共通科目 一般科目(社会系)


市民と社会を考えるために('11)



トップページに戻る


 平成26年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可




コ メ ン ト : 【問題】
 問1 福沢諭吉と『福翁自伝』について。
 問2 中国について。
 問3 国家の制度について。
 問4 アルジャジーラについて。
 問5 「幸福のパラドックス」と呼ばれるようになった現象の特徴について。
 問6 途上国の一極集中現象について。
 問7 経済成長について。
 問8 社会的ネットワーク論の基本的視点について。
 問9 社会科学における人間観について。
 問10 グローバル化という用語について。

 問4・5・6・7は過去問(平成24年前期)と同じ。
 問3・8・9・10は過去問(平成24年後期)と同じ。

 【感想】放送授業は視聴せず。印刷教材・ノート持込可なので易しい試験である。
 提出・自習型問題から同じ問題は出なかったが、過去問から8問も出ているので新しい問題は2問だけだった。


 平成24年1月
択一式か記述式か :択一式

設問数 :10

出題元 :テキスト中心

持ち込み可能か :テキスト持込可


コメント :
1.社会問題の考え方について
2.中国の市民と社会について
3.幸福のパラドックスについて
4.都市的生活様式とコミュニティについて
5.行政国家・独占禁止法等について
6.多国籍企業について
7.日本における社会科学の展開について
6.ローカル化について
9.経済成長と資源の限界について
10.社会科学について



そんなにひねくれた問題でもなく、持込可ということもありますので、単位は取りやすいと思います。




平成22年7月

択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
平成22年度第1学期単位認定試験

問(1)
キーワード一覧表の中から、関心のある「キーワード」を3つ選択し、記しなさい。

問(2)
選んだ3つの「キーワード」をすべて使って、関心のある1つのテーマについて、記しなさい。
600字以内。文中に使用した3つの「キーワード」に下線を引くこと。


*キーワード一覧表には、印刷教材に記載されている1章から15章までのキーワードが全て載っています。

今年から、印刷教材やノートの持ち込みは不可になりました。
しかし、問題の内容は変わっていないので、あらかじめ文章を考えていけば、心配いらないと思います。




コメント :
問 下記のキーワード一覧表の中から
(1)関心のある「キーワード」を3つ選抜し、記しなさい。
(2)次に、この3つの「キーワード」をすべて使って、あなたの関心のあるひとつのテーマについて、記しなさい。
((2)は600字以内で記すこと。また、文中に使用した3つの「キーワード」には下線を引きなさい。)
<キーワード一覧>
(各章の章末にあるキーワードが記されている)

試験前にお世話になっている「かこもん」では、前学期まで持込可。
それも、各章の「キーワード」を選択するために、テキスト持込可であったような様子。
そのキーワードを羅列し、持込不可にしたのが、今回の試験。
前年度は、通信添削も同様の課題だった様子。
今回の通信添削は択一式だった。
年々、問題は同じでも、手の込んだ仕掛けをしてきた感じ?

過去と同じように、持込可なら楽勝科目。
持込不可でも、かこもんを知り、600字のレポートを作成していれば、楽勝。
3つのキーワードと、関連キーワードとして勝手にキーワードをたくさん盛り込んで書いた。
見方によれば、キーワードの羅列は、大きなヒントになる。
(使いようだけど)

このような試験は、印刷教材を記述した先生の方針を踏まえて書くのが常道的解答作成。
ただ、社会科学を学ぶものが、人の意見の受け売りでなければならないはずがない。

また、各章が縦割りであるはずがなく、社会はさまざまな分野が交差し、入り乱れる。
そうやって人々は生きている。

社会科学では正解が存在しない問題が多い。(テキスト171ページ)
章が違うキーワードであっても、深く掘り下げて考えを述べている答案が、優秀な答案なのではないだろうか。




