共通科目 一般科目


心理学概論(’12)


トップページに戻る


平成26年7月 
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 15

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可





コ メ ン トその1 : うる覚えで自信はないですが。

 ・教育分野から何らか1問ありました。
 ・同化、調節は子供だけで大人にはないのか
 ・犯罪心理学は犯罪者個人を対象にしていて、犯罪社会学は犯罪者をとりまく社会を対象にしている
 ・妥当性とは繰り返し実験を行って確実な結果を得られるという事かどうか
 ・GATBについて
 ・消費行動には何の法則もないようで何らか法則がある?
 ・集団の分極
 ・認知療法、認知行動療法は個人をとりまく環境に重点を置いている
 ・メズメリズムは催眠の原型になったか
 ・スキナーとフロイトは過去の経験から今があるという意味で同じかどうか

 全部で15問なのですが、残り5問は思い出せず…。
 私は3回分の過去問を解いて挑んだのですが、過去問・提出・自習からの出題は皆無に等しいです。
 出来が悪かったので落とした気がします…。手元にある過去問類のみで勉強すると痛い目に遭います。放送からの出題もあるし、教科書は隅々まで目を通しておかないと対応しきれません。

出 題 元 : どちらともいえない


コ メ ン トその2 :すべて正誤を問う2択です

 ある報酬のために行動を繰り返すことを行動形成と言う?
 メスメリズムは催眠術の先駆けと言われる?
 パーソナリティの把握は教育的支援のために必要?
 犯罪心理学は個人、犯罪社会学は社会を研究する?
 GATBは知能を測るテストバッテリーの一種?
 心理測定の問題、過大一般化とは、心理測定の結果を歪められること?
 シェマの調節は子供時代にしかなされない?
 消費者行動の多くは精緻化見込みのない状態で行われることが多く、影響を受けやすい?
 事件や事故の後で、「こんな事は予測ができたはずだ」と考えやすいことを基本的帰属のエラーと呼ぶ?
 バートレットは、記憶が個人の知識や文化的枠組みによって記憶が書き換えられるとした?
 性格テストの妥当性とは、何度テストしても同じ結果が出ることを言う?
 行動療法と認知行動療法は、環境から人への影響と人が環境をどのように認識するかに注目する?
 スキナーの行動心理学とフロイトの精神分析の共通点は、過去が人間を形づくると考える事?
 実験の被験者を繰り返し測定する時、独立変数のあらゆる条件下で繰り返し測定する方法がある?


 だいたいこんな感じでした。
 二択ですし、運転免許試験のような印象でした…一般的な感覚を働かせても解けそうな問題と、テキストを ちゃんと読んでいなければわからない事が織り交ぜてあるような感じです。一章につき一問なのかな。
 テレビからはあったかどうか。


 平成26年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 15

出 題 元 : どちらともいえない

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン ト : 2択(yes or no)
  提出問題、過去問題、同じ問題は皆無といっても過言では無いでしょう。
 会を重ねるたびに細かな所(見逃し易い箇所)にターゲットを当てている感です。
 厄介なのは放送授業中の案件が出題されているものが数問あるので1度は両方をチェックしメモするのが賢明かも知れません。
 2〜3度はテキストの読み返しは必要と思えます(心理学専攻でない人)。


 平成25年7月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 15

出 題 元 : どちらともいえない

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン トその1 : 全て正しいか誤りかの2択です

 ・心理学という学問の歴史はギリシャ時代からか
 ・ピアジェの発達心理は大別すると2つ
 ・犯罪心理学とはどんな学問か
 ・パーソナリティの因子は4つに集約される
 ・ネコを箱に入れた試行錯誤の実験
 ・労災事故の人的要因は減少しているか
 ・閾値とは
 ・横断法
 ・心理学の歴史、著書
 ・放任的リーダーの元では意欲が高まるか
 ・映画12人の恐れる男?少数意見の影響力
 ・試食販売では返報性が働く
 ・来談者中心療法とは
 ・テストで複数の選択肢から答えを選ぶのは「再生か」


