共通科目 一般科目


心理臨床の基礎('14)


トップページに戻る

平成27年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン ト :  問題はテキスト中心で章ごとに出題されています。
 ボーナス的な問題からテキスト再チェックしても回答が解からない (回答公開で確認する)落差が大きい。テキスト熟読で単位取得は 出来ると思います。
 問題明細はHPで確認してもらう事として
 ※不適切な組み合わせを選ぶ(名前と関連する業務)
 ※5章の内容から不適切なものを一つ選ぶ。
 ※6章の内容から不適切なものを一つ選ぶ。
 ※信頼性と妥当性について適切なものを一つ選ぶ。
 ※検査の由来が考案者でない検査法はどれか。
 ※11章の内容から不適切なものを一つ選ぶ。
 ※12章の内容から不適切なものを一つ選ぶ。
 ※遊戯療法を行うセラピストに求められる基本的態度について不適切な  ものを一つ選ぶ。
 ※コミュニテイ援助の方法について不適切なものを一つ選ぶ。
 ※予防活動としての子育支援について不適切なものを一つ選ぶ。

 テキストはそんなに厚くはありませんが、しっかり熟読する必要が あると思います。放送(ラジオ)は聞いても、聞かなくても影響はない と思いました。


 平成 26年 7月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : どちらともいえない

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン ト :
 1.臨床心理学の歴史について
 2.学習・認知理論について
 3.精神分析について
 4.投影法でない心理検査を選ぶ
 5.力動的心理療法について
 6.夢分析ついて
 7.クライエント中心療法について
 8.遊戯療法について
 9.コミュニティ援助について
 10.子育てをめぐる状況・子育て支援について



ここから下は、心理臨床の基礎('08)

平成25年1月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン ト : 

臨床心理の意味
発達課題中心に関連する用語。人物
条件付けについて
フロイト・ユングについて
アセスメント面接について
カウンセリングの転移などの問題について
認知療法・行動療法・知能検査について


課題含めて今まで出た部分を中心に読み込んでおくとよいと思います。
都合で、放送授業はまったく見ずに受験しました。
教科書・提出・中間課題・過去問で対策して、成績はAでした。
また、フロイト・ユングの違いや、それぞれの考え方は、心理学関係の色々な教科に出ますのでまとめておくとよいと思います。


 平成24年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可




コメントその1:

放送授業は全く聴きませんでした


テキスト全体から出ていました。過去問も数回分チェックはしていたのですが、それでもチェックしていなかったところから結構出ていました。私のノーマークだったところをお伝えします。
問3接近の法則、オペラント条件付けは結果を重視、
問4精神-発達理論
問6治療同盟
問8系統的脱感作法、情動的アプローチに古典的条件付けと感情ネットワーク理論があるか


こちらのサイトで教えていただいたように〇〇理論・〇〇療法は誰かとしっかり覚えていて助かりました。

コ メ ン トその2 : 非常に意地悪な問題

事前問題からは、ほとんど出ていません

テキストをまんべんなく詳しく読んでいないと取れないでしょう
・コミニュティ援助に関して
・ユングに関して
・遊戯療法に関して
・発達心理学理論から
アタッチメント 自我同一性 ボウルビー フロイトの精神~性的発達論
・集団心理療法
・認知行動療法
正の強化法 シェイピング法 など…

