専門科目


認知神経科学('12)


トップページに戻る


 平成26年1月
択一式か記述式か: 記述式

設 問 数 : 2

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可


コ メ ン ト : 

道又先生と岡田先生の領域から1問ずつの設問があり、どちらかに記述で回答する方法です。これまでと同様。テキストを読んで内容を50%位理解できていたらテキストを見ながら設問には答えられる。

今回は道又先生から注意に関して、岡田先生からはストレスとホルモンに関して設問されていました。

私は医療職に就いているのでストレスとホルモンの分野はわりと分かりやすかったので答えられたが、最期は時間ぎりぎりでした。記述に慣れておく必要があるかも知れません。過去問の回答例をみると道又先生の回答は起承転結を重んじ、岡田先生は説明に終始している感があり二人の授業内容や人柄が出ているような気がしますよね。



平成25年1月

択一式か記述式か: 記述式

設 問 数 : 2

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可



コ メ ン トその1 : 2013年1月

1
PETやFMRIなどの脳機能画像研究における引き算とはなにか具体例で説明しなさい

2
覚醒と睡眠の神経伝達について脳部位や神経伝達物質を具体例をあげて説明しなさい認知神経科学において覚醒や睡眠について研究する意義についてのべよ


どちらか一つ選んで800文字以内で説名せよ

コ メ ン トその2 :

1.脳画像診断における引き算法について述べよ、意義、問題点についても述べよ。
2.睡眠と覚醒について・脳部位、神経伝達物質を具体的に上げて説明。
その研究の意義に付いても述べよ

この2問のうち、一問を選んで800字以内で書く。


提出課題や、中間課題とそっくり同じ問題が出ると思っていたので、違う問題が出たので焦った。
ただ、まるっきりかすりもしないような問題ではないので、両方の課題をまとめておくのは意味があると思う。
時間の都合で、講義は聴いていないが、課題をまとめ、教科書を読んでおくと何とか対応可能。
教科書持ち込み可だからといって何も準備をしないと、きついと思う。
記述に慣れてないと思う方は、自分が800字書く時間がどのくらいかかるか測っておく事。
逆算すれば自分の考える時間がどのくらい、取れるか出る。