共通科目 一般科目


日本語表現法('07)


トップページに戻る


平成24年1月
択一式か記述式か : 記述式

設問数 :  2

出題元 :  テキスト中心

持ち込み可能か : テキスト持込可



コメント :
和辻哲郎『風土』より設問あり

問@内容の構成と読み取りを指し示すP117参照
問A自分の考えを400字で述べる

問題文を理解し読むのに読解力が弱い方は時間が掛かります。問Aは,まとめて書くことを日ごろから練習するとスムーズです。





平成23年7月

択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :その1
   


出題元 :    テキスト中心



コメント :その2
 こちらの過去問題で知って居る通りの問題が出ました。

 第一問は、勿論出された問題の、教科書(テキスト)第9章の方法での分析問題です。個人的にはそんなもの出来ませんが、適当にやってしまいました。
第9章に出て来るものはあくまで参考なので、此れでもいいと思います。
 第二問は、出題された問題の中の「生態系のいのち」という言葉について、400文字以内だったでしょうか、あなたの考えを書け、といったものでした。

 ちなみに出題問題ですが、何か信州大学辺りの、生態系と生態学についての内容だったような…その文章を読んで、時間以内(50分)にこの二問について書け、という事でした。
 こちらの過去問サイトが無ければ、きっと出来無かったと思います。

 出題文章問題について書くと、先ず或る生物が出す廃棄物を別の或る生物が利用する様な事が有るという仮定から始まり、生態系の安定する4条件を挙げ、締めくくりとして其れをまとめ、人間も此の様な生態系の一員としての視野を持つなら、其れを探究する「生態学」の「環境問題」に提言できる事は有るだろう、といった様な内容でした。

 少しでもお役に立てるなら、拙文でも書いて置きます。


出題元 :    どちらともいえない


コメント :その3
[自然保護を考える]
問1 この文章をの内容や構成を読み取り、わかりやすく示しなさい。
       放送教材第9回・印刷教材第9章の[日本の住居]を参考
問2 [生態系のいのち]ということについて、あなた自身の考えを400字以内で述べなさい。



平成23年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    2

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    テキスト持込可




コメント :
「日本人および日本文化論」の中の「春・秋ではなく、夏・冬の日本」についての文章を読んで
@この文章の内容の概略や構成を読み取り、分かりやすく示せ。様式は任意だが、文章の構造化のような示し方を参考のこと。
A風土や季節と生活との関係についてあなた自身の考えを問題文を踏まえて400字以内で書け。



時間が足りません。読む5分、構造化15分、意見30分、それでもギリギリでした。「丁寧且つ迅速に」、スピード勝負です。




平成22年7月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :その1

登坂潤「娯楽論 民衆と娯楽・その積極性と社会性」

問1.構造図を書きなさい(P117構造図 参照)
問2.「娯楽」のについてあなた自身の考えを400字以内で書きなさい。



出題方法は過去を踏襲しています。問題となる文章が毎回違うみたいです。時間配分は重要です。他の人が記述されている時間配分でいけますので一読しておいて下さい。

テキスト持ち込み可ですが、読み直している時間はまずありませんのでご注意を!



コメント :その2

印刷教材・ノート持ち込み可でした。

戸坂潤さんの「娯楽論 民衆と娯楽・その積極性と社会性」の一部についてで、問1がこの文章の内容の概略や構成を読み取り、それをわかりやすく示しなさい。示し方の様式は任意ですが、印刷教材第9章で、深作光貞「日本の住居」について示した構造図のような形式を参考のこと。
問2「娯楽」についてあなた自身の考えを、問題文をふまえて400字以内で述べなさい。

解答用紙は切り離してからでした。

問題も切り離し可能だったので1枚ずつ切り離して解きました。

構造図の練習をもうちょっとしとくべきでしたね。

問1・2に何分か時間配分もしとくべきでした。

あと10分ぐらいは欲しかったです。見直す時間がありませんでした。

日本語表現法は将来に役にたつ科目なので小論文や記述式試験が苦手な方で得意になりたいという方にオススメの科目ですよ。



出題元 :テキスト中心


コメントその3

文章は、戸坂潤 「娯楽論−民衆と娯楽・その積極性と社会性−」の一部。

問1 この文章の内容の概略や構成を読み取り、わかりやすく示せ。
示し方の様式は任意ですが、印刷教材第9章で、深作光貞「日本の住居」について示した構造図のような様式を参考のこと。

