共通科目 一般科目


こころとからだ('07)


トップページに戻る

 平成24年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト・ノート持込可

コメント :その1
印刷教材の各章から一題ずつ、順番もそのまま出題。
テキストにマーカー引いた重要ポイントが出題されていました。

問1 実体二元論について
問2 ヒトが直立二足歩行をするようになった結果
問3 多細胞生物について
問4 無意識とセラピー
問5 ルソーの「エミール」の文章の含意
問6 第一次集団と第二次集団
問7 ヒトの生殖機能
問8 ピアジェのシェマについて
問9 マズローの欲求段階説
問10 健康の定義
問11 わが国の保健施策の歩みについて
問12 こころの健康
問13 個性化(自己実現)に関して
問14 集団における規範と逸脱について
問15 人間の成熟について


コメント :その2

テキスト持込可ですので,なんとかなります.
1. デカルトの実体二元論
2. ヒトが直立二足歩行をするようになったことの結果として生じた特性
3. 多細胞生物
4. 無意識とセラピー
5. ルソーの「エミール」
6. 第一次集団と第二次集団
7. ヒトの生殖機能
8. ピアジェの「シェマ」
9. マズローの要求段階説
10. 健康の定義
11. 保健施策の歩み
12. こころ健康
13. 個性化(自己実現)
14. 集団における規範と逸脱
15. 人間の成熟

コメント:その3

問1デカルとの示した実体二元論に関して
問2ヒトが直立二足歩行をするようになったことの結果として生じた特性
問3多細胞生物のつくり
問4無意識とセラピーに関して
問5万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなるという文章の理解
問6第一次集団と第二次集団
問7ヒトの生殖機能に関して
問8ピアジェのシェア(スキーマ)について
問9マズローの欲求段階説について
問10健康に対しての正解を選ぶ問題
問11わが国の保健施策の歩み
問12こころの健康について問13個性化に関して
問14集団における規範と逸脱について
問15人間の成熟について

印刷教材の持ち込み可だったので、細かく悩んでしまう問題も調べられるので、比較的易しい科目です。問5は印刷教材にも解説が載っていなく、苦戦しました。一度印刷教材を熟読すれば、放送講座なしでもいけます。試験受験者も大変多く、大人気科目なのですね(笑)


平成23年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :その1
印刷教材の各章から一題ずつ、順番もそのまま出題されていました。
テキスト・ノート持ち込みも可能ですが、一通り目を通していれば迷わず解ける問題が多かったです。
4つの文章から正しいもの、誤ったものを選べ、という形式でした。
放送教材でテキストには触れず臨床の方の対談が入ったり、心理学を目指さない人にも興味深い教科ではないかと思います。
単位は簡単に取れると思いますが、教材にふれないのはもったいないです。

1.こころとからだを科学的に捉える前提として。
  実体二元論、輪廻転生
2.ヒトの成長パターンについて。
  胎児期〜生殖可能な段階までの長さ、生殖能力停止後の寿命
3.からだの成り立ちについて
  外界から侵入するタンパク質などから防御する免疫、DNA、葉緑体
4.フロイトとユング、無意識について
  個人的無意識、普遍的無意識
5.子どもが社会化してゆくにあたり
  乳児の重要な他者、同一化の欲求、集団への参加の欲求
6.社会化としての教育
  家庭での無意図的社会化、非定型教育
7.からだの発達
  性別決定の時期、出生児体重の変化
8.エリクソンの発達の考え方
  からだの発達が最終地点か、生殖性とは
9.ライフサイクル、各段階ごとの課題
  就学前教育での読み書き教育、高学歴化による学校生活の長期化
10.ひとの健康は社会的・身体的・精神的な側面から見られるが
   病気か否かのはっきりとした線引き
11.日本の保険と医療
   …たしか「80歳以上を後期高齢者とし…」の年齢だけ間違いの設問が。
12.こころの病気
解答文を思い出せません・・・
13.心理臨床
  自己実現
14.集団への不適応
  逸脱の要因について、〇〇論では〜
15.自立と調和
  社会的成熟、精神的成熟

