専門科目


社会福祉における権利擁護('12)


トップページに戻る


 平成26年7月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン ト :
 通信指導、自主問題、過去問からかなり出ていて優しいかったです。
 福祉に興味がある人にとって優しい科目でした。凄く勉強になりました。


 平成26年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可




コ メ ン ト : 【問題】
 問1 2000年以降の社会保障の構造改革を進めるうえで一定の役割を果たした会議について。
 問2 第1世代、第2世代、第3世代の人権について。
 問3 福祉契約の特徴について。
 問4 成年後見制度の説明について。
 問5 日常生活自立支援事業の特徴について。
 問6 苦情解決の体制について。
 問7 サービスの質を高める取り組みについて。
 問8 虐待やDVの特徴について。
 問9 多文化政策について。
 問10 福祉の契約化について。

 問2は提出型問題3のアレンジ。
 問7は提出型問題9と同じ。
 問9は自習型問題4と同じ。
 問10は自習型問題10のアレンジ。


 【感想】放送授業は視聴せず。持込不可だが、易しい試験である。
 過去問を見る限り、毎回7問ほどが提出・自習型問題から出ていたので、今回も同じようになるだろうと予想したが、4問しか出なかった。
 常識で答えられる問題が数問あった。


 平成24年1月
択一式か記述式か : 択一式

設問数 : 10

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : 持ち込み不可



コメント :
9問は前回と一緒です。
最初の一問が新しくなってましたが基本的問題です。…古い人権であり、現代的な意義持たないみたいな。中間期末課題やれば大丈夫です。





平成23年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
ほぼテキストからの出題でした。問9と問10はテキストにはありませんがも常識的なものです。 
放送授業を聞いていれば問題ないと思います。講義はとても興味深いみのでした。

@ 社会福祉構造改革について        (問2)
A 福祉契約の特徴について         (問4)
B 成年後見制度について           (問5)
C 日常生活自立支援事業の特徴について (問6)
D 福祉サービスの外部評価について    (問7)
E 虐待とDVについて             (Q3)
F 国家賠償訴訟について          (Q7)
G 福祉が契約化された後の行政の役割  (Q10)
H 福祉サービスの契約化の流れについて     H22年 1、2学期過去門にもあります。
     (教科書16Pを参考にしてください)
I 社会福祉権利擁護の根拠となる人権について  H22年 1,2学期過去門にもあります。
     (教科書259Pを参考にしてください)
   



平成23年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :その1
 通信指導問題と自習型問題から8問でておりました。
 9問、10問は別問題でしたが常識で答えられる問題です。
 問題の出題傾向が変わらなければ単位取得にはおすすめです。
 これからの福祉社会では知らなければならない常識を学習できたいい機会でした。

 1.社会福祉構造改革について
 2.福祉契約の特徴
 3.成年後見制度の説明
 4.日常生活自立支援事業の特徴
 5.福祉サービスの外部評価
 6.虐待やDVに関すること
 7.福祉分野における国家賠償保証
 8.福祉が契約化された後の行政の役割
 9.福祉サービスの契約化という流れに関する記述で正しいもの
10.社会福祉における権利擁護の根拠となる人権に関する記述で正しいもの



コメント :その2
 過去の問題を中心に勉強することが一番だと考えます。その点大変助かりました。
 今回もその方法で勉強しました。
 いつも有り難うございます。今度も8割は過去問と同じような問題でした。
 


コメント :その3
問1〜問8は通信指導問題からの同じ問題。
通信指導問題に照らし合わせて参照して下さい。

問1.社会福祉基礎構造改革
問2.福祉契約の特徴
問3.成年後見制度の説明
問4.日常生活自立支援事業の特徴
問5.福祉サービスの外部評価
問6.虐待やDV
問7.福祉分野における国家賠償訴訟
問8.福祉が契約化された後の行政の役割
問9.福祉サービス契約化という流れ
   →民間活力の活用と行財政改革は表と裏の関係にある。
問10.社会福祉における権利擁護の根拠となる人権
   →・・・・