 あとは思い出せません。すみません。
 各章から一問ずつ満遍なく出されている印象でした。
 放送授業はしっかり見た方がいいです。

 このサイトがあった事に感謝しています。
 お世話になりました。ありがとうございました。

コ メ ン トその2 :

過去問、提出プリントからの出題はなかったです。 テキストを読み込んで理解して正解までたどりつけます。引っ掛け問題的な出題のしかたなので、意味を理解していなければ誤答しやすかったです。2者択一(○・×)なので簡単そうでむずかしく、小生は再試だと思います。


平成25年1月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 15

出 題 元 : どちらともいえない

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン ト : 順番は不同です。正しいor誤りかの2択。

1.子供の人間関係のはなし(大雑把ですみません。確かテキストには無い形の文章でした)
2.ピアジェの発達の最近接境域の次の段階に移行する時を途上というか?(文章ひっかけ?)
3.明示条件、暗示条件の実験結果はブランスフォードの予測とあっていたか?
4.行動随伴性について
5.性犯罪者や薬物?(or非行少年?)などの矯正に認知行動学が利用されているか?
6.ミルグラムの「服従実験」より、暴力的になる人はもともとその資質がある?
7.被害者避難は因果応報的な考え方に依存しているか?
8.自動車事故(VAGSA??みたいな名前でした)〜は〜である
(ここはTV見ていなくてわからなかったので、TVより出題と思います)
9.リーダーシップの心理学は過去の偉人を参考にしている?
10.嫌悪や恐怖などをつかうと消費者はものを買わない?
11.選択肢が多いと消費者はものを買いやすい?(ジャムの所です)
12.弁別閾は規則的である?
13.温度計も感覚尺度であるが、絶対0が原点である?
14.自然観察法は研究者が観察者に影響を与えてしまうので、観察者はいないほうがいい?
15. 忘れました

これは書いていいのかな?なのですが……
A先生が担当の章の問題はひっかけ&テレビからの問題が多いです。
B先生の場合は教科書の文がほぼそのままでてます。(自習問題などをやっていると気づくと思います)
時間がない場合、A先生のTVを重点的に見る事をオススメします。

さらに、全体からまんべんなく…なので要所を押さえておくといいと思います。が、流れとしては結構簡単なほうだったと思います。


平成23年7月

択一式か記述式か :   択一式

設問数 :    25

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :
正しいか誤りかの二者択一でした。
全ての質問を覚えておらず、質問の文章は、覚えてる範囲でのものです。
ご参考までに。

・性格は遺伝で決定するか?(遺伝について)
・気質とは先天的な体質に関係のある感情・性質を示すか?(気質について)
・一次的コントロールと、二次的コントロールの説明が逆になっているひっかけ問題
・ブントの心理学は機能主義的心理学と呼ばれている?
・大きくても水に浮くもの、小さくても沈むものがあるのを理解できるのを具体的操作期という?
・○○の言う感情知能と、○○の言う社会的能力には関係がある?(提唱者の名前も出ていた)
・弁別閾の説明と、それをウェーバーの法則というか?
・いやなものでも逃げずに受入れることを昇華という?
・うつ病は気分障害であるか?
・明るさの恒常性について
・認知療法について
・文化と関わる心理学には、伝統的に3つの分野がある?
・怒りや恐れの時は、副交感神経が活発に働いている?
・我々は日常的に心理的防衛を行っているか?
・アンカー効果とは?
・集団極性化とは?
・人も動物も観察学習をするか?
・従属変数について
・一般知識についての記憶を宣言的記憶というか?
・感情表現・共感は女のほうが多い(強い)?
・心脳一致論について




