共通科目 一般科目(社会系)


経済社会の考え方('07)



トップページに戻る

平成23年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    1

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
持ち込みは印刷教材+ノートです。

問題は、
1.企業組織
2.市場システム
3.金融システム
4.公共財
5.経済学の「理論」
から一つ選んで、
+選択した問題の核心を自分の言葉で説明し、
+この問いに関する学説、論者を二つ、二人以上紹介し、
+自分の考えを展開する
というものです。(600字から800字)

論文の書き方については、自習問題で指示されたとおりです。

問題によっては、複数の課にまたがりますので、どこに何が書いてあったかしっかり抑え、かつ、自習問題や印刷教材の課題をノートにまとめておけば楽だと思います。

印刷教材持込OKですが、自分の言葉で書けとの指示ですので、その対応が不安なかたは、いくつか自分で書いてみるとよいかと思います。




平成22年7月

択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    1

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可




コメント :
問1〜5のなかから、1問選択し記述
600字以上800字以内
A)問いの核心
B)学説、論者を2以上指摘、紹介と説明
C)自分の考えを展開

問1)「労働」の経済社会における役割
問2)経済社会のなかで作用する「市場経済」のメリット・デメリット
問3)「貨幣」の信頼性の必要性・重要性
問4)経済社会のなかで「政府機能」の意味
問5)現代の経済社会のなかで「経済認識」の必要性


対策として、自習型問題のすべての論述文を作成し試験問題に一番近いのものを選択、修正し記述した

自習型問題の論述文を800文字近辺で作成すると、修正した時に、文字オーバーしそうになったため自習問題を700文字程度にまとめておくとよいと感じた

試験時間内でのぶっつけ本番は、書き慣れた人ならいいけど普通の人は無理じゃないかな




平成21年7月
択一式か記述式か : 記述式

設問数 : 5

出題元 : どちらともいえない

持ち込み可能か : 印刷教材,ノート持込可




コメント :その1
問1.「社会関係資本」の特徴について
問2.「企業組織」が成立する条件について
問3.市場システムにおける「競争原理」のメリットとデメリットについて
問4.近代社会における「勤労」のタイプについて
問5.具体的経済事象について,「ヴィジョン」の考え方を明らかにする。
A.問の核心 問題提起
B.学説,論者を2人指摘する。紹介と説明。
C.自分の考え
*ノート持込み可能。(下書きOK)





コメント :その2
出題元 : テキスト中心


1問選択,論述形式解答,
(A)問の核心,問題点の指摘,問題提起
(B)学説・論者を2つ又は2人指摘し,紹介と説明を行う。
(C)自分の考えを展開
600字以上800字以内
キーワードに下線を引く
問1.社会関係資本の特徴について
問2.企業組織が成立する条件につき,
問3.市場システムの競争原理のメリットとデメリットについて,
問4.近代社会における勤労のタイプについて,
問5.具体的経済事象をあげ,自分がどのように関わり,考察したかについてヴィジョンなどの考え方を明らかにしつつ,論述。



コメント:その3

何を中心に   テキスト中心
持込可     教材、ノート持込可

論述式 5問のうち1問を選択 教材、ノート持込可

1.「社会関係資本」の特徴について。
2.「企業組織」の成立条件について。
3. 市場経済の「競争原理」の利点と欠点について。
4. 近代社会の「勤労」のタイプについて論述せよ。
5. 身近な具体的な経済事象について、それにどのように自らが関わり、
  考察したか、「ヴィジョン」の考え方を明確にしながら論述せよ。

上記の設題について、1題を選び、600〜800字で以下の項目を入れて論述せよ。
1)問題の本質は何か、自分なりの表現で問題点を指摘し、それについての課題設定を行う。
2)関連する学説・人物を2人以上あげその紹介と解説をする。
3)これらから必ず導き出される、自らの論理を展開する。
4)上記1)〜3)のキーワードに下線を引く

自習型問題の設題と一部は同じような問題、全部やることをお勧めします。
そこで論ずるべき項目は1)〜4)とまったく同じです。
記述式試験は、解答練習とその雛形を作っておくことが大切だと思いました。

よろしくお願いいたします。

酒井先生の教科書は読みにくいものでした。


平成21年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    1

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト・ノート持込可


コメント:

論文600から800字の試験でした。

与えられたテーマからひとつを選択し、下記3つの論点から述べよ。

1.あなたがこのテーマを選んだ理由 興味をもった訳

2.過去の経済学者二人ががこのテーマで論じている論旨をまとめよ。

3.このテーマでのあなたの考え方を自分の言葉で述べよ。

概略そのような設問でした。
テーマは4つほど指定されていましたが 二つしか思い出せません。
指定テーマ
 1.貨幣と経済
 2.企業と組織

過去門の情報もなく少し戸惑いましたが、テキスト持参可でしたので何とか文章をかけました。もう少し教科書の考察問題に取り組んでおけばよかったとおもいます。


平成20年7月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    1

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
記述式で、テーマの中から一つを選んで問題を提起し、自分の考えを述べなさいという課題でした。

その際に、関連した理論・書物と提唱した人物を2つ以上引用すること、重要な部分に下線を引くこと、という指示もありました。

テーマは、5つか6つあったと思うのですが、メモの残っている分かる範囲で挙げます。
 ・市場と組織
 ・分配
 ・労働
 ・貨幣
 ・社会的ネットワーク

文字数の制限もあったと思うのですが、忘れてしまいました;

試験のときに問題を見て焦ってしまったので、少しでも参考になれば、と思いました。