専門科目


今日のメンタルヘルス('11)


トップページに戻る



 平成26年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可


コメントその1 : 

9問は通信と過去問から出題された。

 新問題は、
 次の@〜Cのうち,正しいものを一つ選べ。
 確か答えは、
 ○神経症は比較的軽症の精神疾患の総称として使われることが多かった。

 このHPは、試験問題公開後も、とても有用です。
 管理人様には、いつも感謝しております。

コメントその2:

簡単だと余裕をかましていたら、あれ〜どっちだったかな〜となる展開で、帰って見直して2問間違い決定でした。パニック障害や適応障害などの各とその治療方法をまとめておくといいと思います。問題に抗うつ薬のが効果があると記載されていて、抗不安薬じゃなかったかな〜と思って別の回答にしたのですが調べてみると効果発現時間の違いくらいで対極にあるわけではなかったんですね。やっぱり甘く見ずに、関連した知識も調べる必要があると反省しました。


平成25年1月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可

コ メ ン トその1 : 
放送を一回も視聴せずテキストしか見てませんでしたが、特に難しい問題もなく易しいと思いました。

コ メ ン トその2 :
前学期までの過去問や中間・自習問題とは少し傾向が違い、もう一歩踏み込んだような問題だったと思います。
教科書の文章がそのまま出るのではなく、途中を省略していたりちょっと文章が違ったりしていました。

問題数も10問なので、一問あたりの配点が非常に高く、カンで挑むと痛い目を見そうです。
対策としては教科書を理解しながら読み込んでおく


平成24年1月

択一式か記述式か :択一式

設問数 :10

出題元 :テキスト中心

持ち込み可能か :持ち込み不可



コメント :その1

とても読みやすいテキストです。
テキストを読了しておけば回答できる問題でした。

問1メンタルヘルスの諸側面
問2愛着障害
問3児童期の発達課題、養育者や教師との関係、不登校、うつ病
問4第二次性徴について
問5老年期のメンタルヘルス 回想法、認知症、うつ病
問6統合失調症 入院患者の割合、社会的入院、発症、妄想型
問7適応障害、子どものPTSD、アレキシサイミア、神経性大食症
問8薬物乱用、アルコール依存症
問9企業のストレス対策の重要性
問10ストレスコーピング(189頁)


コメント :その2

1. メンタルヘルスについて
2.愛着障害
3.児童期のメンタルヘルス
4.第二次性徴
5.老齢期のメンタルヘルス
6.統合失調症・精神科病院について
7.適応障害・PTSD・アレキシサイミア・神経性大食症
8.アルコール依存・薬物乱用
9・企業でのストレス対策
10.ストレス・コーピング

全て4択で、正しいものまたは間違っているものを一つ選択する問題でした。

コメント :その3

問1 メンタルヘルスの定義、概略
問2 愛着障害
問3 児童期のメンタルヘルス
問4 思春期、第二次性徴
問5 老年期、高齢者のメンタルヘルス
問6 精神科の入院の疾患の割合、社会的入院の人数 統合失調症の発症 型
問7 適応障害 PTSD アレキシサイミア 神経性大食症
問8 DALY 飲酒 断酒会 マリファナ
問9 企業側のストレス対策の重要性
問10 ストレス・コーピング選択のポイント