平成23年1月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    20

出題元 :    テレビやラジオ中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可

コメント :その1

    放送内容を、しっかり聞いて、あとは、通信指導問題をおさえておけば簡単にできる問題だと思います。


設問数 :    25

出題元 :    テキスト中心



コメント :その2

申し訳ありません。
さきほど過去問を投稿させていただいたのですが、問題をそのまま記述し送信してしまったため、キーワード抜粋版に直しました。

サイト更新に情報をご使用いただく場合、下記を使用していただければと思います。
お手数をおかけしてしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

----------------
(以下、感想です。)
----------------

平成22年度1月

計25問で正誤を問う2択です。

テキストに書いてある内容がほとんどだったのですが、私自身は読み込みが甘かったようで勘違いで覚えている内容も多く、試験後改めて調べ直して勉強不足にがっくりしてしまった感じです。

何度も読み返してきっちり勉強をしている方は問題なく解けると思います!

=============================

問1
外傷後ストレス障害(PTSD)について

問2
幸福感を感じている人について

問3
演技性人格障害について

問4
シェイピングについて

問5
洞察について

問6
テストバッテリーについて

問7
他者がそばにいる際に困っている人を助けるかについて

問8
知覚の恒常性について

問9
神経の分類について

問10
ジェームズ・ランゲ説の感情についての考え

問11
感情知能尺度の評価について

問12
内観について

問13
TOTについて

問14
ビッグ・ファイブについて

問15
シェマについて

問16
知能偏差値の考え方について

問17
二次的コントロールについて

問18
自己の不一致について

問19
集団での意思決定について

問20
依存関係について

問21
関係性の障害について

問22
作動記憶の役割について

問23
自然概念について

問24
フラッシュ・バックについて

問25
協働について

=============================




平成22年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    25

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :その1

1 匿名の状況、制服、非攻撃的
2 認知療法理論
3 集団 個人としての同一性
4 実験の被験者、実験の目的を伝えるか
5 生理心理学
6 自分が確信していることに反する事実や指摘に対して・・・
7 ロールシャッハテスト/脳の画像解析
8 フロイトと発達論
9 ピアジェ 感覚運動期
10 顔の表情から嘘をついているかを見抜く 職業上の訓練された人々の場合・・・
11 五感
12 作動記憶の保持期間
13 サロヴェイとメイヤー 分析的知能
14 オペラント条件付け
15 欲求 防衛機制 置き換え
16 ターマン 知能
17 リンゲルマン効果
18 コンサルテーション
19 臨床心理学/分析心理学
20 W.ジェームズ 進化論
21 感覚器官 遠刺激
22 ワイツ 一次的コントロール
23 記銘 保持 想起
24 選択的注意と想起
25 コミュニティ・アプローチ

25問と多く、すべて、短い文の正誤を問う2択です。
中間課題とほぼ同様なのは2問くらいでしたが、こちらの過去問とも重なる部分が多く、あまりヘンな所は問われない印象でした。
各ポイントについて、そう細かくはなくても、大体の理解ができていれば解けると思います。
私は認証状や認定心理士資格のために、いわば「後回し」で履修しましたが、心理学系知識の再確認の為にもいい科目だと思いました。初学者の人にもおすすめですね。


コメント :その2
二択。合計25問。正誤選択式。

問1
匿名の状況でも、看護師の制服を着ていると、非攻撃的になることを示した研究がある。

問2
認知療法理論では、人は、認知的な信念あるいはアルゴリズムを持っており、それがその人の体験の近くや解釈に影響を与えると考える。

問3
集団の中に埋没してしまうと、人は個人としての同一性を失うことがあると考えられている。

問4
心理学の実験では、通常被験者に前もって実験の目的を正確に伝える。それは、何を調べるのかが分かったからといって、被験者の行動に影響があるとは考えないからである。

