科目 大学院の科目


(大学院)コーポレート・ガバナンス('09)



 平成24年1月

択一式か記述式か :記述式

設問数 :1

出題元 :テキスト中心

持ち込み可能か :持ち込み不可



コメント :

【問題】

 次の二つの問から一つを選択し、解答しなさい。(200字以内)
  なお、複数問解答した場合や文字数を超過した場合は採点の対象とならないので注意すること。

問1 株主利益と企業自体の持続的発展はどのような場合に対立するか、箇条書きで答えなさい。

問2 あるべき内部統制のあり方と財政報告に係る内部統制制度との乖離について記述しなさい。

以上


平成23年7月

択一式か記述式か :    記述式(200字)

設問数 :    2

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
問1 委員会設置会社が普及しない原因は何か。それに代わる取締役会の改革案は何か。

問2 MBO (Management BuyOut) によってコーポレート・ガバナンスはどのように変化したか。

どのように試験準備したか

大学院の記述試験には注意が必要だ。テキストに記載されている事柄がストレートに出題される事はないという事だ。
問2には驚いた。テキストには無いし、放送中にあったかな?よく判らない。

一問選んで、200字だからかなりコンパクトにまとめないといけない。私の試験対策はというと、過去問も含めて全て出そうな問題をノートに書き写し、理解したうえで暗記した。



平成23年1月

択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    1

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
2011年1月21日実施
大学院 記述式 持ち込み不可

次の二つの問から一つを選択し、解答しなさい。(200字以内)
なお、複数問解答した場合や文字数を超過した場合は採点の対象とならないので注意すること。

問 1 社外取締役の実績を評価する最も重要と考える基準を三点挙げなさい。

問 2 あるべき内部統制のあり方と財務報告に係る内部統制制度との乖離について記述しなさい。