ないのし、テキスト持ち込み可でテキストに書いてあることしか出ないので、試験会場で初めて見ても解けるでしょう。

が、それをやると多分時間が足りないです。

試験直前にはもう一度、どこになにがかいてあったか思い出すために1回とおして読んどくほうがよさそう。


平成19年1月
択一式か記述式か :    択一式
設問数 :   
出題元 :    テキスト中心
持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
10問5択
1.宇宙の進化 1章
2.物質学の基礎法則 2章
3.主系列星 3章
4.主系列星以降
5.連星系の進化 6章
6.銀河系と銀河 7章
7.銀河群の銀河団 9章
8.宇宙マイクロ波背景放射 12章
9.赤方偏移の計算(1のとき観察者からの放射波長の伸び)
10.宇宙論パラメター



平成18年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :
まず最初に、この科目は「宇宙とその歴史」を履修してから選択することをお勧めします。「宇宙とその歴史」で天文学の基礎を勉強しておけばスムーズに学習を進めることができます。

さて内容ですが、「宇宙とその歴史」とあまり変わりません。半分は被っています。そのため新鮮さや驚きに乏しいように感じました。

私は杉本教授が好きで、「宇宙とその歴史」の授業を毎回楽しんで観ていました。しかし残念ながら、この科目では2回しか授業を行いません。あとは他の教授が担当します。彼らは決して質が悪いわけではないのですが、やはり杉本教授と比べると面白さに欠けるので私はほとんど観ませんでした。

試験はテキスト持ち込み可の択一式です。答えはテキストにそのまま書いてあるので楽勝です。私はろくに勉強をしませんでしたが○Aが取れました。