専門科目 生活と福祉専攻


子供の生活と児童福祉('11)



トップページに戻る



平成23年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10問5択

出題元 :   

持ち込み可能か :   


コメント :
HPから投稿できませんでしたので、めーるですみません
 
教科落としてしまい、ショックだったので平成23年1学期の過去問を写してきました。万が一写した文章が間違っていたら、申し訳ありません
みなさん一緒に頑張りましょう♪問4、5、6の答えがわからないので、わかる方がいたら教えてください
 
問1、「児童の権利に関する条約」について以下の①〜⑤の中からふさわしくないものを一つ選びなさい
①「児童の権利に関する条約」は1989年の国連総会で採択された
②「児童の権利に関する条約」は全54ヵ条からなる
③「児童の権利に関する条約」では子どもが保護を受ける権利だけでなく、子どもの自立的権利も認めている
④「児童の権利に関する条約」は国連が採択した児童の権利に関する初めての条約である
⑤「児童の権利に関する条約」ではいわゆる子どもの「意見表明権」は認めていない
 
問2、以下の①〜⑤の中から誤っているものを一つ選びなさい
①江戸時代の人口数は東に高く西に低いという傾向を示し西南日本において子どもの数のコントロールが行われたことが明らかとなっている
②自然災害と思われるものもその被害の度合いには政治・経済・社会などの人為的な要素が作用することが知られている
③近代教育制度の開始は子どもと国家の新しい関係を成立させるものであった
④1933年成立の「自動虐待防止法」は児童労働の取締が主な問題であった
⑤1930年代から1940年代の初めにかけて日本の子どもの福祉対策は急速に拡充した。その背景には戦争があり戦争と子どもの福祉は綿密な関係があるといえる
 
問3、日本の児童手当制度の特色について以下の①〜⑤の中から正しいものを一つ選びなさい
①日本の児童手当制度が導入されたのは第二次世界大戦直後の1947年である
②日本の児童手当制度の給付水準等は先進国の中でも極めて充実した内容と言われている
③日本の児童手当制度は1972年の児童手当法のことをいう
④日本の児童手当制度は給付に際して養育者(親)の所得制限を設けなかった
⑤日本の児童手当制度では20歳未満のすべての子どもを給付対象としたこともあった
 
問4、児童に対する保護者・国民・国・地方公共団体の義務と責任に関する以下の①〜⑤の中から児童の権利に関する条約及び児童福祉法に照らして誤っているものを一つ選びなさい
①すべての国民には児童が心身ともに健やかに生まれ育つように努力する義務がある
②日本国籍のある児童も日本国籍のない児童も等しくその生活を保障され愛護されなければならない
③国と地方公共団体は、児童の保護者が児童を適切に養育できないときに児童を心身ともに健やかに育成する責任を負う
④保護者には児童に対して第一義的な養育責任がある
⑤国及び地方公共団体は保護者が児童に対して行う適当な指導及び指導を与える責任と義務を尊重する
 
問5、児童福祉施設に関する以下の①〜⑤の中から誤っているものを一つ選びなさい
①助産施設は保健上必要があるにもかかわらず経済的理由により入院できないものに対し入院助産を受けさせることを目的とする施設である
②乳児院は乳児(保健上安定した生活環境の確保その他の理由により特に必要のある場合には幼児も含む)を入院させてこれを養育し、あわせて退院した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設である
③母子生活支援施設は配偶者のいない女子又はこれに準ずる事情にある女子及びその者の自立の促進のためにその生活を支援し、あわせて退所した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設である
④知的障害児施設は知的障害のある児童を入所させてこれを保護し又は治療するとともに独立自活に必要な知識技能を与えることを目的とする施設である
⑤自動厚生施設は不良行為をなし又はなす恐れのある児童及び家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する自動を入所させ又は保護者の下から通わせて個々の児童の状況に応じて必要な指導を行いその自立を支援し、あわせて退所した者について相談その他の援助を行うことを目的とする施設である
 
問6、保育所入所の要件(保育の実施基準)とされる「保育に欠ける」乳幼児に該当しない要件を以下の①〜⑤の中から一つ選びなさい
①保護者や同居の親族等が昼間労働することを常態としている
②保護者や同居の親族等が同居の親族を常時介護している
③保護者や同居の親族等が疾病にかかりもしくは負傷しまたは精神・身体に障害を有している
④保護者や同居の親族等が生活に困窮している
⑤保護者や同居の親族等が震災の復旧に当たっている
 
問7、児童貧困に関する以下の①〜⑤の中からふさわしくないものを一つ選びなさい
①現代の児童貧困はいわゆる経済貧困(絶対的貧困概念)だけから捉えるのが主流である
②児童貧困の考え方や関心は児童の権利概念の発達に伴って明らかにされるようになってきた
③欧州共同体(EU)などでは児童の貧困をより広くとらえ社会的排除と関連させて予防や撲滅対策に反映させる傾向にある
④児童貧困は子ども期だけの問題にとどまらず、その後の人生に大きな影響を及ぼすことが危惧されている
⑤2000年代に入ってからの日本の相対的貧困率や児童貧困率はOECDの国々の中でも高い傾向にあるとされる
 
問8、以下の①〜⑤の中から誤っているものを一つ選びなさい
①児童養護問題は時代によってその様相が変化しその背景要因として政治・経済・社会・文化・自然災害などがあげられる
②具体的には近代初期には貧児・孤児・棄児。1930年代には児童労働。第二次世界大戦後は戦争孤児。近年は被虐待児童さらに社会的格差の深化による貧困児童などの問題がある
③近代社会では産業化と都市化によって子育てにも大きな変化がもたらされ子どもを一か所に集めて養育するという保育所や児童養護施設の形態を生み出した
④児童ケアの先人の一人、石井十次は1887年に岡山孤児院を設立し家庭的孤児院の経営をめざした
⑤石井は家庭的孤児院のモデルをアメリカのバーナード孤児院に求め年長児と年少児を一つの小集団のなかで養育するという試みを実践した
 
問9、ノーマライゼーションに関する以下の①〜⑤の中から適切なものを一つ選びなさい
①ノーマライゼーションの考え方は障害を持つ人の施設入所を積極的に進めることを理念の一つとしている
②バンク=ミケルセンはノーマライゼーション理念を説いた代表的人物である
③ノーマライゼーションは日本などアジアから世界に広まった概念である
④ノーマライゼーションは障害部位に特に着眼して治療・リハビリテーションを強調する
⑤「アライサム」を著したゴッフマンはノーマライゼーションという言葉を初めて使った人物である
 
問10、以下の①〜⑤の中から子どもの反社会的行動・非社会的行動について最も適切なものを一つ選びなさい
①非行少年とは刑事責任能力を有する14歳以上で刑罰法令を犯した者を指す
②虞犯(ぐはん)と不良行為とは同じ意味である
③非社会的傾向の子どもが反社会的行動を起こすこともあれば反社会的傾向の子どもが非社会的になることもある
④非行少年の数が人口比で最も多い年齢層は18歳である
⑤不登校の子どもの多くがひきこもりになっていることが追跡調査によって確かめられている
 


授業を聞いても・テキストを読んでも・・・この教科は難しいです