平成22年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :その1

4択。 正しいもの・誤っているもの・適切でないものの選択

1.借地制度に関して
2.福祉契約の特徴
3.日常生活自立支援事業の特徴
4.福祉サービスの外部評価について
5.指定介護老人福祉施設への入所に関して
6.虐待やDVに関して
7.国家賠償訴訟に関して
8.福祉が契約化された後の行政の役割に関して
9.福祉サービスの契約化という流れに関して
10.社会福祉における権利擁護の根拠となる人権に関して

中間と自習問題から8問。
中間と自習問題のところをやっていれば、合格ラインかと思います。


コメント :その2

問1 措置制度について 中間課題問1
問2 福祉契約の特徴  中間課題問4
問3 日常生活自立支援事業の特徴 中間課題問6
問4 福祉サービスの外部評価 中間課題問7
問5 指定介護老人福祉施設への入所に関する記述 自習型問題Q1
問6 虐待やDV 自習問題Q4
問7 国家賠償訴訟 自習問題Q7
問8 福祉が契約化された後の行政の役割 自習問題Q10ほぼ同じ
問9 福祉サービスの契約化という流れに関する記述 H21.2学期試験問題問8
問10 社会福祉における権利擁護の根拠となる人権に関する記述 H21.2問9

中間課題や過去問中心の問題を少しアレンジした感じでした。
いつもお世話になっているので、投稿しました。

コメント:その3

問題は10問

中間・自習から8問でました。
中間と自習の内容をよく見ておくと確実かと思われます。

問9福祉サービスの契約化という流れ
問10社会福祉における権利擁護の根拠となる人権
の答えを自分で教科書で確認してみたものの、「絶対これ」と言う自信がないので正しい答えを教えてもらえると助かります。

私は、問9…4.問10…3が正しい答えではないかと思ったのですが…どうですか?


平成22年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可

コメント :
平成22年1月

通信問題と、自由課題から8問でました。
・社会福祉構造改革
・福祉契約の要素
・成年後見制度
・指定介護老人福祉施設への入所
・虐待やDV
・行政処分
・国家賠償
・措置制度

その他2問は、福祉サービスの契約化と、人権についてでした。



平成21年7月
択一式か記述式か : 択一式

設問数 : 10

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : 持ち込み不可



コメント :その1
テキストを通読し、通信課題をきちんと覚えていけば@は取れると思います。
細かい年号や法律等を問う問題はありませんでした。
・措置制度
・福祉契約の要素
・成年後見制度の説明
・指定介護老人福祉施設への入所
・虐待、DVの特徴
・行政処分とは
・国家賠償法とは
・措置制度 行政の役割
・福祉サービスの契約化
・人権について



コメント :その2
4問択一式で、8問はレポートと自習型問題からそのまま構成されている。
1.レポート1の問題
2.レポート3の問題
3.レポート5の問題
4.自習型問題1の問題
5.自習型問題3の問題
6.自習型問題5の問題
7.自習型問題7の問題
8.自習型問題9の問題
9.福祉サービスの契約化についてp16
10.社会福祉における権利擁護の根拠となる人権についてp259


コメント :その3
中間課題と、後ろについている自由課題をやっていればなんとかなります。

1・措置制度に関する記述
2・福祉契約の要素
3・成年後見制度について
4・指定介護老人福祉施設について
5・虐待やDVについて
6・行政処分に関すること
7・国家賠償訴訟について
8・措置制度における行政の役割
9・福祉サービスの契約か
10・社会福祉における権利擁護の根拠となる人権に関する記述

がんばってください!


平成21年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :その1

中間レポートから同じ問題が5問。残り5問は9章から15章の中から。
印刷教材をある程度見ていれば、6割は取れると思います。
問題に出る文言に癖があるので分かると思います。



コメント :その2

10問中、中間レポートから5問出題。
その他、
・国家賠償請求の責任の範囲(判例から)
・行政処分について
・配偶者暴力支援相談センターの設置義務について
・児童虐待を発見した時の通報義務
などです。
テキストの、前半から5問・後半から5問。
その内、前半5問はいずれもレポートの問題でした。
問題(選択肢)の、語尾のニュアンスがややこしいので、勘違いしないように、熟読が必要です。