テキストを真面目に勉強するのが近道だと思います


平成24年1月 
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント:その1

平成24年1月24日実施の
「心理臨床の基礎(’08)」の問題文を送信いたします。
テキスト中心、全部で10問、択一式、持ち込み不可です。
問1.不適切なものを1つ選べ
@心理療法を確立したのは、無意識を仮定した神経症に関する理論を提唱したS.フロイトである。
A臨床心理士の専門業務は、臨床心理査定、臨床心理面接、臨床心理的地域援助の3種の領域にわたっている。
Bカウンセリング心理学の起源は、アメリカで20世紀のはじめに起こった職業指導運動にあるといわれている。
C集団式知能検査は、第一次世界大戦自アメリカ政府によって、兵士の適正配置を目的に開発された。
問2.不適切なものを1つ選べ
@モラトリアムは、成人儀式を失った現代社会の中で、青年が個人の力でなす通過儀礼の意味を担いうるものであるといえよう。
AE.Hエリクソンは、自我同一性について漸成的発達段階説を提唱した。
BE.Hエリクソンは、自我同一性の達成状態を4種の自我同一性地位に分類した。
CA.ポルトマンは、人間の新生児が示す特異な2次的就巣性の原因を、人間の大脳化とこれに基く胎児の大型化に求めた。
問3.不適切なものを一つ選べ
@人間の心の中に無意識の領域を想定し、人格を理解しようとする点で、フロイトとユングの考えは共通している。
A自我がエス・超自我・現実外界の三者を調節し、不快や不安の発生を防ぎ、心の安定を図るためにとる種種の無意識的な働きを防衛機制という。
Bフロイトが統合失調者の治療を主にしていたのに対し、ユングは神経症者に接することが多かったといわれている。
Cフロイトとユングは、無意識に対する考えの違いによって、異なる理論へと進むことになった。
問4.正しいものを一つ選べ
@アセスメント面接では、必ず対象者本人と会わなくてはならない。
Aアセスメント面接では、本人と家族らの情報が一致するまで行う。
Bアセスメント面接では、本人が来談するばかりでなく、本人は来室することなく、家族などが最初に訪れる場合もある。
Cアセスメント面接では、いかなる場合であっても、1回で行わなくてはならない。
問5.不適切なものを一つ選べ
@心理テストは、クライエントを理解する手段のひとつである。
A心理テストは、クライエントのパーソナリティ把握のための一過程である。
B心理テストでは、クライエントの健康面にも着目していくべきである。
C心理テストは、クライエントの異常性発見のためだけに行われる。
問6.不適切なものを一つ選べ
@CATはTATの子ども版である。
ASCTはマークシート方式の性格検査である。
BHTPは描画法の一つである。
CLMTは描画法の一つである。
問7.不適切なものを一つ選べ
@ユング派の夢分析では、夢を解釈する際、客体水準と主体水準の2つの水準で理解しようとする。
Aアニマは男性の中にある女性性、アニムスは女性の中にある男性性であり、両者ともに「魂のイメージ」とされる。
B影とは「その人の生きられていない側面」「その人の未熟な側面」であり、ネガティブな影のイメージは、夢の中では同性の嫌いな人として現れる。
C箱庭療法は、ユングによって創始された心理療法である。
問8.適切なものを一つ選べ
@認知行動療法は当初、統合失調症と高齢者臨床を中心的な対象としていた。
A認知行動療法は、精神分析療法と行動療法を体系的に組み合わせたものである。
B認知行動療法における認知的アプローチの基本的枠組みはABC理論と呼ばれている。
これは、理性感情行動療法の創始者であるエリスが最初に提唱したものである。
C認知行動療法は、1920年代ごろから実証研究が報告されていた、かなり歴史のある心理療法の体系である。
問9.不適切なものを一つ選べ
@難問発生状況は、ライフサイクルを通じ、あるいは偶発的に、脅威、喪失、挑戦のいずれかの形で現れる。
A難問発生状況には、必ず苦痛となるストレス負荷が掛かる。
B難問発生状況は、病気の状態ではなく、成長を促進させる可能性を有している。
C難問発生状況は、通常平衡を保っていた心の状態をゆさぶられる危機状態である。
問10.不適切なものを一つ選べ
@心理臨床の専門家は、臨床の実践から得られた知見を社会に伝える義務があるので、稀有で特異な事例は公表しなければならない。
A臨床心理学研究は、研究者が対象者に積極的に働きかけ、その介入の有効性を研究するので、実践型研究の代表といえる。
B特定の精神疾患の発生や心理的過程を明らかにするためには、非臨床群を対象にしたアナログ研究が役に立つ。
C臨床心理学は事例研究が主流であるが、質問紙調査や心理統計に精通することで、他領域との共同研究が可能になり、臨床心理学の専門性を高めることが出来る。
以上です。
授業は聞いていましたが、教科書を読み上げているだけのものでしたので、テキストで充分だと思います。
問題は、テキストをすみずみまで読み理解し覚えていなければひっかかるものが多いという印象でした。
出題の仕方が「いやらしい」といった感じでしょうか・・・。
 