お世話になりました。試験は簡単ですが突っ込んだ勉強がおもしろくなる科目でした。




コメント :その2
この科目はテキスト持ち込みできるので、楽ですが事前に内容をまとめておいた方がいいと思います。
  

@ 心と体の関わりを科学的に考察する前提について  (物心二元論に関して)
A 霊長類と人の成長パターンについて         P26
B 多細胞生物としての人について          (DNA、免疫)
C 人間の心のとらえ方について           (ユング、フロイト、抜け病)
D 子供の社会化での家族の機能について       
E 社会化と教育について               P80     
F 体の発達について                
G エリクソンの発達段階論について
H ライフサイクルと教育について          (就学前教育、初等教育、中等教育、高等教育)
I 健康と病気について            
J 日本の保険と医療の特徴について  
K 心の健康と病気について            
L 心理臨床で最も重視しないといけないものについて                    
M 逸脱の要因について               (社会的紐帯論、逸脱文化学習論、社会的緊張論、ラベリング理論)
N 人間の成熟について               (肉体的・精神的・社会的成熟、成熟の概念)




平成23年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :その1
H23年1月

持ち込み許可物品 教科書、ノート

問1 ラ・メトリの人間機械論
問2 ヒトの特徴、類人猿、おばあさん説
問3 多細胞生物
問4 個性化(自己実現)
問5 ルソーの思想について
問6 第1次集団と第2次集団
問7 生殖機能について
問8 ピアジェのシェマ(スキーマ)
問9 マズローの欲求段階説
問10 健康の定義
問11 我が国の保険施策のあゆみ
問12 こころの健康
問13 心理臨床のアセスメント
問14 規範と逸脱
問15 人間の成熟



ざっとキーワードをならべてみました。選択肢の文章は、教科書の文章そのままではないので、結構時間がかってしまいました。
興味がある分野でしたので、講義も全部メモを取りながら聴きました。出題は教科書中心でしたが、講義は教科書に載っていないこともたくさん話されていました。
講義を聞かなくても、単位取得はできると思いますが、心が体にどんな影響を及ぼすのかを知りたい方にはお勧めです。

頑張ってください。






コメント :その2
易しいと思っていた科目だがどうしてどうして侮れない。テキスト持込で目の前にある回答が見つからない。15問だが60の問題。印刷教材をみなくとも回答できるものが半分ないと合格は苦しい。ほとんどは印刷教材に書かれているが。試験のための受講でなく非常にためになる教科である。
1.人間機械論の内容
2.生物についてのヒト
3.多細胞生物について
4.個性化(自己実現)について
5.ルソーの「エミール」について
6.第一次集団と第二次集団について
7.生殖について
8.ピアジェの「シェマ(スキーマ)」について
9.A.H.マズローの欲求段階について
10.健康、WHOについて
11.保健施設  市町村と都道府県
12.こころの健康について
13.心理臨床について最も重視されているものは
14.集団における規範と逸脱について
15.人間の成熟 肉体的成熟 社会的成熟



  前期と同じ問題ではないが半分はつながりがある問題と思う。


出題元 :    どちらともいえない


コメント :その3
印刷教材・ノート持ち込み可です。
こちらのサイトに助けられました。

問1 『人間機械論』の内容について(第1章)
問2 生物としてのヒトについて(第2章)
問3 多細胞生物について(第3章)
問4 個性化(自己表現)について(第13章)
問5 ルソーの『エミール』の文章について(第5章)
問6 第一次集団と第二次集団について(第14章 P.176〜177)
問7 からだの発達について(第7章)
問8 シェマについて(第8章)
問9 マズローの欲求段階説について(第9章)
問10 健康について(第10章)
問11 わが国の保健政策の歩みについて(第11章)
問12 こころの健康について(第12章)
問13 心理臨床において最も重視されるもの(第13章)
問14 集団における規範と逸脱について(第14章)
問15 人間の成熟について(第15章)


出題元 :    テキスト中心



コメント :その4
1)ラメトリーの『人間機械論』の内容から
2)生物としてのヒトについて(道具・おばあさん仮設など)
3)多細胞生物について
4)個性化(自己実現)について
5)ルソー『エミール』から
6)第一・二次集団について
7)生殖について
8)ピアジェの『シェマ』について
9)マズローについて
10)健康の定義
11)保険施策について
12)こころの健康について
13)心理臨床で重要なもの
14)集団の規範と逸脱
15)人間の成熟(肉体・社会・精神)