問2 「娯楽」についてのあなたの考えを、問題文をふまえて400字以内で述べよ。



文章を書くことが苦手で何とかならないかととった科目です。
このサイトのおかげで、過去に出された文章を読んで対策をできたので、感謝しています。
今回の文章は難しく、時間が足りないことがわかっていたので早く読もうとするあまり、意味を読み取れない部分がありました。構造図のために、読み返したら時間がとられて、問2にかけられた時間は、15分以下でした。自分の考えの文章は、教えられたように作っていく時間がなくて、散々な出来です。
構造図も文章を並べたとりあえずの図になってしまいました。

でも、解答用紙は埋めたので、合格できると信じています。

出題元 :    どちらともいえない



コメント :その4

戸坂潤の「娯楽論」について
1、構造図で示す
2、問題文を踏まえて自分の考えを書く


難しくて、てこずりました。



平成22年1月
択一式か記述式か :   記述式

設問数 :   

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :その1

内容問題はテキストの中ではありません。駄洒落に関する、昭和初期?の文豪の作品でした。

”これ何?”と言う駄洒落に関する文書問題ですが、駄洒落で質と量の考えが今一わかりずらかったです。其れを図式に描く、そして其れを質と量をふまえて感想文の2問でした。

わかりやすい文書を書く事が講義のポイントだったのに出題問題がこんなの?

迷い戸惑いましたが一応時間内で書きました。私の文書は、支離滅裂でしたのに@判定に首傾げでした。



コメント :その2

問1 駄洒落について書かれた文章「偶然から生まれた駄洒落(だったと思います)」を読み、構造図を描け。

問2 駄洒落についてあなたの考えを、文末にかかれてある質的関係、類的関係をふまえて書け。

構造図の練習をしていきましたが、問2は自信なし。。。
「質的関係、類的関係をふまえて」という文章があったため、余計迷ってしまいました。
21年度7月でコメントを書いていた方と同じアドバイスになりますが、最初の10分でよく読み理解して、10分で構造図をかいて、あとは2問目にうつるくらいの気持ちでいかないと時間的に足りません。



設問数 :    2

出題元 :    どちらともいえない


コメント :その3

九鬼周造「偶然の産んだ駄洒落」
問一
 この文章の内容や構成をわかりやすく示しなさい。
 示し方の様式は任意ですが、印刷教材第9章で、深作光貞「日本の住居」について示した構造図のような様式を参考のこと。

問二
 駄洒落についてのあなたの考えを述べなさい。
 その際、文章中の「量的関係」、「質的関係」を踏まえること。

過去問と同様の傾向でした。
「「量的関係」、「質的関係」を踏まえること」という部分をどう扱えばよいかなかなか決まらず時間が足りませんでした。





平成21年7月
択一式か記述式か : 記述式

設問数 : 2

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : テキスト持込可




コメント :その1
今期から問題用紙を持ち帰れますが、課題文を転載すると長くなるため、設問のみ記します。

・次に掲げる文章は、松濤明「山想う心」(昭和五十八年初出)である。この文章を読み、次の問一、問二に答えなさい。

問一
 この文章の内容や構成をわかりやすく示しなさい。示し方の様式は任意ですが、印刷教材第9章で、深作光貞「日本の住居」について示した構造図のような様式を参考のこと。

問二
 筆者にとって登山がどのような意味を持っているか、あなたの考えを四百字以内で述べなさい。


【傾向と対策】
例年どおり、かつ自習型問題と同じ記述式です。
試験後、喫煙所で数人の方の話をうかがったところ、みなさん、問一(読解&構造図)に手間取ってしまい、問二を十分にこなせなかったと仰ってました。

