専門科目 生活と福祉


生活知と科学知('09)


トップページに戻る


 平成26年7月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 15

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン ト :
 各章ごとに設問があります。
 私は4回分の過去問を持っていましたが、全体の2/3は出題されていました。
 提出用課題と自習用課題からは、それぞれ1問ずつ出題されていました。



 平成26年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 15

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可


コ メ ン ト :

生活知について
極性について
21世紀の科学技術リテラシー像プロジェクト
科学技術が内包するリスク
生活経営の要素
知識基盤社会の説明
科学技術コミュニケーション
リスクガバナンス
科学哲学
市民的パトロネージの具体的な出題
アサザプロジェクトの具体的な出題
知のコミュニケーションを進めるにあたって


 今回は、出題した部位に若干の偏りがみられました。最新の過去問2回分は類似しているのに、この度は二番目に名前のある先生が作ったように感じるものでした。過去問か課題の中から数題出ているのはいつも通りでした。今回は突っ込んだ設問が数題あったので、平均点は下がっているでしょうが、テキストを通読してあれば、難なくこなせるものです。今回は属性の話が出題されていましたが、こちらも、同様にまんべんなく見てあれば、全て不適切を回答すれば良い傾向は変わりないですから、問題ないでしょう。


 平成25年7月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 15

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン ト : 通信指導問題・自習型問題から4問くらいであとの11問くらいは印刷教材からでした。

 放送授業で特に第2・3回目の内田先生の授業はわかりやすくて料理があまり好きではなかった私が料理が少しずつ好きになりました。


平成23年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可




コメント :
総じて単位認定では難しい部類に入る。教科書持込でないので覚えておかなけ
ればならない項目が多い。4問は添削問題と自習型問題から2問づつ。設問数
は15問であるが60の問題が出されているということ。
問い1.(以下問いは略す)
   欠如モデル
2、生クリームの泡立て
3、PISAの調査に関して
4、批判的思考(クリティカルシンキング)について
5、生活経営の構成要素
6、社会技術を説明する内容
7、科学技術が内包するリスクに関する基本的な考え方
8、英国における科学技術コミュニケーションのスタイルが、1990年代
  後半から一方的な「啓蒙型」なものから双方的な「対話・参加型」なも
  のに変化してきた理由
9、「地域基盤社会」について
10、科学への資金援助について
11、商品テストについて
12.リスクガバナンスに多様な人々が参加する意義
13、アサザプロジェクトについて
14、合理主義について
15、知のコミュニケーションと生活者について

 今までの傾向としては前期の問題が出るということはありませんでした。

平成22年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :その1
4択。 誤っているものを選ぶ

1.生活知と科学知の特徴について
2.界面活性剤について
3.健康情報について
4.生活経営の構造と要素について
5.安全・安心を構築するために専門家と生活者が果たすべき役割に関して
6.サイエンスショップの活動目的について
7.市民と研究の関わりについて
8.テクノロジーアセスメントについて
9.ローカルな知識について
10.科学哲学について

中間と自習問題から4問。



コメント :その2
全て4択問題
01 生活知と科学知の特徴 (通)
02 界面活性剤
03 健康情報
04 生活経営の構造と要素 (通)
05 安全・安心構築
06 サイエンスショップの活動目的 (自)
07 市民と研究の関わり
08 テクノロジーアセスメント
09 ローカルな知識
10 科学哲学 (自)

通信指導および自習問題から各2問出た(よって全体の復習は不可欠)

この科目の主観評価
講義満足度:3 教材完成度:3 試験問題適切か:4 お勧め度:3

コメント:その3

問題は10問

中間と自習問題から4問でました。
中間自習と似たような範囲からも出ました。

問2の界面活性剤についてと問8の「テクノロジーアセスメント」についての答えが自信ありません。
どなたか分かる方いらっしゃいませんか?
いらっしゃったら教えてください。


平成22年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
全て4者択一問題(誤探し)

問1 極性について
問2 科学的思考法
問3 社会と科学技術
問4 安心を得るための専門家の役割
問5 サイエンスカフェ
問6 大学・研究者・学生・市民に対してサイエンスショップの活動がもたらす効果
問7 大学についての説明
問8 専門家と生活者による商品の説明
問9 保全生態学
問10 知のコッミュニケーションと生活者について

§2〜15満遍なく出題された。
前期と同一問題は少ない。
通信指導問題との関連は判らない。



平成21年7月
択一式か記述式か:択一式

設問数: 10

出題元:

持ち込み可能か:


コメント:

問1 生活知と科学知の特徴について
問2 おばあちゃんの知恵について
問3 メディアテラシーについて
問4 安全と安心に関する基本的な考え方について
問5 科学技術コミュニケーションの目的や効果
問6 サイエンスショップについて
問7 市民的パトロネージについて
問8 ガバナンスの概念
問9 地域に根ざした知について
問10 科学社会学について(マートン、フォアマン、モード、シェイピン など)