持ち込み可でしたがなくても大丈夫な感じでした。


出題元 :    テキスト中心



コメント :sono5

平成23年1月  ノートも持ち込み可です。
問1 ラ・メトリの人間機械論について正しいものを選ぶ。
問2 生物としてのヒトについて正しいものを選ぶ。
問3 多細胞生物について不適切なものを選ぶ。
問4 個性化(自己実現)に関して誤っているものを選ぶ。
問5 「万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなる」という文章について正しいものを選ぶ。
問6 第一次集団と第二次集団について正しいものを選ぶ。
問7 からだの発達について正しいものを選ぶ。
問8 ピアジェのシェマについて適切なものを選ぶ。
問9 マズローの欲求段階説について適切なものを選ぶ。
問10 健康の概念について誤っているものを選ぶ。
問11 保険施策の歩みについて誤っているものを選ぶ。
問12 こころの健康に関して不適切なものを選ぶ。
問13 心理臨床において最も重要視されるものを選べ。
問14 集団における規範と逸脱について誤っているものを選ぶ。
問15 人間の成熟に関して正しいもの選ぶ。

通信課題・自習課題とこのサイトを見て印刷教材のポイントを抑えてチェックしておけば大丈夫です。

このサイトおかげで落ち着いて試験を受けることが出来ました。ありがとうございました。



平成22年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :その1
2010.7月
テキスト・ノート持込可

問1:デカルトの「実態二元論」
問2:人が直立二足歩行することによって生じた特性
問3:多細胞生物の説明
問4:無意識とセラピー
問5:ルソーの「エミール」の含意
問6:第一次集団と第二次集団の概要
問7:生殖機能
問8:ピアジェのシェマの内容
問9:A.H.マズローの欲求段階説
問10:健康の定義,概念
問11:保険施策の歩み
問12:こころの健康
問13:個性化の説明
問14:規範と逸脱
問15:人間の成熟



出題元:テキスト中心


コメント:その2

投稿窓からうまく出来なかったので、こちらに投稿しました。
印刷教材・ノート持込可 4択15問

正しいもの、誤っているものを一つ選ぶ。
問1.デカルトの実体二元論に関して
問2.ヒトの直立二足歩行について
問3.多細胞生物について
問4.無意識とセラピー関して
問5.ルソーのエミールについて
問6.第一次集団、第二次集団について
問7.ヒトの生殖機能に関して
問8.ピアジェのシェマに関して
問9.マズローの欲求段階説に関して
問10.@〜Cのうち正しいものを1つ選べ
問11.我が国の保険施策の歩みについて
問12.こころの健康に関して
問13.個性化(自己実現)に関して
問14.集団における規範と逸脱に関して
問15.人間の成熟に関して

通信・自習型問題(正しい場合には@不適切な場合にはAを選ぶ)と出題形式が異なる。
過去問からの出題が多く、とても役に立ちました。管理人さん投稿者さんに感謝です。



平成22年2月
択一式か記述式か:択一式

設問数:15

出題元:

持ち込み可能か:持込可
 コメント:

いつもお世話になっているので、少しでも恩返しができれば・・・。
 
覚えている範囲で、書かせてもらいます。
出題形式は、通信課題とは違い、4択問題でした。
通信課題・自習問題からはほとんど出題されておらず、各章から1題ずつ出題されている感じです。
1.
2.人の成長パターン(P26)
3.
4.自我と無意識(P51)
 ユングは個人的無意識を超えた、普遍的無意識を想定している・・・
5.重要な他社としての家族(P61)
6.社会化としての教育ー教育の諸類型(P80)
7.からだの発達の出発点(P88)ー男性と女性の遺伝子が合体して受精が完了したじてんで、退治の性別は
決定している。
8.8つの発達段階(P105)ーエリクソンは青年期に体の成長が完了したところで・・・
9.教育のさまざまな位相
10.健康の定義(P124)ー健康には価値観が関係しており、個人の価値観が・・・
11.地域保健(P142)ーがん検診については低迷している。
12.心の健康・正常と異常をめぐる考え方(P158)ーこころの病気について、厳密にはどこから病気だという・・・
13.心理臨床に重要なもの
14.不適応と逸脱(P182)
15.自立の意味するものー成熟に関して(P189)




平成21年7月
択一式か記述式か:択一式

設問数:15

出題元:

持ち込み可能か:ノート持込可





コメント:

