共通科目 一般科目(社会系)


社会福祉入門(’12)


トップページに戻る

平成27年1月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可


コ メ ン ト :
 授業は1回も視聴せずに、中間・過去問を中心に勉強して単位を習得できました。


平成26年7月 
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン ト : 全て、中間課題や過去問から出題されました


平成24年1月

択一式か記述式か :択一式

設問数 :10

出題元 :テキスト中心

持ち込み可能か :持ち込み不可




コメント :
全て四択のうち「誤っているものを一つ選べ」という形式でした。

1.井上友一「風化行政」、1950年社会保障制度審議会の勧告、社会福祉事業法制定年度、社会福祉関係八法改正

2.ベヴァリッジ報告、ハル・ハウス、新救貧法、COS

3.エスピン・アンデルセン「福祉資本主義の三つの世界」、第六番目のソーシャルサービス、ソーシャルインクルージョン・ノーマライゼーション、世界初の社会保険

4.1990年社会福祉事業法改正のポイント、2000年社会福祉法改称・改正

5.ソーシャルワークの展開、ソーシャルニーズ論、ソーシャルワークの実践(P142)、ソーシャルワークの展開過程

6.在宅福祉サービス、在宅福祉サービスにおけるケアマネジメント、家政サービスについて

7.地域福祉計画策定(P214)、福祉アクセシビリティ、地域福祉計画の策定義務

8.社会福祉という言葉が法律上登場するのは?、「社会保障制度に関する勧告」(P37)、自立生活支援の考え方、社会サービスという言葉

9.コミュニティソーシャルワーク、バークレイ報告

10.博愛の精神、ソーシャルインクルージョン、協同組合など(講・結?)


以上選択肢のキーワードを並べました。
通信・自習課題の選択肢に似た選択肢もありました。
かなりテキストを読み込みましたが、それでも迷う事が多く、難しく感じました。




平成22年7月

択一式か記述式か : 択一式

設問数 : 10

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : 持ち込み不可



コメント:
すべて
4択で誤っているものを選ぶ問題が9問、正しいものを選ぶ問題が1問でした。

過去の試験情報から、テキスト前半部に問題が集中している印象がありましたが、後半部からも案外出題されていました。

 

テキストの内容は最後まで一通りさらっておく必要があり、46章の年号や出来事は絶対に覚えておかなければなりません。選択肢を確実に絞り込むことができるからです。

それ以外でもテキストに確かに書いてあったけど、そこまでしっかりと覚えていないといったものもありました。

通信指導の問題がそのまま出ていた問題は1問もありませんが、選択肢を一つずつ丁寧に読み込み、わからないところは一通り調べておくと役に立ちますし、実際に試験で解ける問題が多かったように思います。

 

授業はほぼテキストどおりですが、講師の説明は大局的な理解を促すための説明なので、まずテキストを一通り読んでから講義を受けられたほうが理解できます。

日本社会事業大学の講師なので、学校のいろいろな施設から講義を行っているのはおもしろかったです。

 

おもなものを取り上げてみました。

11章の数字(合計特殊出生率、高齢化率、人口構成、平均寿命)

223章(鰥寡孤独の弧とは何か、ソーシャルインクルージョンとノーマライゼーション、社会福祉とはどのような制度か)

34章(風化行政、社会保障制度審議会勧告、社会福祉六法、社会福祉八法改正)

45章(ベヴァリッジ報告で取り上げられた解決すべき社会問題、ハルハウスの設立者、新救貧法の内容、COSの組織)

56章(社会福祉事業法と社会福祉法、時期ごとの改正内容を整理)

67章(ケアマネジメントの原則、在宅福祉サービスの目的、在宅福祉サービスの中の家政サービスについて)

78章(ソーシャルワーク機能、入所型施設のアセスメント、ソーシャルワーカーの関わり方、ICF)

8910章(ソーシャルワークの展開・実践、ブラッドショウのソーシャルニーズ論で日本ではどの分類が重要か)

911章(コミュニティソーシャルワーク)

1012章以降(人権擁護−虐待に関する法律と年号、社会福祉士の倫理綱領、3つのゴール、ソーシャルセキュリティ)

1012章以降をさらっておかないといけない印象をもたれるかもしれまんせんが、実際は市町村地域福祉計画の策定が社会福祉法で義務化されていないということを知っていれば、()内のことを一つも知らなくても簡単にさばけます。