コメント :その2

問1〜問3 不適切なものを選択

問1
@心理療法を確立したのは、無意識を仮定した神経症に関する理論を提唱したS.フロイトである。
A臨床心理士の専門業務は、臨床心理査定、臨床心理面接、臨床心理的地域援助の3種の領域にわたっている。
Bカウンセリング心理学の起源は、アメリカで二十世紀のはじめに起こった職業指導運動にあるといわれている。
C集団式知能検査は、第一次世界対戦時アメリカ政府によって、兵士の適正配置を目的に開発された。

問2
@モラトリアムについて
A,Bエリクソンについて
Cポルトマンについて

問3
@~Cフロイトとユングについて

問4.正しいものを選択する
@~Cアセスメント面接について

問5〜問7 不適切なものを選択

問5
@〜C心理テストについて

問6
@~C性格検査、描画法について

問7
@~Cユング派、夢分析などについて

問8.適切なものを選択
@~C認知行動療法について

問9〜10.不適切なものを選択

問9
@~C難問発生状況について

問10
@~C心理臨床、臨床心理学研究、アナログ研究、臨床心理学について


コメント :その3

問1 心理療法について(誤りを選択)
問2 エリクソンについて(誤りを選択)
問3 フロイトとユングについて(誤りを選択)
問4 アセスメント面接について(正しいものを選択)
問5 心理テストについて(誤りを選択)
問6 心理テストの種類について(誤りを選択)
問7 ユングについて(誤りを選択)
問8 認知行動療法について(誤りを選択)
問9 難問発生状況について(誤りを選択)
問10 心理学実験について(誤りを選択)

テキストのみで、過去問等のキーワードを中心に勉強しました。
重点ポイントをおさえれば大丈夫だと思います。




平成23年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント:その1
● 学者とその学説の名称
● 防御規制
● アセスメント
● 知能検査の名称
● ユングについて
● エンカウンタ・グループ
● バウアーのムード一致
● アクスラインの8原理
● コミュニティ支援
● 子育て支援
 
テキストによる学習でも、大丈夫です。
がんばって下さい☆


コメント :その2
間違っているもの、不適切なものを選択する問題です。

1.エリクソンと自我同一性
 ロジャーズとクライエント中心療法
 ビネーと知能検査
 ターマンと古典的条件付け

2.抑圧とは・・・
 転移とは・・・
 反動形成とは・・・
 投影とは・・・

3.アセスメントについて
 P.64 わかるということ という文章の中から。

4.知能検査でないもの
 WIPPSI、WISC、WAIS、TEG

5.ユングについて
 個性化
 egoとself
 無意識
 夢

6.エンカウンターグループについて
 対象とする人々
 「いま、ここ」
 ファシリテーター
 「感情」「情動」

7.認知理論について
 ムード一致効果
 感情ネットワークモデル
 シェイピング法
 モデリング法

8.遊戯療法について
 アクスラインの8つの基本原理の中から。

9.コミュニティ援助について
 ケア
 未来性
 成長促進

10.子育て支援について

テキストの中から万遍なく出ていたという印象です。

過去の傾向から見ても、心理テスト、知能検査、投映法の名前は細かいですが、開発者も含めて、またどんなテストであるかもきちんと押さえておくといいかもしれません。

アセスメントについては、章末の「まとめにかえて」という項目からの出題で、意表を突かれました。

テキストをきちんと読んでいれば解ける問題ばかりでしたが、結構細かいところからも出題されていて、ほんとにきちんと頭に入っていないと難しい問題もありました。



平成23年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :
H23年1月

問1 臨床心理学とは
問2 ストレンジシチュエーション、愛着、自我同一性、モラトリアム
問3 パブロフ型条件付け、オペラント条件付け、学習の強化子、接近の法則
問4 自我の防衛機制、無意識、人の心理機能(感覚ー直感、思考ー感情)などユングに関すること
問5 心理アセスメント(心理テスト、行動観察、面接)
問6 描画検査でないものを選択
   Barm、HTP、CAT、LMP
問7 転移、抵抗、集団療法の目標
問8 ロジャーズ、クライエント中心療法、自己理論
問9 遊び、遊戯療法、制限、親面接
問10 コミュニティ援助について

