専門科目 心理と教育


家庭教育論('12)


トップページに戻る




 平成26年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 12

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可



コ メ ン ト :
 25年2学期分です。問題数は12問、テキスト、ノート共に持ち込み可です。
 中間レポート、過去問からの出題はありませんでした。

 しかし、似た内容の文章が含まれているので、過去問とレポートをコピーし、 正解に印をつけておいたものを持ち込むと良いと思います。

 直にプリントアウトしたものに抵抗があれば、 コピーしてノートやルーズリーフに貼り付ければ良いです。
 迷った時はすぐにテキストを開けるように、 人名や重要語句は単語を付箋に書き込み、テキストに貼り付けておくと便利です。

 また、過去に出題された部分にラインを引いておけば更に安心です。

 ラジオ放送はテキスト中心ですので、放送のみの中からの出題というものはありません。
 ワンポイント〜で語られるものは出題されませんでした。

 上記対策をしておけば15分程で回答できる内容でした。

平成25年7月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 15

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可




コ メ ン ト :

 たしか10問〜15問だと思います。
 テキスト持ち込みは、なめてかかると単位を落とします。
 まず、索引を調べても、回答に間に合いませんし、掲載されていない、細かな人物 などが、いやらくし出題されます。
 まず、テキストを十分に読んでください。それから、人物名と事柄、統計など、索引に追加するといいと思います。
 ことこまかな事柄で比較対象の設問が出されます。明らかに、テキストをしっかり読んでおかないと、落とすための試験です。ご注意を。