問1.ラ・メトリの人間機械論で正解を1つ選択。

問2.生物としてのヒトについて正解を1つ選択。

問3.多細胞生物につき不正解を1つ選択。

問4.自己実現に関し,間違いを1つ選択。

問5.万物を創る者の手を離れるときすべては善いものであるが,人間の手に移ると全てが悪くなるという文章について正解を1つ選択。

問6.第1次集団と第2次集団について間違いを1つ選択。

問7.間違いを1つ選択。

問8.J・ピアジェのシェマについて正解を1つ選択。

問9.A・H.マズローの欲求段階説に関し,正解を1つ選択。
1.他の欲求が満たされた上で自分の才能や能力を十分に開花させたいと望むことが自己実現の欲求である。
2.自分を愛してほしいと希望する所属・愛情の欲求こそ最も初期の基本的欲求。
3.他者から認められ,尊敬されたいと願う気持ちは,最も水準の高い超越的欲求。
4.本能的衝動は,欲求以前のものとしてマズローの欲求段階には含まれず。

問10.間違いを1つ選択。

問11.日本の保険施策の歩みより間違いを1つ選択。

問12.こころの健康に関し,間違いを1つ選択。

問13.心理臨床において重視されるものを,1つ選択。

問14.集団の規範と逸脱につき,間違いを1つ選択。

問15.成熟に関し,正解を1つ選択。



平成21年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :その1

印刷教材(テキスト)とノートが持込み許可でした。

問題は4つの選択肢から正しいもの又は誤っているものを一つ選べという問題でした。
選択肢の詳細は覚えていませんので,キーワードのみです。

「実体二元論」
「ヒトが二足歩行を獲得して生じた利点」
「体細胞の発達(神経細胞,増殖,死など)」
「無意識」
「ルソーの自然教育主義の含意」
「生殖器」
「シェマ」
「欲求段階説」
「健康の定義」
「保健指導・職域保健・老健」
「精神保健」
「個性化」
「第一次集団・第二次集団」
「規範・不適応」
「肉体的成熟・社会的成熟・精神的成熟」




コメント :その2

    過去問はあまり役に立ちませんでしたが、テキスト持込可なので簡単です。どこに何が書いてあるのか、付箋をつけるなどして解りやすくしておくとよりいいと思います。


コメント :その3

1.直立二本歩行をもたらした利点について

2.マズローの5段階欲求について

3.保健と医療の章の最後のページにある演習問題

今回このサイトで試験対策が出来ましたのでお礼を兼ねて、と内容を覚えていたのですが、日数が経つとすっかり忘れてしまいました。ごめんなさい。
投稿された時間は2009/2/2(Mon) 17:15:13です。

コメント :その4

 ノートの持ち込みも可だと思います。今回は4問択一式。
通信指導問題からの出題はなし。ルソーの自然主義教育の設問など、ラジオ授業を聞いていおかないと解けない問題もありました。中には理解しておかないとわからない問題もあったので苦労しました。


コメント :その5

今回から、出題の形式が変わっています。
普通の4択問題(正しい選択肢、または謝った選択肢を選ぶ)でした。

問題は順不同で:

実体二元論
ヒトが直立歩行をするようになって生じた特性
多細胞生物の特徴
無意識について
自然教育主義について
生殖機能について
ピアジェのシェマについて
マズローの欲求段階説
健康の定義
老人保健法
職場のメンタルヘルスについて
個性化(自己実現)
集団の種類
規範と逸脱
成熟について


コメント :その6

設問の数が多く、いちいち索引を見ていては時間が足りません。
@かこもん」から半分位は出題していた。
Aかこもんをテキストの該当ページに全部、書き込んでおくと良い。
かこもんが、大変参考になりました。ありがとう。


コメント :その7

5捨択一問題でした。
15問でした。覚えている範囲ですが参考にしてください。
順不同です。
1、二本足歩行の利点
2、ピアジェのスキーマについて
3、保健医療の施策
4、フロイトとユングの違い
5、男女の生殖細胞
6、健康とは
7、1次集団、2次集団について
8、職場保健について
9、心理臨床のあり方
10、マズローについて
11、身体的、精神的、社会的成熟について
12、多細胞生物について