ここで情報を得ていた私も、いざ課題文を前にすると抽象的で読解しにくく、焦りましたが、

・まずは10分かけて、課題文を読みながら「考え」「理由」部分に傍線を引いてチェック
・10分を目安に構造図を完成させる(あまり形式にとらわれず、ポイントを押さえれば得点できるつもりで)
・残り30分かけて構造図をもとに「筆者の考え」に対して「自分の考え」を述べる読解型作文(第10章)に挑む

こんな感じで取り組みましたが、それでも問二については、考えを述べる文というよりは感想文に近くなってしまいました。
同様の傾向が続くなら、読解と構造図の書き方を徹底的に練習する方向で学習すると効果的でしょうね。ここで筆者の考えを的確に把握できれば、それを反映しつつ読解型作文を何とか埋めてジャスト50分、という感じしょう。



コメント:その2
出題元 : どちらともいえない

構成図の練習をしておいた方が良いと思いました。
私は練習してなかったので、何度も消しては作り直しを繰り返しました。
放送&テキストは3回ほど、流し読み(聴き)しました。
基本が多いですが、役に立つ教科だと思います。

コメント :その3
出題元 : どちらともいえない

ノート・テキスト持ち込み可能でした。問題は自習型問題と同様の内容でした。

文章は「松濤明 山を想う心」

50分のうちに、読んで構造図を作って、「筆者にとって登山がどのような意味を持っていると思われるか、あなたの考えを400字以内で。」

時間がなくて、あせりました。30分で退出した方が1人いました。余計にあせってしまいました・・・
原稿用紙は、最初に「題と名前」を書くべきか、ちょっと迷いました。
どうだったんでしょうね。やっぱり書くべきだったのかな?


平成21年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    2

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :その1

いつもお世話になっております。

1、「見ること」を読み、P117ページを参考に構造図を書きなさい。

 予想通り、過去問と同じ出題形式でした。ただし、テキスト内容がとても抽象的なものだったので、ポイントの把握が難しかったです。

2、1の内容を踏まえて「見ること」について書きなさい。(400字)

 自分の言葉で書くのが大切だと思います。思いのほか1で時間を使ってしまったので、時間いっぱいかかりました。(400字を25分で書かなければなりませんでした・・・)とりあえず、マス目は埋めました。

 時間ぎりぎりまで、皆さんかかっていたようで途中で退室する人はほとんどおりませんでした。

 この講義はとてもためになると思います。聞けなかったラジオ講義は春休みを使って、もう一度勉強するつもりです。先生の説明もとてもわかりやすく、お勧めの講座です。頑張って下さい!


出題元 :    テキスト中心


コメント :その2

中井正一「見ること」の意味

問1.構造図を書きなさい(書き方は自由だが、できるだけP117を参考に)
問2.「見ること」の意味について400字以内で書きなさい。

出題方法は過去問とおなじでした。ですが、練習していないと時間がたりません。
書き方は教科書巻末の「原稿用紙の使い方」を参考にしないと、二マスおかしいことになります。



コメント :その3

設問1.中井正一の「みること」を読んで全体構造図を書きなさい。
設問2.「見る」について400字以内で書きなさい。

前半は課題作文に取り組みました。
自分の考えが浮かべば、何とか埋めることが出来ます。
課題作文を終えてから構造図に取り組みましたが、時間が足りませんでした。
文章も少し古く、理解しづらかったです。
読解力不足を痛感しました。

他の方も時間が足りないと書いていますし、そのように感じている方がほとんどだと思います。パニックにならず、落ち着いて取り組むことが一番です。


コメント:その4

問1 「見る」について という題名についてだったかな?
   単文が出て、それについての第9章の構造図を書きなさい。
   でした。単文は教科書に載ってない例文でした。

   P117の構造図の仕組みはしっかりと把握しておいた方がいいと思います。
   特に筆者の考えである。『○○は▲▲である。』がなにかはポイントです。
   単文のキーワードを抜き取り方も、自分なりに練習が必要かと思います。

