専門科目


比較行動学('11)


トップページに戻る


 平成24年1月

択一式か記述式か :択一式

設問数 :10

出題元 :テキスト中心

持ち込み可能か :持ち込み不可



コメント :その1
全10問、5択です。

問1:P12〜   反射行動の変容原理
問2:P21〜   第2章全般
問3:P75〜   主観的輪郭
問4:P83〜   記憶とは何か
問5:P123〜  自然概念
問6:P137〜  社会的知性とは何か、戦術的社会技能
問7:P159〜  ヒト以外の動物における模倣能力の証拠(主に野生チンパンジーについて)
問8:P173〜  第11章全般(鏡映像の自己認識、欺き、共同作業)
問9:P210〜  共同注意・意図の理解・欲求の理解
問10:P224〜 エピソード記憶

動物たちがこんなにも豊かな心の働きを持っているとは知らず、興味深い話題が満載の授業でした。
試験対策としてどんな動物がどんな実験をしてどのような結果を残したかを整理しておくといいと思います。
みなさんの検討を祈ります。


コメント :その2

5者択一です。
1.刺激を反復提示したときの反射行動の出現の状況について
2.オペラント条件づけについて
3.主観的輪郭について
4.記憶に関してその動作や特徴について
5.概念の形成
6.社会的知性、その種々な特性
7.模倣と道具使用、文化伝承
8.社会的世界の理解、鏡映像自己認識・欺き行動・共同作業
9.共同注意のメカニズム
10.エピソード記憶について
事柄をきっちり正確に理解しておく必要があると思いました。
あいまいにぼんやり覚えていたおかげで、不正解になったものがありました。


平成23年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込不可



コメント :
新しい研究結果なども含まれ動物の認知について勉強になりました。

テストはテキストの読み込み必要だと思います。
覚えている範囲なので、間違っていたらごめんなさい。


1.古典的条件付けの特徴について
2.オペラント条件付けについて
3.色の認知について
4.概念形成の発達する年齢について
5.動物の欺き行動、利他行動について
6.模倣について
7.チンパンジーと人間の進化的近さについて
8.社会的認知の特徴について
9.メタ認知について
10.人間と他動物の類似点