専門科目


食安全性学('14)


トップページに戻る


 平成 27年 1月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可


コ メ ン ト :
 テキストからの出題であるが、表現する言葉が変えられていることがあり、
 テキストの内容を理解出来ていないと解らないものがあった。
 全く時間が足りなかった。




ここから下は食品の安全性を考える('08)
 平成26年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可



コ メ ン ト :
 印刷教材(テキスト・通信指導問題・過去問など)・ノート持ち込み可能科目です。
 問題内容は時期がきたら、キャンパスネットワークで、過去問閲覧・コピーできると思いますので、割愛させて頂きます。
 過去問から、ほとんどそのまま出題されており、文章の一部を変えたりしている問題もありましたが、テキストで確認しながら解答したので、問題ありませんでした。
 皆さん、30分でほぼ退室されていました。
 今期で終了科目なので、履修しておいて良かったです。


 平成25年7月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可



コ メ ン ト :

過去問と同じ文章ばかりでした。
 10問の出題順まで同じで、楽勝でした。
 通読して、過去問をノートに答えを書いて貼っておけば、間違いなく満点ですね。
 試験は、せっかく同じ傾向なので、当日調べるよりは、解答をただマークしてくるだけの方が負担は少ないでしょう。


平成25年1月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可


コ メ ン トその1 :
通信指導の問題と同じか似たような問題であっという間に解けました。放送を一回も利用しませんでしたが大丈夫でした。

コ メ ン トその2 :
中間レポート、自習型問題とほぼ同じ又はアレンジの問題が多かったです。

コメントその3:
過去問・通信・自主問題をしっかり勉強したら解けました。優しいかった。 30分で出てきました。


 平成24年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み可


コメント:

試験問題は放送大学のホームページで閲覧できるので省略します。
通信課題・自習問題とほとんど同じ問題でした。難しくはなかったです。


 平成24年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み可



コメント:その1
問題1(提出課題アレンジ)食品の安全性について
問題2(提出課題同問題)食品添加物について
問題3(提出課題アレンジ)食品安全の国際基準について
問題4(提出課題同問題)遺伝子組換え作物について
問題5 BSE問題と対策について
問題6 我国の新しい食品安全政策について
問題7 食品表示について
問題8(自習型同問題)トレーサビリティ・システムについて
問題9 リスクコミュニケーションについて
問題10(自習型問題アレンジ)スローフード運動や現代農業の問題について


コメント :その2

10問全て誤っているのを選ぶでした。問題はテキストを十分に理解することと前に出た問題を参考にすれば尚、良いと思います。
また、テキストや資料を持ち込みが許されていますので難しくはないと思います。

問1 食品の安全性について
 @世の中には・・・
 A近年の食品事故に・・・
 B食品の安全性について・・
 C食品の加工・保存・流通の・・・
 D食品の安全性を・・・
問2 食品添加物について
 @国が使用を認めている・・・
 A食品添加物には・・・・
 B食品添加物を使用する・・・
 C既存添加物とは・・・
 D食品添加物として・・・
問3 食品安全の国際基準について
 @世界経済がますます・・・
 A残留農薬や食品添加物など・・・
 Bコーデックス委員会の重要な・・・・
 C   〃  専門家委員会の役割には・・・
 D有機農業やオーガニック食品など・・・
問4 遺伝子組換え(GM)作物について
 @遺伝子組換え(GM)技術を・・・
 AGM作物の生産は・・・・
 BGM技術の導入は・・・・
 Cわが国では1996年に・・・
 DGM作物による人体や・・・・
問5 BSE(牛海綿状脳症)問題と対策について
 @消費者の健康保護を忘れて・・・
 Aイギリスはじめ・・・・
 B欧米各国と同様に・・・・
 CBSE対策の基本は・・・
 DBSEがイギリスから・・・
問6 わが国の新しい食品安全政策について
 @食品安全基本法では・・・・
 A新しい食品安全政策においては・・・・
 B食品安全基本法においおては・・・・・
 C新しい食品安全政策においては・・・・
 D2003年に創設された食品安全委員会は・・・
問7 食品表示について
 @食品の種類や形態が・・・・
 A食品の表示は・・・・
 BJAS法では全ての食品について・・・
 C次々と偽装表示問題が・・・・
 D近年、食物アレルギー患者の数が・・・
問8 トレーサビリティ・システムについて
 @トレーサビリティとは食品の・・・
 A   〃    の主な目的は・・・・
 B   〃    を確立するためには・・・
 Cトレーサビリティ・システムの特徴は・・・
 D   〃    における一つの課題として・・・
問9 リスクコミュニケーションについて
 @リスクコミュニケーションとは原子力・・・
 A     〃      では食品事故・・・
 B消費者や市民はリスク管理を・・・・
 Cリスクコミュニケーションを積極的に・・・・
 Dリスクの大きさは・・・・・
問10 スローフード運動や現代農業の問題について
 @私達の食卓には・・・・
 Aスローフード運動では・・・・
 B作物に対するさまざまな品種改良・・・
 C科学農法に偏した現代農業を・・・・
 D機能性食品や健康食品など・・・・・ 