あとは忘れました。ごめんなさい。いつも過去問でおせわになっています。

コメント:その8

15問、四者択一だったと思います。
・二元論
・保育カウンセラーと保育者
・ルソーの「エミール」の考えに当てはまらないもの(当てはまるもの)を選ぶ
・マズローの要求の段階
・第一次集団、第二次集団
テキスト・ノーと持ち込み可です。書かれていたように索引でいちいち探していては時間がありません。テキスト全般から出題されていました。


平成20年1月
択一式か記述式か :    択一式(5者)

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :その1
1 デカルトの二元論
2 ヒトと霊長類の体の違い
3 ヒトと霊長類の成長パターン
    おばあさん仮説
4 免疫担当の細胞
5 社会化と超自我
6 身体発育
7 ジャン・ピアジェのシェマ
8 マズローの欲求段階説
9 P153の演習問題 Bを正しい記述に直して出題
10 こころの健康
    精神保健とは  職場のメンタルヘルス
11 心理臨床で最も大切なことは
12 逸脱とソーシャルボンド
    事例が「愛着」 「同調」 「取り込み」に該当するか
13 「肉体的成熟」 「精神的成熟」 「社会的成熟」

@〜Cの記述の中正しい(誤っている)のはどれか、全て正しければ(誤っていれば)Dを選ぶ



コメント :その2
全15問 印刷教材、ノート持込可
覚えてる範囲で順不同

デカルトの実体二元論
ヒトと霊長類の類似点、相違点
免疫に関係するもの
個性化について
自己愛について
社会化とは何か
自我と超自我
出産とは
出生児の体重身長
乳児とシェマ
マズローの欲求の段階
健康の概念
地域保健、職域保健、母子保健
メンタルヘルス
心理臨床の重点事項
ソーシャルボンド
自立を成熟の概念で表わす場合

こんなところでしょうか。大体印刷教材からまんべんなく出ていました。5択で、正しいものがない場合やすべて誤っている場合は「5番を選べ」という設問でした。

コメント:その3

正しいもの、不適切なものを一つ選ぶ。

ただし、選択肢の5番目は、「1〜4のうち、正しいもの(不適切なもの)は、ない」となっている。


1.実体二元論(1章)

 1章全体から

2.生物としてのヒト(2章)

 直立歩行できるのは……

 道具を使うのはヒトだけ

 ヒトに最も近いのは……

 「おばあさん仮説」

3.免疫に関係していないのは?(3章)

 マクロファージ

 T細胞

 B細胞

 赤血球

4.個性化(13章)

 個性化とは、人が自分自身になっていくことである

 自分のなりたいと願う人間になること

 個性化の途上には、まったく望まないような事態に遭遇することがある

 ユングは、「個性化は自我中心主義とは違う」と述べている

5.自己愛(5章)

6.社会化(6章)

 パーソンズは、フロイトの超自我を……、パーソナリティの内部に超自我が形成されるプロセスを社会化

 社会規範が内面化されたものと考え、それが形成されることによって人は社会的かつ調和的な行動がとれるようになる

7.からだの発達(7章)

 人間の誕生

 身体発育(出生時の身長・体重)

 小児期の成長・発達の過程は個人差があるが、進む段階は……

8.ピアジェと子どもの発達(8章)

 シェマ

9.マズローの欲求の段階(9章)

 p115

10.健康とは(10章)

 健康には価値観が関係……

 ハルバート・ダンは、健康を一つの連続体と考え、個人を取りまく環境の中で絶えず変動する力動的状態であると捉えている

11.保健と医療(11章)

 印刷教材 p153 演習問題1 類似

12.こころの健康

 職場のメンタルヘルス対策が進むようになったのは、19**年頃からである

13.心理臨床

 心理臨床にとってもっとも大切なこと

  アセスメント

  心理面接

  自己治癒力  

14.ソーシャルボンド(14章)

 愛着

 同調 

 取り込み

15.成熟

 肉体的成熟

 社会的成熟

 精神的成熟

 社会・文化で異なった到達水準


ほぼ、1章につき1問。

哲学か? というような問題があったと感じた(苦手だからか?)。

1問当たり4分もかかれば時間切れになる。

索引でこつこつと引くようでは、OUT

選択肢が、1ページの中に納まっているもの(場合によったら7行ぐらいの間)、1章に点在しているもの、索引にない単語を中心に据えた設問とさまざま。

多田羅先生は、相変わらず易しい、……優しい。

過去問中、**は、間違った数字が入っていたため、伏せた。