問5
生理心理学では、主に行動の基礎となる内分泌などの生理学的過程について、これを人の行動や心的過程との関係から研究する。

問6
自分がそうだと確信していることに反する事実や、指摘を無視してしまったり、その指摘のあら探しをしてしまいやすい、人の思考の傾向を固着という。

問7
ロールシャッハ・テストを用いて脳の画像解析ができるようになったことで、脳に関する知見は大きく増えた。

問8
フロイトには特有の発達論があるが、彼の発達論ではいわゆる発達段階は想定されていない。

問9
言葉を持たない乳児期の認知的発達段階をピアジェは感覚運動期と呼んだ。

問10
顔の表情からその人が嘘をついているのか、真実を述べているのかを判断することは、職業上よく訓練された人々になら可能である。

問11
感覚は「五感」と言われるように、5種類に区別することができる。

問12
作動記憶の保持時間は1秒以下であると考えられている。

問13
サロヴェイとメイヤーによれば、分析的知能の優れた人は、たとえ学業成績があまり優れていなくても仕事で成功したり、多くの仲間からの人望を得たりする場合が多い。

問14
オペラント条件付けでは、学習者が当該の行動を自発しなければ学習が成立しない。

問15
欲求を社会的文化的に価値あるもの(例えば、学問、芸術、スポーツなど)に移し替える健康的な防衛機能を置き換えという。

問16
ターマンは、知能をその人の生まれつきの能力であると考えた。

問17
リンゲルマン効果とは、人数が増えるにしたがって、一人当たりの作業量が増加することをいう。

問18
専門家が、他の専門家に、問題解決に必要な助言を行うことをコンサルテーションという。

問19
臨床心理学は分析心理学の一種と考えられる。

問20
W. ジェームズは進化論の影響を受けて、人間の心を思考や感情の高度に進化したものとして捉えた。

問21
感覚器官ごとにある、受容可能な刺激のことを、その器官にとっての遠刺激と呼ぶ。

問22
ワイツたちは、アメリカ文化では自分の意識よりは周囲の環境を変えようとする一次的コントロールが支配的であると考えた。

問23
記銘も保持もうまくできているなら、確実に想起できる。

問24
周囲に存在するさまざまな情報のうち、人が十分知覚でき、あとで思い出すこともできるのは、選択的注意が向けられた対象だけである。

問25
コミュニティ・アプローチでは、心の問題を治療するというより、生活する場の中で、お互い同士が関わり合い影響し合うことで、あるいは、その場の環境を改善することで、問題の解決を図ろうとする。


出題元 :    どちらともいえない


コメント :その3
正しいか間違ってるかの2択問題でした。
問1 学習無力感について
問2 内面的、外面的変化について
問3 異文化について
問4 社会的促進について
問5 弁別閾について
問6 二元論について
問7 発達論について
問8 インプリティングにつて
問9 心理的防衛について
問10 精神年齢について
問11 五感について
問12 罰について
問13 カウンセリングについて
問14 不登校について
問15 近刺激につて
問16 基本的信頼と愛着について
問17 医療機関でのカウンセリングについて
問18 超自我について
問19 維持リハーサルについて
問20 心理学的な考え方について

看護師用の試験を受けました。わりと分かりやすい問題だったと思います。


平成22年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    20

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :
看護師資格の科目です。正誤択一です。
このサイトで助けていただきました。ありがとうございました。

*知能テスト
*実践知能
*一卵性双生児は遺伝は100%同じ
*2次コントロール
*5感とは
*梅ぼしを見て唾がでるのはレスポンデント?
*マジックナンバー
*カウンセリングの数は20〜30?
*集団の心理
*スクレプトがあるから・・・迷わない?
*心理療法は1次予防?
覚えているのはこれだけです。
放送だけで教えてることが2問程度あったと思います。
テキストがまんべんなく出ました。  頑張ってください。

設問数 :    25



コメント :その2
22年1月の問題

キーワード

想起
マジックナンバー
一卵性双生児
スキーマ スクリプト
ヒューステリック
古典的条件つけダブララサ
一次的コントロール 二次的コントロール
怒りを鎮める


上記以外は思い出せません。看護師用問題ですね。
それほど難しくはないです。でも一応テキストは読んでいなければ無理かも・・
専門用語が多いのでこのサイトのおかげで助かりました
たぶん90点くらいは取れたと思います。



