専門科目


Political Economy of Japan('10)


トップページに戻る


 平成26年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 辞書/電卓持ち込み可


コ メ ン ト : 
印刷教材・ノート、英和辞典、和英辞典、英英辞典持ち込み可。
 ただ、和英辞典と英英辞典については出番はなかった。

 問1 Among the following statements @ to C regarding the currrent position of Japan in the world, which one is the closest to the statistical truth?

 問2 Regarding the recent decline in the household saving rate in Japan, which of the statements @ to C gives the most accurate account?

 問3 Regarding the Japanese labor market, which of the statements @ to C is a fair characterization of the contemporary trend?

 問4 Which of the statements @ to C is the point the author is trying to make in "Bubble Economy and Its Aftermath" in the textbook?

 問5 Which of the following items  @ to C does the authou see as unavoidable public expenditures in "The Fiscal Reconstruction or Fiscal Realignment"?

 問6 'Japan lacks natural resource endowment within her territory. Hence she is vulnerable to the possible energy shortage that is expected to arise as increasing number of countries participate in the development race.' Which of the comments @ to C misses the point?

 問7 How is sustainable society possible for Japan under global environment constraints? Choose the correct answer from among @ to C.

 問8 Which of the statements @ to C was not meant by the author of "Chapter 11 Isn't it Happiness That Counts?" in the textbook?

 問9 Which of the statements @ to C is a correct description of Japan's civil society?

 問10 Regarding the factors that contributed to the high growth of the Japanese economy from 1955 to 1973,which of the statements @ to C is true?


 *1学期と比べて難しくなっているといった印象。
 *過去問からの出題が多いので、過去問は最低2回分は見ておいたほうが良い。
 *手っ取り早く単位が取りたいという人には勧められない。他方、しっかり勉強したい人や林先生のファンにはおすすめ。
 *通信指導は記述式。8題からテーマを1つ選び、それについて日本語3000字以内か英語3000語以内で論述。



平成25年7月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : どちらともいえない

持ち込み可能か: 辞書/電卓持ち込み可



コ メ ン ト : 簡単でした。


 平成24年1月
 
択一式か記述式か :択一式

設問数 :10

出題元 :テキスト中心

持ち込み可能か :辞書/電卓持ち込み可



コメント :
問1 Among the following statements @ to C regarding the currrent position of Japan in the world, which one is the closest to the statistical truth?

問2 Regarding the factors that contributed to the high growth of the Japanese economy from 1955 to 1973,which of the statements @ to C has been disqualified by serious research?

問3 Regarding the recent decline in the household saving rate in Japan, which of the statements @ to C gives the most accurate account?

問4 Regarding the relathionship between Japan's demographic change and income disparity, which of the statements @ to C gives the most accurate description?

問5 Regarding the assertion that lifetime employment has gone from Japan, which of the statements @ to C describes most accurately the current situation in Japan's labor market.

問6 Is Japan an information-based economy? Choose the most appropriate statement from among @toC.

問7 'Japan lacks natural resource endowment within her territory. Hence she is vulnerable to the possible energy shortage that is expected to arise as increasing number of countries participate in the development race.' Which of the comments @toC misses the point?

問8 How is sustainable society possible for Japan under global environment constraints? Choose the correct answer from among @ to C.

問9 Which of the statements @ to C is a correct description of Japan's civil society?

問10How is the concept of 'well-being nation' different from the Scandinavian model of 'welfare state' according to the author of the chapter 'Toward a 'Well-Being' Nation'?
Choose the most appropriate statement from among @ to C.




前回/前々回の試験で出題のなかった6,8,9,10章から出題され、驚きました。

この1科目で3科目程の勉強時間を要しました。急ぐ方にはおすすめしません。

テキストの内容は経済の入門といった感じで面白かったです。試験問題そのものは計算問題もなく、平易です。しかし、選択肢の英語が容赦ないです。どちらとも選び難い紛らわしい英語で問われたものがいくつかありました。

私の英語力は、この科目のレポートを英語で作成した程度のものですが、テキストに和訳を書いて挑みました。

二度目の挑戦で満点合格/卒業となりました。このサイトではお世話になりました、ありがとうございました。

平成23年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    辞書/電卓持ち込み可



コメント :
1.日本の労働市場の現在の傾向として正しいものを選ぶ。
2.経済発展と幸福の関係について正しいものを選ぶ。
3.日本はCivil Societyが発展していないという意見に対する
 適切なコメントを選ぶ。
4.Chapter13の筆者の意見と異なるものを選ぶ。
5.Chapter14の筆者の意見と異なるものを選ぶ。
6.Chapter15の講義で述べられていたものを選ぶ。
7.Chapter1の内容と一致するものを選ぶ。
8.Chapter3の筆者の意見と合致するものを選ぶ。
9.Chapter4で筆者が避けられないとしていた財政支出は何か。
10.日本の貯蓄率が減少している理由として最も有力なのは何か。

英和・和英・英英辞書も持ち込み可でした。

個人的にはかなり難しく感じました。
テキスト持込可ではありますが、テキストが英語であるため、該当箇所を探したり、その部分を読んだりするのにかなり手間取ります。

ちなみに、本科目はテストは択一ですが、通信問題は記述です。
(いくつかのテーマの中から、ひとつ選び、日本語3千字以内または、英語3千語以内で記述する。)



平成23年1月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    辞書/電卓持ち込み可



コメント :
・the current position of Japan in the would
・高度経済成長
・貯蓄率
・統計学上の変化・収入
・the Japanese labor market
・経済成長とhappiness
・civil society
・Chapter 13。筆者の意見
・Chapter14。筆者の意見
・Chapter15。(おそらく)筆者の意見

 英語が媒体の科目だから、択一試験は易しめに作ってくれるかな? とは甘い考えでした。しっかり読み込んでおくことをお勧めします。
また、当該先生は『世界の中の日本』も担当しています。この教科のテキストは、当該科目の理解を支えてくれます。
 試験では、“否定の意味を持つ形容詞”に注意です。
 林先生の授業は深く、テキストを読むのは大変ながらも、とても楽しかったです。(あとは、単位さえ取れれば……)
ちなみに、レポートは記述(日本語又は英語で)でした。