提出・自主課題と、取り上げているトピックは似ていますが、問われている内容は微妙に違ったりします。
心理分野や精神医学の知識のある人には楽勝かと思います。 


出題元 :テレビやラジオ中心



コメント :その4

問1メンタルヘルスについて、正解を一つ選択
@精神疾患は問題にしない。
A身体的健康とは無関係。
B共感性や対人関係を営む能力とは無関係。
C知的、情緒的、社会的、人間的健康などの諸側面がある。
問2 愛着障害について、正解を一つ選択
@原因は、母親の産後うつ病である。
A母親は、虐待をする傾向が強い。
B生まれつきの障害である。
C治療は、言葉を用いたカウンセリングが有効。
問3 児童期について、正解を一つ選択
@様子が異なる子供への教師の援助は、一次的援助サービスである。
Aうつ病は深刻にならず、自然に治る。
B不登校の原因は、イジメである。
C新しい事を経験し、「自分は出来るんだ」という感覚を得ることが発達課題である。
問4 第二次性徴につき、間違いを一つ選択
@発現で性衝動は高まり、性的経験率は早期化する。
A性を持つ存在としての自己の受け止め方には、男女差がある。
B早く経験する早熟な女子は、身体満足度が高い。
C初経の初来に対する母親の受容と肯定的な応答は、女子が変化を肯定的に受け入れる反応に影響する。
問5 老年期について、正解を一つ選択
@老年期においても「医者知らず」を目指す。
A自分の人生を肯定的に振り返ることは、心の健康を保つのに役立つ。
B人格が固まっているので、心理療法は必要無い。
C認知症に比べ、うつ病は深刻にならない。
問6 統合失調症について、間違いを一つ選択
@入院患者に占める割合は30%程度に減少し、アルツハイマーが60%を占める。
A社会的入院者は、7万人と推定される。
B発症には、ドーパミン神経伝達の過剰が関与する。
問7 適応障害について、正解を一つ選択
@抑鬱型では原因となったストレッサーが取り除かれた後でも、数年に渡り抑鬱症状が持続する。
APTSDは子供に見られ、成人に比べ重症化する。
Bアレキシサイミアは、脳血管障害の後遺症として感情の自己認知が悪くなり、自立神経の失調をきたす。
C神経性大食症の患者は、高度の肥満をきたす。
問8 アルコールについて、間違いを一つ選択
@DALY値を指標として見た場合、アルコール乱用は気分障害、認知症に次メンタルヘルス上の問題である。
A大量の飲酒は脳幹全体の活動を抑制し、昏睡を経て死をもたらす危険がある。
B断酒会への参加は依存症の心の支えになるが、断酒を継続させる客観的効果はない。
C大麻乱用者では、多剤乱用が多く、依存性の強い薬物へ移行しやすい。
問9 企業のストレス対策について、間違いを一つ選択
@LOHASの観点
Aリスクマネジメントの観点
BCSRの観点
C安全配慮義務の観点
問10 ストレス・コーピングについて、正解を一つ選択
@状況に因り有効なコーピングは異なる。
A問題解決・積極型の対処は有効。
B情動焦点・積極型の対処は有効。
C問題解決・積極型と情動焦点・積極型の対処の組み合わせが有効。


コメント :その5

問1 メンタルヘルスについて正しいものを選択(第1章)
問2 愛着障害について正しいものを選択(第2章)
問3 児童期のライフスタイルとメンタルヘルスについて正しいものを選択(第3章)
問4 第二次性徴について誤っているものを選択(第4章)
問5 老年期のライフスタイルとメンタルヘルスについて正しいものを選択(第6章)
問6 統合失調症について誤っているものを選択(第8章)
問7 ストレス性疾患(適応障害、PTSD、アレキシサイミア、神経性大食症)について正しいものを選択(第10章)
問8 アルコール依存症と薬物乱用について誤っているものを選択(第11章)
問9 企業側にとってのストレス対策の重要性について誤っているものを選択(第13章)
問10 ストレス・コーピング選択のポイントで正しいものを選択(第14章)

印刷教材をしっかり読みこんでおきましょう。


コメント :その6

問1 メンタルヘルスについて(正しいものを選択)
問2 愛着障害について(正しいものを選択)
問3 学校のメンタルヘルスについて(正しいものを選択)
問4 第二次性徴について(誤りを選択)
問5 老年期について(正しいものを選択)
問6 統合失調症について(誤りを選択)
問7 適応障害、PTSD、失感情言語症、神経症大食(正しいものを選択)
問8 アルコール、薬剤について(誤りを選択)
問9 企業のメンタルヘルスについて
問10 コーピングについて(正しいものを選択)


「心の健康と病理」を一緒にとっていたので、中身的に同じような内容で勉強がし易かったです、
新しい科目のため、過去問が存在しなかったのですが、「心の健康と病理」の過去問が役立ちました。
意地悪な問題はありませんので、キーワードさえ押さえれば大丈夫です。