平成21年7月
択一式か記述式か: 2問択一式

設問数:   20

出題元:   テキスト中心

持ち込み可能か: 不可




コメント:

持ち込み不可で、テキスト中心、全20問です。解答は正しいか、誤っているかの2択です。

問1 条件付けには、

問2 超自我は、

問3 心理学的な考え方は

問4 クライエント中心療法の

問5 

問6 自然概念というのは

問7 

問8 

問9 うつ病は

問10 人が検出できる刺激

問11 信号が感覚神経を通じて

問12 フロイトやエリクソンの

問13 他者が存在すると

問14 知能は昔から

問15 性格形成の要因には、

問16 精緻化とは、

問17 人がいまどんな感情状態

問18 ターマンは、

問19 ロールシャッハ・テストは、

問20 うつの症状は、


平成21年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    20

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :
平成21年1月試験 看護師用だったかもしれません。科目コード1219014
2者択一式

エイムズの部屋 仮現運動か?
一卵性双生児は別で育っても運命的に同じになるか?
人は五感のみの感覚しかないか?
甘え・・・
子供の登校拒否・・・
うつ病・・・あった気がするが記憶があいまいです。
超自我・・・
学習性無気力・・・


はじめての放送大学の試験でしたが、ここのサイトのおかげで、本当に助かりました。ありがとうございました。
また思い出したら書きますね。


コメント :
正解を4択から選ぶ問題で

知能テストの開発を初めてしたのは?
→ビネ

感覚器官ごとに合っている刺激は?
→適刺激

スキーマの一種で、ある特定の出来事や行動の一連の流れについての知識とは?
→スクリプト

複数の人間が一緒に作業すると、人数が増えるにしたがって、1人あたりの作業量が減少する現象とは?
→リンゲルマン効果

対象に向けられた欲求や感情を、自我に受け入れやすい他のものに移し替える規制とは?
→置き換え

人間は生まれたときは白紙であり〜・・・の白紙は何という?
→タブラ・ラサ

「心頭を滅却すれば火もまた涼し」とは次のどれに当てはまるでしょう?
→二次的コントロールを志向

専門家が他の専門家に当該の問題解決に必要な助言を行うことをなんという?
→コンサルテーション

構造論の心的組織で正しいものはどれ?
→エス、自我、超自我

自分がそうだと確信していることに反する事実や他者の主張は、無視してしまったり、その主張のあら探しをしてしまいやすいとこをなんという?
→信念バイアス

感情の感じ方違いは何の違い?
→脳の反応の違い

スタンバーグは創造性にはどのような要素が必要かと言っていたか?
→豊かな知識

乳幼児期をほかになんと言うか?
@反射期
A
B
C

他に学習性無力感、フロイト、臨床心理学、記憶・・・ect

これくらいしか思い出せません・・・



平成20年7月
択一式か記述式か :    2者択一式

設問数 :    20

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :その1

看護師用です。2者択一
・エイムズの部屋ー仮現運動○か?→×だと思う
・自発的回復ーいったん消去されたた反応は回復したあと唾液が減るか?
・感情と生理的反応ー生理的反応によって人の感情がわかるか?
・ターマンー知能は生まれつきか?
・超自我は自我に指令されて。。。
・弁別閾ー最小の刺激差
・エビングハウスーP1『心理学の過去は長くー』
・記銘と保持がうまく出来ていれば想起は確実である

難しかったです。。また思い出したら書き込みしますね!
出題元 :    どちらともいえない

設問数 :    25

コメント :その2

4問択一。問題は短く単純だが、4つの選択肢うち2つは消えて、残る2つのどちらか迷う問題が多かった。
予備知識がないと合格点は大変です。(平均点は60点前後です)
通信指導のレベルよりはるかに高い。講義を視聴し、テキストをよく読み、人名とキーワードとの関連も覚える必要あり。
ちなみに、前回は不合格でした。今回はかなり勉強したので、何とか60点に届いたような??「入門」ではなく専門科目のように感じました。

コメント:その3

   *看護師用別問題です*

・「心理学の歴史は〜」の意味

・ジェームとウントの違い

・27ページ介在ニューロンから高次〜

・進化心理学・社会的促進

・エイムズの部屋の効果は

・記名、記憶が正確なら正しく再生できる?

