共通科目一般科目(自然系)


初歩からの数学('08)


トップページに戻る


平成22年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :その1

問1 A=(cosθ sinθ
      -sinθ cosθ)について

問2 実数x,yを変数にもつ関数z=(x,y)について

問3 正しいものをすべて選べ 孤度法の問題

問4 同じ 有限の計算の問題

問5 同じ 微分係数・接線の方程式の問題

問6 同じ 三角関数の微分の問題

問7 同じ 極限の計算の問題

問8 同じ 三角関数の積分の問題

問9 同じ 積分を使っての面積の問題

問10 同じ 微分方程式の問題

アドバイス

今回の試験は前回の過去問(H212学期)と同じような問題がけっこうありました。過去問をしっかりやってよかったです。
初歩からの数学は授業自体は数学再入門より難しいと思います。各章の放送授業を十分に見た後に演習問題Aは必ず解いた方がいいですね。BやCは気になるなら解くべきですね。何回も解けば解く力がつきますよ。
  


出題元 :    講義中心



コメント :その2

問1.行列による一次変換(回転移動)

問2.2変数関数の最大値と最小値

問3.三角関数の値

問4.極限値をもつ条件と、極限値の値

問5.微分係数と接線、接線の方程式

問6.微分と最大値、最小値、置換、関数の導関数

問7.極限の値

問8.不定積分

問9.放物線とx軸、放物線と放物線、放物線と直線、y=sin(x)の0からπまでの部分とx軸とで囲まれる部分の面積

問10.微分方程式を満たす関数

一見難しそうな出題ですが、ちゃんと勉強しておけば○Aをとるのもそれほど難しくはありません!問題が難しそうに見えるので、落ち着いて解答しましょう!





平成21年7月
択一式か記述式か :    5問択一式

設問数 :    10

出題元 :   

持ち込み可能か :   




コメント:
1:

A=|  cosθ  sinθ | について正しいものは?
   | −sinθ  cosθ |

2:実数x、yを変数にもつ関数 z=f(x、y) について正しいものは?

3:次の計算式のうち正しいものはどれ?

   cosπ/3=60゜など

4:正しいものはどれ?

   lim関数に関するもの

5:次の説明文のうち正しいものはどれ?

6.次の説明文のうち正しいものすべて?

  y=cosx−cos2x みたいなもの

7:正しいものはどれ?

  lim x/e =0 など

8:正しいものはどれ?

のついた計算式

9:面積が正しいものはどれ?

 ある放物線とx軸で囲まれる面積など

10:次の解説のうち正しいものはどれ?

y=sin2x−cossx は、微分方程式・・・・を満たす、みたいなもの。


平成21年1月
択一式か記述式か :   

設問数 :    40

出題元 :   

持ち込み可能か :   


コメント:

登録の方がエラーでしたのでこちらですみません。
はっきり言って参りました。私にとってはずいぶんと難しい問題が多かったですね。

レメディエーション気分で受講し、今しきりに後悔しております。かなり勉強したつもりでしたが、(時間はかかるものの章末のAとBの一部くらいはほとんど解けたのですが)問題の中身はだいたい分かるのですが、50分では解きこなせませんでした。

全部で小問が40問です。最後の方は微分方程式がズラリ。

数学再入門も受講しましたが、こちらは以前○Aを頂けるほど簡単でした。よしやってみようと気分はもりあがり初歩からの数学を受講しましたがこちらは、まともにいって30点程度でしょう。

それほど落差があります。小問別に採点であれば、もう少し行くかも知れませんが、大問にでマークシートに正誤を記すのでセットで採点されれば10点20点の可能性もあります。

数学再入門とは、全くレベルが違うのでご注意を!
それとも学期によって差が激しいのかも?
現役に近い世代の方や数学得意な人はきっと楽しいのでしょうが。苦手克服のために軽い気持ちで挑む人はこころしてください。

わたしももう一度頑張ります。たぶん再試験でしょうからね。

投稿者様ご希望の追記:戻ってきた成績について

「しかし、なぜだかはわかりませんが、戻ってきた成績はA判定でした!」


平成20年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :

今期開設科目ということで情報のない中での試験でした。
中間添削が自分にとって難しく新規の問題なら半分くらいしか解けないであろう状態での感想ですが、試験は中間添削問題よりは易しい問題が多く、数学的に判っていない問題でも実数を想定して代入することにより解ける問題が多かった印象です。中間添削問題とまったく同じものはありません。
数字を変えただけとかもないです。よく似た内容は3−4題ありました。

後は覚えている範囲で書きます。
・行列の回転に対する問題。本文中に示された行列に対して、選択肢の行列は対象移動か?とか、回転移動か?など
・sin,cosを微分したら?
・数式がどの数字に収束するか?
・3次関数の任意の点に対する接線について。
・二次関数とx軸が作る面積、それが、x軸に対し360°回転した時の体 積。(値は出せないが、回答はできる。)

その他は覚えてないです。すいません。