平成21年7月
択一式か記述式か : 択一式

設問数 : 10

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : 持ち込み不可



コメント :
法律とか○○宣言とかの成立年度とか、すごく微妙なところをついてきてました。
全問「次の中で誤っている文章をひとつ選べ」っていう問題やったんですが、 違っているとこが細かい部分なんで、テキストの内容きっちり覚えておく方がいいと思います。



平成21年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :その1

問1.社会福祉法の改正 1990年
問2.在宅福祉 誤りを選ぶ 家族の介護を前提として
問3.社会福祉法の改正
問4.コミニュテイソーシャルワーク
問5.児童虐待防止法 高齢者虐待防止法
問6.地域福祉計画
問7.社会保険制度は1883年アメリカが世界最初か
問8.2000年社会福祉法の理念
問9.ロンドンCOSは行政の補完か
問10.1950年「社会保障制度に関する勧告」では、社会福祉は貧困を救済する公的(国家)補助の事をさしていたか

中間問題をやっていれば、ほとんど解る。
外国における展開の章で、人名を押さえておく必要がある。

あまり難しくない


コメント:その2

中間課題と同じ問題は全くなかったと思います
選択肢も多少変えてあったと思います
過去問からも同じ物はでませんでした

身心障害者法

生活保護

劣等処遇の原則

社会福祉法

教科書を何度も読みましたが 全くわかりませんでした。内容をしっかり理解しておかないと解けないと思います。
コメント:その3

H21、1月の試験です。
テキストは読みましたが、正直難しかったですね。
以前の過去問も利用させていただきました。過去問の範囲を理解しておけば6割はとれる問題なのかな?

もう一回受けようと思います。
覚えてる範囲で書きます。キーワードだけですが・・・うろ覚えですが参考にしてください。

P37〜38 社会福祉と社会保障の違い
P40 社会事業=ソーシャルワークと同義語
P41 イギリスのベヴァリッジ報告
    6番目のパーソナルソーシャルサービス
P45 家政管理的自立 金銭管理も含む?みたいな感じの問題
P53 社会福祉事業法
P55 社会福祉事業主事設置に関する法律
P65 ハルハウス
P67 対人社会サービス
P69 COS
P74 世界最初の社会保険制度=ドイツ
P79 1990年改正 社会福祉事業法
    2000年 社会福祉法に改称・改正
    1990年の改正ポイント
P82 障害者基本法
P83 地域保健法
    ハートビル法
P84 社会福祉法の改正ポイント
P87 障害者自立支援法
P105〜 在宅福祉サービス
P118 ICF

まだあったとおもいますが・・とりあえず五択の選択肢の中にでてきたキーワードをのせてます。


平成20年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :その1

*合計出産特殊率とは
*ライフサイクルとは(通信指導と一緒)
*恤救規則について
*歴史上の史実に関する組み合わせ(院外救済でした。)
*社会福祉協議会について
*児童相談所の業務
*援助技術(間接技術を選ぶ問題)
*援助技術の原理
*社会福祉基礎構造改革(少し自信ないですが、たぶんこれだったと思います。)
*ゴールドプラン21

  以上です。 難しくはありませんでした。 
  


出題元 :    テレビやラジオ中心


コメント :その2

問1、合計特殊出生率について
問2、ライフサイクルとは
問3、ギルバード法ーー院外救済
問4、恤救規則の人民相互の情誼とは
問5?
問6、児童相談所(保健所だったかな?)の仕事について
問7、間接援助技術の種類ーーコミュニティーワーク
問8、援助技術の原理
問9、社会福祉基礎構造改革を行う理由について
問10、ゴールドプラン21について

テレビを録画し、続けてみていくとなんとなく言いたいことが見えてきます。
過去問と、レビでパネルとして出ていたものを抑え、中間課題を見直しておくと良いかもしれません。

出題元 :    テキスト中心

コメント :その3

1.合計特殊出生率とは
2.ライフサイクルとは
3.忠史 R.オーウェン、M.リッチモンド、ギルバート法、エリザベス法
4.恤救規則
5.社会福祉協議会
6.児童相談所
7.間接援助技術
8.援助技術の原理
9.ゴールドプラン21
20.社会福祉基礎構造改革