・罰とは

・アルゴリズム

・ターマンは知能を生まれつきと捉えた?

・感情表現は世界共通?・超自我とは

・子供も鬱になる?

・心理療法師はセラピスト?

・クライエント中心法の

目的○×で簡単でしたが、講義でしか無かった内容ありです

問題数は20問 持ち込み不可でした 

コメント:その4

   2択です。20問題です。

キーワードは、前の方に追加して、

*感情は生理的反応を見ると良い。 
*弁別閾 
*エリクソンの発達段階 
*消去と自発的回復  
*ヒューリステック 
*ロールシャッハテスト 
*カウンセラーとクライエント 
*加現運動

4択でなくて良かったです。
 



平成20年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    25

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :
甘え、
社会的手抜き、
再認、
弁別、
スキーマ、
心的外傷、
効果器、
タブラ・ラサ、
条件付け、
概念、
固着、
感情知能、
ビネ、
行動観察法、
作業検査法、
構造論、
二次的コントロール


テキストを繰り返し読まれる事をお勧めします。
私は3回程繰り返し読みましたが大雑把だったため、もっと細かく読めば良かったと反省中です。



コメント :その2
今回看護師資格問題を受験しました。今回、過去の中間課題の問題を変えて数問は出ていました。
答えは問題に対して、正しい、間違ってるのどちらかを選択する方法でした。

問題に関してはあまり覚えていませんが、わかる単語の範囲で。
・日本人は甘え
・心理相談を行う人がカウンセラーで、相談者はクライエントという
・ユング
・知覚
・二元論
・一卵性双生児
・罰
・類型説

などです。

コメント :その3
中間課題同様、二者択一の正誤。

予防の三段階、
二元論(心と身体は別?)、
不登校は精神病?、
ユングの論、
ローシャハは投影法?、
社会的促進、
類型説、
昇華とは?
実険条件と統制条件、
近刺激、
心理臨床、
クライエント、
カウンセリング、
一卵性双子、
記憶(記銘、保持、想起)


コメント :その4
今回は四つの選択肢の中で、正しいものを一つ選ぶという形式です。○×の2択ではなかったです。

キーワードは、、、

ジェームズ、
機能主義、
社会的手抜き、
受容器、
オペラント、
弁別、
レスポンデント、
心理テスト、
作業検査、
二次的コントロール、
再生、
再認、
空の巣症候群、
防衛機制、
認知療法、
トラウマなど。

「二次的コントロールは、以下の四つのうち、どの諺にあたるか、答えよ」というような、日本語の応用問題が出たり、「刺激を受け入れる細胞を受容体というが、反応をおこす器官は、なんというか」というような、かなり細かい問題が出たりしました。

A○(エーマル)を実力で取ろうとすると、かなりの勉強が、必要だったようです。



コメント :その5
四者択一です。テキスト全般と放送教材から出題されました。

(1章)
ジェームズはヴントのように要素に分解できるものと考える代わりに、その働き方に注目した。

(2章)
反応を生じる働きを()と呼ぶが、この働きをしているのは、筋肉と分泌線である。

(3章)
複数の人間が一緒に作業をすると、人数が増えるに従って、一人当たりの作業量が減少すること。

(4章)
人間は生まれたときは()である。

(4章)
2歳を過ぎた子供、自分が見えているように人も同じように見えていることを()という(放送教材から)