平成23年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み可


コメント :その1

持ち込み許可物品:印刷教材、ノート

問1 食品の安全性
問2 食品添加物
問3 食品安全の国際基準
問4 遺伝子組み換え食品
問5 BSE問題と対策
問6 我が国の新しい食品安全対策
問7 食品表示
問8 トレーサビリティ・システム
問9 リスクコミュニケーション
問10 スローフード運動、現代農業の問題

全て、誤っているものを選択する形式でした。
選択肢の中には、通信課題と同じ物も混ざっていましたが、問題自体が全く同じというものはありませんでした。
通信課題をきちんと解いておけば、単位は取れると思います。

頑張ってください。
私もこのサイトにはいつもお世話になっています。ありがとうございます。


出題元 :    どちらともいえない


コメント :その2
全て5択
下記の内容について述べた文のうち、誤っているものを選択肢から選ぶ

食品の安全性について
食品添加物について
食品安全の国際基準について
遺伝子組換え作物(あるいは食品)について
BSE(牛海綿状脳症)問題と対策について
わが国の新しい食品安全政策について
食品表示について
トレーサビリティ・システムについて
リスクコミュニケーションについて
スローフード運動や現代農業の問題について

通信課題からそのままの出題や、言い方を少し変えただけのものが多かったです。
教科書持込可なので索引から検索すれば余裕で答えられました。





平成22年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :その1

誤回答を5択から選択×10問。

持ち込み可なので、若干の興味と常識があれば余裕だと思います。
先生には申し訳ないですが放送授業は聴いていません(ラジオ授業はテキストを元にせざる得ない気がします)


Q1.食品の安全性。安全とは?最近の傾向(変わっていないこともある)
Q2.食品添加物
Q3.食品安全の国際基準。コーデックス委員会
Q4.遺伝子組み換え作物
Q5.BSE流行の原因と対策
Q6.日本の2000年以降の食品安全基準
Q7.食品の表示義務
Q8.トレーサビリティの目的と効果
Q9.リスクコミュニケーションとは何か?
Q10.スローフードと現代農業について



出題元 :    テキスト中心



コメント :その2

問1.食品の安全性

問2.食品添加物

問3.食品安全の国際基準

問4.遺伝子組み換え(GM)作物(食品)

問5.BSE問題と対策

問6.わが国の新らしい食品安全政策

問7.食品表示

問8.トレーサビリティー・システム

問9.リスクコミュニケーション

問10.スローフード運動と現代農業



平成22年1月
択一式か記述式か : 択一式

設問数 : 10

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : テキスト持込可




コメント:
すごく簡単で10分で終了しました。

平成21年度第2学期認定試験(持ち帰り禁止)
  
  問1→通信指導問題1に類似
  問2→通信指導問題4に類似
  問3→通信指導問題6に類似
  問4→通信指導問題7と類似
  問5→通信指導問題9に類似
  問6→通信指導問題10に類似
  問7→自習型問題1に類似   
  問8→自習型問題2に類似   
  問9→自習型問題3に類似
  問10→自習型問題5に類似

コメント :その2

全問とも中間課題および自習型問題と同じ設問でした。(誤っている物を選ぶ)
中の文の正誤が変えてあるものが多くあったので、正しい表記にして覚えておけばOKだと思います。
いずれにしても印刷教材、ノート持ち込み可なのでほとんどの人が30分で退室してました。



平成21年7月
択一式か記述式か : 5問択一式

設問数 : 10

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : テキスト持込可





コメント :その1
1.レポート1の問題語尾が違う
2.レポート4の問題順番が違う
3.レポート6の問題語尾と順番が違う
4.レポート7の問題
5.レポート9の問題
6.レポート10の問題順番が違う
7.自習型問題の1語尾と順番が違う
8.自習型問題の2語尾が違う
9.自習型問題の3語尾が違う
10.自習型問題の5


5問択一式、言葉や順番をちょっと変えているが、レポートと自習型問題(念のために教科書)を持っていけば楽勝だと思います。 



コメント :その2
通信指導問題と自習型問題の内容から出題されていました。
一部の選択肢の表現が変わっていたり、順番の並び替えがされていましたが、新たな選択肢の文章が入ることもなく出題されていました。

ここの情報をもとに出題傾向の部分しか勉強していかなかったのでとても助かりました。こんな内容ででもこのサイトにお礼ができたら…と思います。



平成21年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
通信課題から半分くらい出てます。

それ以外で
・JAS法
 アレルギー食品の表示義務について
 品質
・スローフード
 栄養補助食品さえ取ればOK?
 昔と今の栄養価の変化
・トレーサビリティ
 第三者の認証機関
 過ちをすぐ発見できるシステムか?
 コストの問題
・リスクの定義