全て誤っているものを選択する問題でした。
教科書を読みながら通信問題を解き、ノートにまとめておき、直前に見直しました。

難しい問題ではなかったと思います。

頑張ってください。



平成22年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
ごめんなさい、試験の問題はほとんど覚えていません。
ただ、言える事は、名前もきちんと暗記をしていないと解けない問題が多かったです。
心理学者と、その人が何をしたのかまで、しっかり覚えておいたほうがいいでしょう。




平成21年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :その1

問1 2(授業1〜15のNo.)  問6 8
問2 3            問7 9
問3 4            問8 11
問4 5、6          問9 12
問5 7            問10   14

コメント:その2

覚えている範囲で情報提供させていただきます。
あまり記憶に自信がないのですが、参考になれば幸いです。

・2次的就巣性(人間の新生児は生理的早産である)
・母子相互作用の展開と愛着(新生児の視覚について・複雑パターン、人間の顔状を選択)
・自我同一性の確立とモラトリアム(モラトリアムの語源)
・古典的条件付け(強化、弁別)
・オペラント条件付け(2次の強化子)
・無意識の構造と機能(フロイトの構成概念)
・性格の発達理論(フロイトは性格も発達的に形成されるとして発達段階を示した)
・コンプレックス
・アセスメント
・投映法の種類(テスト名と開発者の人名の組み合わせで正しいものを選ぶ)
・防衛機制
・心的葛藤の理解
・抵抗(行動化について)
・逆転移
・箱庭療法
・遊戯療法(制限の意味、遊戯療法の本質(普通の遊びではない))
・子育て支援(少子化の原因、、子育ての現状、コミュニティアプローチ)

テキストからまんべんなく出題されていたような気がします。
テスト名と開発者の組み合わせは全て覚えるのは大変ですので、主要なところを押さえればいいと思います。出題されたのは、TAT、HTP(?)、ロールシャッハ、あとひとつは忘れましたが、投映法からの出題でした。

コメント:その3

はじめまして。試験前にはいつも、このサイトにお世話になっております。
その感謝と、お礼、そして、皆さんの役に少しでも立てば、と思い、初めて投稿します。

平成20年度 2学期の試験内容です。

・第2章 心理発達の基礎理論1
 エリクソンについてのことがでました

・第3章 心理臨床の基礎理論2
 古典的条件付けと、オペラント条件付けについて

・第4章 心理臨床の基礎理論3
 フロイトについて

・第5章 臨床心理アセスメント1
 アセスメント面接について

・第6章 臨床心理アセスメント2
 P70の性格測定検査の中から、テストと心理学者の正しい組み合わせを選ぶ。

・第8章 心理療法1 精神分析的心理療法

・第9章 ユング派心理療法
 P102 ユングは無意識を意識の一面性を保障するものと考え〜の文。
   精神分析においては『転移』が重視される、の文。

・第11章 心理療法4 認知行動療法
 エリスについて、自立訓練法、トークンエコノミーについてなど

・第13章 コミュニティ援助1
 予防について

・第14章 コミュニティ援助2 子育て支援
 少子化の理由など

以上、大まかには、こんな感じですが、基礎とはいえ馬鹿にはできない印象を持ちました。
印刷教材の持ち込みもできない上に、教科書の内容をきちんと理解するか、覚えていないと難しいと思います。
通信指導問題にあったような、簡潔な質問文ではなく、引っかけが多いです。
うっかりすると、見落とします。
難しいか、どうか個人差があると思うので何ともいえませんが、心理学初心者にはわりと難しい内容かもしれません。