(5章)
瞬間的にしかも正確に、まとまりのあるものとみなす働きを()という

(6章)
さまざまな〜の中から、機知のものを選び出すことを()という

(6章)
無条件刺激と条件刺激とを対提示することて、条件反応を形成する手続きのことを()という

(6章)
はとが、ピカソの絵が映し出されたときに、明かりをつつくと、餌がもらえることを学習した()という

(8章)
類似したものや出来事あるいは人々をひとまとめにしたものを()という

(8章)
自分がそうだと確信していることに反する事実や他者の主張は、無視してしまったり、その主張のあら探しをしてしまいやすいことを()という

(9章)
世界で始めて知能テストの開発に成功したのは、()である。

(9章)
()の優れた人は、自己認識のすぐれた人であり、抑うつ、不安、怒りなどの強い感情に押し流されてしまうことなく、自分の感情を整理することができるし、仲間とよい関係がもてる。

(10章)
感情表現の差は、()によってことなる。

(11章)
アセスメントは、()、質問紙、作業検査法、投影法

(12章)
欲求不満からくる不安やストレスから身を守る方法として、私たちは、日常的に、()をしている。

(12章)
個人の対処能力を超えたレベルのストレス状況におかれるとき、私たちは心に()を負う

(13章)
子供たちが巣立って、手がかからなくなった40代から50代の女性によくみられる、抑うつ症状を()という

(13章)
精神病の早期発見のために、質問紙型のスクリーニングテストを行うことは、()である。

(14章)
認知的な信念ないし、スキーマを持っており、それがその人の体験の知覚や解釈に影響を与えると考える。()である。

(14章)
学校で行うべき児童への対応について、教員がスクールカウンセラーに心理の立場から助言を要請する場合、スクールカウンセラーが行うことを、()という。

(15章)
甘えについての研究は、(欧米では一致)(日本では一致)している(していない)。

(15章)
二次的コントロールとは、(覆水盆に帰らず。(他3つ選択あり))である。

(不明)
感覚、印象、意識、もう1つから選ぶ。

感想:
25問あったのですが、最後の1つが思い出せません。ここに書いたものもあやふやなものがありますので、気をつけてください。一度、落としているので、今日は後がありません。(~_~)結構真剣にやったつもりですが、どうしても、時間があって、見直していると、間違った解答に惹かれて、書き直し、失点ということを繰り返しています。今回は、どうかなぁ^_^;


平成19年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    25

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可




コメント :
四者択一です。
テキスト全般から出題されました。

覚えているキーワード
・サロヴェイとメイヤー(感情知能)
・スキーマ
・抑圧
・観察学習
・ニューロン
・一次コントロール
・ダーウィン

問題
・うつ病は( )障害の一つである
・人の表情からその人が嘘をついているかどうか読み取ることはできるか


コメント :その2

出題例) うつ病は(  )の一つである。

 (  )内に当てはまる語を4者択一。


以下は、設問中に出てきた単語もしくは内容である。

(受験した人にしか分からないほどわけの分からない単語の羅列)

うそ、抑圧、感情知能、観察学習、ジェームズ、生産的思考、ザイアンス、予防の3段階、コントロール(山口)、脳の画像研究、脱個人化、学習性無力感、感情(ダーウィン)、類型説、スクリプト、記憶、成人期、自己実現、スタンバーグ、うつ病、コントロールのタイプ、神経系、機能的固着、弁別閾、適刺激。

「以上の25問です」と言われて、納得できる未受験者はいないだろう。

半分近くは(  )内に入る答なんだが。

通信課題は2者択一で正誤問題だった。

過去も2者択一だった。

問題を見た瞬間に、「こういう出題方法は初めてだー」と思った。

広く浅くという感じの出題範囲だった。



平成19年1月
択一式か記述式か :    択一式
設問数 :    25
出題元 :    どちらともいえない
持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
感覚(5感あるといわれるがうんぬん)・リンゲルマン効果・自然概念・記憶・保持・想起・再認・消去と自発的回復・学習性無力感・スキーマ・再生的思考、生産的思考・プルチック 基本的感情・P2〜伝達〜介在ニューロン・抑圧・レジリエンス/空の巣症候群・コミュニテイとは・心理臨床の現場・コントロールのタイプ・個人主義と集団主義・・・