あまり覚えていなくて申し訳ないです。
テキストをざっと読んで、過去問に出てるキーワードをチェックしておけば余裕だと思います。




平成20年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :   


コメント:その1

   今日試験を受けてきました。

一つ気になったのですが、問題は忘れてしまいましたが、二問ほど答えが二つある設問があるように感じました。

この教科を受けられた方で気づいたかたはいませんか。 

コメント:その2

今日の試験は、通信課題の内容がそのまま5問、通信課題の選択肢の内容をほんの少し変えていた問題が1問で、あとは教科書の後半から4問出題されていました(と思います)。

前半6問は通信課題を確認し、後半4問はひとつずつ教科書を見ながら確認しましたが、

正解が2問以上あった問題はなかったように思います。

出題ミスの可能性も否定できませんが。

この科目は教科書が読みやすく、話題のネタもたくさんあって楽しく勉強できましたが、自信のあった通信課題で意外と間違えていました。

後で検討して結構まぎらわしい選択肢が混ぜてあることにびっくりしたものです。

教科書をよく読まないと正解だと思ってしまう選択肢がわりとあったようには思います。



平成20年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :
平成20年 1月

問題数  10問
 
6問は通信問題から出題されている。
食品の安全性
食品添加物
コーデックス委員会
遺伝子組み換え食品
BSE

食品表示 JAS法の品質  P147
トレーサビリティ 第三者認証機関  P166
リスクコミュニケーション リスクとハザードの定義  P181
スローフード運動 栄養補助食品  P208

このサイトの情報のおかげでたぶん満点です。とてもうれしい限りです。ありがとうございました。
お世話になったので、私も情報を送ります。




平成19年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可




コメント :
最初の6問は、レポートとほぼ同じ問題でした。

食品の安全性
食品添加物
コーデックス委員会
遺伝子組換え食品
BSE
食品安全対策
食品表示 (p.147, JAS法の「品質」)
トレーサビリティ (p.166, 第三者認証機関が不可欠)
リスクコミュニケーション (p.181, リスクとハザードの定義)
スローフード運動と現代農業の問題 (p.208, 栄養補助食品)

コメント:その2

重要キーワードに付箋をつけておけば楽勝。おすすめ!



平成19年1月
択一式か記述式か :    択一式
設問数 :    10
出題元 :    テキスト中心
持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :
1.食品の安全性について
2.食品添加物について
3.コーデックス委員会について
4.遺伝子組み換え作物
5.BSE問題と対策について
6,食品安全政策について
7.食品表示について
8.トレーサビリティーについて
9.リスクコミュニケーションについて
10.スローフードについて
興味のある内容だったので受講してよかったと思う講義でした。
テキストも他の科目に比べると読みやすいと感じました。


コメント その2:
通信課題そのままではなく、一部順番や表現かえた問題ありました。
レポートの解説が答えになっているところもありましたので、テキストだけでなく、中間レポート、答えを忘れずにもっていきましょう。
講義は食品の安全性について、消費者が知っておいたほうがいい、内容ばかりです。
単位とりやすい科目ということから取り掛かってもいいから、是非、沢山の人に履修して欲しい科目だと思います。


平成18年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可

コメント :
ほとんどがテキストの文そのまま出ました。
通信添削問題からも8割くらい同じ問題でした。
テキスト持込可ですが、通信添削問題さえやっておけば、解けると思います。



平成18年1月
Aさんからのお便り
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
食品の安全性について

食品添加物について

コーデックス委員会について

GM(遺伝子組み替え)食品について

BSEについて

食品安全対策について
(以上の問題は通信課題と似たような問題でしたので、課題を復習しておいた方が良いと思います。)

食品表示について

トレーサビリティについて
リスクコミュニケーションについて

スローフードと農業との関係について


テキスト持込可なので簡単でしたが、重要語句や各章ごとに付箋をつけておいた方が良いです。
また、授業内容も日本をはじめとした世界の食糧問題を警鐘する内容でもあり、とても為になる授業です。
Bさんからのお便り
コメント :
平成17年2学期

10問中6問が、文面に若干の違いがあるものの通信問題からでした、講義は我々の日常の食の、貴重な問題がわかり易く取り上げられており、テストはひっかけ、ひねり、枝葉末節な問題もなく素直問題です、教科書持込可でもほとんど開く必要が有りません。

通信問題以外では

1. 表示に関するもの

2. トレーサビリティ

3. スローフードと農業問題

4. リスクコミュニケーション

ともかく「ホッ」とするテストでした、おすすめです。


平成17年1月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10?

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :
半分は通信問題から。通信問題の内容を把握していれば解けます。

1章:食品の安全性(通信問題とほぼ同じ)

2章:食品添加物について(通信問題と同じ)

食品安全委員会

コーデックス委員会

GM食品

イギリスなどヨーロッパ諸国とBSEの関係

トレーサビリティ・システム

食品安全基本法とリスクコミュニケーション

スローフード