問2 「見る」について400字以内でかきなさい。

   自分なりの『考え』を問われるない内容です。
   先の単文からの筆者の考えを踏まえて、自分の『考え』を書くという内容です。

時間はぎりぎりでした。配分は先にしておいた方がいいでしょう。

私は20分を問1に、残りの30分を問2に使い、最後読み直しができました。
私なりの思いですが、単文は理論的で難しい言葉はっかりで、はっきりと内容は理解できませんでした。

この時間内では、理解は難しい内容だと思います。おそらくですが、単文は内容を理解するというより、筆者の『考え』と構造図・キーワードをいかに抜き取るかがポイントとおいているのではないでしょうか。そして400字の小論文では、自分の『考え』をいかに書くかが、ポイントかな?




平成20年7月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :
寺田寅彦の「春」という短文を読んで
@テキスト117pのように全体構造を書け
A「春」を読んで、400字で書きなさい

 時間が足りないと聞いていたので内容を把握し、構造を簡単にまとめた。400字書いたが、ポイントは自分の言葉でかくこと。書いた後で、構造にも後で気のついたテンを補足した。



平成20年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
問1 「言葉の教育」と「国際理解」という文を読んで、P117の図を参考に構造図を書きなさい

問2 「国際理解」について400字以内で書きなさい


コメント:その2

国際理解について書かれた文章を読んで設問に答える。

1.この文章の全体構造図を書きなさい。形式は自由ですが印刷教材p117を参考にしなさい。

2.国際理解について400字以内で書きなさい。

 

時間が足りず焦りました。ほとんどの方が時間いっぱいまで席を立ちませんでした。



平成19年7月


択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
寺田虎彦の「案内書」という文を読んで、p117の図を参考にキーワードで構造図を書けという問題と、それについて400字以内で書きなさいという2問でした。

案内書という文は難しくなかったですが、結論がはっきりしていないものだったので、図を書くのが大変で時間をとってしまい、残り20分程で400字を書いたので大変でした。

時間が無いので書き直しも出来ず、落としたかと思いましたが評価は良かったです。

ちなみに400字ほぼ埋めました。この教科は本当にためになったと思うので、かなりオススメです。


コメント :その2

寺田寅彦の文章を読んで答えなさい。
(テキストにはない文章で、長さはp.131〜133より少し短いくらいです)
 問1. テキストp.117のような全体構造の図を書きなさい。 
 問2. 「旅」と「案内」について400字程度で書きなさい。

 *読解型作文です。30分くらいで、突然出されたテーマに沿って、 400字の小論文が書けるようにしておいた方が良いです...。


コメント :その3
「旅と案内」という説明文を読んで、2問答えます。
1問  p.117を参考に、全体構造を図示する。
2問  読んだ上で、「旅と案内」について400字で書く。

感想  時間が足りないと感じました。
    最初に時間配分をして、2問目に時間をかけるようにしたほうがいいと思います。
    私は、キーワード作文のところにやまをはり、しっかり読んでいきました。それが少しは役にたったように思います。
    あせらず、何を書くか構想を練ってから書くといいと思いました。
   私は、2問目に20分しかなかったので、思いつくまま書いてしまいました。それが心残りです。


コメント :その4
問題数は2問。
寺田寅彦の随筆「案内者」を読んで

問1:テキストP.117のように全体構造を書け
問2:この文章を読んで内容をふまえた上で、旅と案内者について400字以内で書け

といった内容だったと思います。
初めて読む文章で、じっくり読んで内容を把握して、構成を考えて書くことをしていると、とてもじゃないですが時間が足りなさそうです。

ポイントは自分の考えを書く事、自分の言葉で書く事、文章の中からキーワードを見つけ出してそれを利用することでしょうか。

コメント:その5

問一

案内人(文章)を読んで、文章の構造とキーワードを教科書P117ページを参考に書け。

問二

旅と案内について400文字以内で述べよ。(教科書246ページ付録6が参考になります)


科目の学び方としては、教科書の各章ごとに有る【練習】を解く事が大切だと思います。