これくらいしか覚えていません。
比較的後半からが多いように思いました。


出題元 :    テキスト中心

コメント その2:
私が受けたこちらの科目は看護師資格取得用です。覚えている範囲で。
・五感について
・二元論について
・具体的操作期の子どもについて
・極性化について
・アンカー効果について
・インプリンティングについて
・社会的促進について
・一卵性双生児は遺伝的には全く同じか?
・レスポンデント条件づけについて
・心理臨床について
・カウンセラーとクライエントについて
・記憶の三つの働きについて
以上ですが、半分くらいは通信指導から出題されていました。


出題元 :    どちらともいえない



コメント その3:
キーワードを覚えているだけ…
この言葉が記されている周辺の文章が問題になっていて、○×を選択します。

心理学の始まり、介在ニューロン、タブラ・ラサ、脳で見る、想起、自然概念、問題解決、感情、性格と個性、抑圧、学習性無気力、レジリエンス、不登校とひきこもり、空の巣症候群、心理臨床?コミュニティ、一次的コントロール、個人主義と集団主義、五感

マーカーひいたところからちょっと外れたところ…確かあそこに書いてあったはずなんだけど…という感じでした。少々ヤバイかも。とほほ。



コメント その4:
正しいか、間違っているかを選ぶ問題。

・想起・概念・問題解決(再生的思考、生産的思考)・分析的知能、創造的知能、実践的知能・個性を表す用語・抑圧の定義・学習性無力感の定義・レジリエンスの定義・不登校と引きこもりは同じか・空の巣症候群の定義・認知療法・心理臨床の場・コントロールのタイプ(一時的コントロール:アメリカ)・個人主義、集団主義(国、地域)など。
コメント その5:
○×の2択です。
常識で考えたらわかるような問題もいくつかありました。
それほど難しくなく、テキストを一回読むだけでも十分答えられます。
すでに心理学を学んでいる人は、テキストを読まなくても解けるでしょう。


・神経系(介在ニューロンから高次脳領域に伝達されて脳は認知する)
・集団極性化
・目で見る、脳で見る(脳は世界を直接見たり聞いたりできない)
・記銘、保持、想起
・自発的回復
・自然概念
・再生的思考、生産的思考
・実践知能
・感情と思考
・性格と個性
・抑圧
・学習性無力感
・レジリエンス
・ひきこもりと不登校
・空の巣症候群
・認知療法、スキーマ
・コミュニティとは
・心理臨床の場
・コントロールのタイプ(一次的コントロール)
・個人主義傾向



平成18年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    25

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :
正誤式25問です。

テキスト全体からまんべんなく出題されていたと思います。
通信課題と同じ問題は出ませんでした。

テキストをしっかり読んでおく必要があると思います。

コメント2 :

カンタンです。
択一式で、2択で25問です。
通信問題からの出題はありませんでしたが、全体的に常識的な質問も多いので教科書に目を通した人であれば問題なく合格できると思われます。2択ですし。

ただ、放送授業のみで教わった内容が結構でる可能性があるので、確実に合格するためには放送授業も見ておく必要があります。


設問数 :    20

出題元 :    どちらともいえない

コメント3
:
通信添削では、1章〜8章の教科書、講義より出題。
単位認定試験では、通信指導の問題からは一切出なかった様に思います。
とにかく、教科書を数回は熟読し、要点をアンダーラインして頭に焼き付けなければ一夜漬けではとうてい難しい。何しろ教科書の要点と思われる箇所よりの、ひねった問題がかなりあったように思う。

すべて〇 Xの二者択一問題。
エス、自我、超自我の3つを覚えておく。
因みに私の場合、マル優(90〜100点)取れました。