平成22年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    1

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :
テキスト、ノート(紙媒体のもの)持ち込み可

1問目
印刷教材の各章で挙げられている「キーワード」の中から関心のある「キーワード」を3つ選択し、記しなさい

二問目
選んだ3つの「キーワード」をすべて使って、関心のある1つのテーマについて、記しなさい

600字以内。文中に使用した3つの「キーワード」に下線を引きなさい。

-----------------------------------------------------
※通信指導は全て択一式だったので単位認定試験も択一式かと思っていたら、こちらのサイトで記述式のテストであることを知って準備して助かりました。あと、私が受験した(平成22年1月)はテキストだけではなくて、ノートの持ち込み可でした。

個人的に関心のある科目だったので楽しかったし、最後のまとめがこのようなテストで満足しています。




平成21年7月
択一式か記述式か : 記述式

設問数 : 1

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : テキスト持込可







コメント :
2009年7月26日受験
問)印刷教材の各章で挙げられている「キーワード」の中から
 (1)関心を喚起された「キーワード」を3つ選択し、記しなさい。
 (2)次に、この3つの「キーワード」をすべて使って、あなたの関心のある1つのテーマについて、記しなさい。

 ((2)は600字以内で記すこと。また、文中に使用した3つの「キーワード」には下線を引きなさい。)

今までの皆さんの情報と全く状況は変わっていませんでしたので、事前に文章を準備しておけば、何ら問題ありません。


平成21年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :その1

中間レポートとほぼ同じ。 
問1 印刷教材にあるキーワード3つ選べ。
問2 3つのキーワードでひとつのテーマを書け。
   600字以内。キーワードに下線引くこと。

回答用紙、裏表に注意。印刷教材に、600字書いておけば大丈夫。



出題元 :    どちらともいえない


コメント :その2

問題
1. 教科書各章末にあるキーワードを3つ選びなさい。
2. そのキーワードを使い、ある一つのテーマについて600字以内で論じなさい。

基本的に通信指導と一緒でした。

しかし通信指導ではキーワードを選んだ理由と、そのキーワードがどのように関連しているかが問題でしたが、単位認定試験では、キーワードを使い『一つのテーマ』について論じなさい、というものでしたので、キーワードのほかに、自分が何を論じたいのか題材を決めておくとよいと思います。

また試験終了後に自身の回答を振り返ってみると、決めたテーマが文中に埋もれてしまっていた感じなので、「ここでは何々が起こす弊害に注目してみたい。云々・・・」などと、もっとテーマを分かりやすく記述しておくべきだったかなと思いました。



平成20年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    1

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :その1
    通信指導と同じ形で、テキスト内の好きなキーワードを3つ使い作文。


出題元 :    どちらともいえない




コメント :その2
平成19年度1学期と同じです。

1.キーワードを3つ選びます。
2.その3つのキーワードを使ってあなたの関心のあるテーマ一つについて述べなさい。
  (キーワードには下線を引いてください。)

1学期のアップを参考にさせてもらって準備して臨みました。
どうもありがとうございました。



平成19年7月

択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :その1
レポートとほぼ同じ内容でした。
内容的にはビックリするほど簡単でした。
問1、関心を喚起されたキーワードを3つ書き出せ
問2、このキーワードを使って、あなたの関心のあることを述べなさい
  (600字以内)


コメント:その2

印刷教材はキーワードを選択するために必要というものでした。

問題は,印刷教材の各章末にあるキーワードから興味関心のあるものを3つ選んでそれについて論じるものでした。通信指導とほぼ同じ問題でした。

通信指導の解答をもう一回書こうかとも思いましたが,別なキーワードを選んで書きました。キーワードもさまざまな分野に関連していますし,必ずしもキーワードの出てきた章の内容にとらわれることも無いので,かなり強引に3つのキーワードを関連付けて解答した記憶があります。どんな内容を書いたかは忘れてしまいましたが,A評価をもらいました。

私にとっては,結構楽しく受講できた科目だったと思います。