以前とても助かったので乗せさせていただきました。過去問を一通りやっておけば、それほど難しくないと思います。


平成19年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
五者択一
テキスト全般から出題されていました。
問題の一例
5つの選択肢から
・ゴールドプラン21にあてはまらないものを選べ
・新障害者プランにあてはまらないものを選べ
・福祉六法でないものを選べ
・児童相談所が行っていないことを選べ
・精神保険福祉施策の中で保健所の管轄でないものを選べ
・イギリスの社会福祉の史実の組み合わせから正しいものを選べ
 (今年の正解はサミュエル・バーネット−トインビーホール)

コメント:その2


@社会福祉制度として明確化されていないもの
A自助・互助・共助・公助
Bイギリスの福祉の歴史
  人 − 行った事 正しい組み合わせを選択
C福祉六法でないものを選択する
Dゴールドプラン21の政策は何か?
E新障害者プランの政策は何か?
F社会福祉援助技術にどんな技術があるか?
G児童相談所の業務は何か?
H精神保健福祉施策で保険所の役割(施設?)でないものを選ぶ
I社会福祉基礎構造改革の考え方でないものを選ぶ



平成19年1月
択一式か記述式か :    択一式
設問数 :    10
出題元 :    テキスト中心
持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
覚えている範囲で。
・憲法第25条
・少子高齢化
・高齢化、超高齢化
少なくて、すいません。
教科書を何回か読む必要があると思います。




平成18年7月
一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可

コメント :
・憲法第25条

・法律と西暦、人物と史実の組み合わせなどから、正しいものを選ぶ問題と間違っているものを選ぶ問題

・エンゼルプラン

・児童相談所の行っていること

・身体障害者施設福祉施策のうち、地域利用施設を選ぶ問題

・援助技術の原理

通信指導の問題の形式は同じですが、内容が同じものはありませんでした。 



平成16年1月
科目名 :    社会福祉入門

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :
1.エリザベス救貧法

2.社会福祉の歴史

3.生活保護法

4.法律と西暦の間違い一つ選ぶ

5.介護保険制度

6.スーパービジョン

7.専門教育

8.三大福祉計画

9.社会福祉基礎構造改革

10.?

*一通り教科書で、学習を積み重ねたほうが良いかと思います。



平成14年度2学期末単位認定試験情報

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可

コメント :

・ライフサイクルについて

・慈善組織協会の主たる機能

  1)申請者の調査  2)給付者の登録  

  3)友愛訪問員制員 4)需給をめぐる調整活動

・社会福祉の歴史(2)

  明治時代の窮貧者の取扱例で関係のある人物の行った事柄(設立など)

  石井十次ー岡山孤児院

  横山源之助ー日本の下層社会など

 社会福祉の歴史(2) 最近の動向から

 空欄に適切な用語を入れた場合・〜・の組み合わせの中から正しいものを1つ選びなさい。

 比較的長期にわたって続いた日本の(  )もドルショック、オイルショックなど の(  )の波を受けて50年前後から次第に低成長の時代へと突入し、これまで豊かな(  )に支えられてきた政府や自治体の(  )に多くの陰りが見え始め、これ以上の福 祉充実が不可能であるという(  )論が台頭し、50年代以降社会福祉は大きな転換期を迎えることになった。

・児童福祉施設

・老人福祉

・介護保険制度

・社会福祉基礎構造改革



テキスト持ち込みは気分的に楽ですが、どこに何が書いてあるか把握していないと探すのに時間がかかります。(自分がそうでした・・・。)



平成13年2学期末
印刷教材:持込可

生活保護法の原則
英国救貧法の内容<1869年、ロンドン>
福祉に関する4つの原則
自動の自立支援施策に内容について
身体障害者福祉施策の事業の種類
デイサービスの事業内容
スーパービジョンの内容
ソーシャルワーカーの基本構造

在宅リハビリテーションの対策範囲

平成12年度2学期末
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可

コメント :

●自助ー自己責任、互助ー共助、人権の尊重と公助

●自助について

●社会福祉の歴史

●生活保護法の原理

●保育について

●子育てについて

  虐待の種類、母子のストレス

●老人福祉

  介護保険

●スーパービジョン

●方法と技術

  アセスメントについて

●資格制度

国家資格、任用資格



テキストも厚く、覚える事が多いので不安でしたが、比較的、基本的な事が中心でした。



平成10年度1学期末
記述式

1.後半7回を中心に学んだことを400字以内で記述。

六法全書持込み可能なので、出来る限り利用すること。