専門科目


博物館展示論('12)


トップページに戻る



平成27年1月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可



コ メ ン ト :  全て4択。過去の平均点か見て楽勝科目(テキスト持ち込み可だから)。
 過去問・提出問題・自習問題と同じか(一部改定)で単位は取りやすい 科目と思います。巻末の文化財保護法・公開承認施設に関する規定は目を 通したほうが良い。放送も理解しやすくテキスト熟読後に見ると忘れにくい です。


 平成26年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可




コ メ ン トその1 : 10問だったか15問だったかを忘れてしまったのですが、、、
 過去問がそのまま!(前回の24年7月のもの)でした。なので写すのみ、といった感じで 5分程で終わってしまいました。(過去問は10問でした) という訳で設問は省きます。
 提出、自習問題からはでていませんでした。

 過去問は自分で調べないとわかりません。(答えの表示はなかったと思います)
 因に索引はあまり役に立たないバージョンです。
 特に問1の薄葉紙の使用にこだわらなくてもよいもの、という所はその事について特化して述べているページはなく、全体を調べないとわかりません。
 試験時に調べてたら時間が足りなくなると思います。
 早く終わっていた人は半数くらいでしたので、残った方は大変だったと思います。
 過去問の大切さが身にしみたテストでした。

コ メ ン トその2 :
 一度も放送授業を見ず、テキストも通しで読まなかったので、いくら持ち込みといえど時間が足りるか心配でしたが、 このサイトの平成24年7月投稿の問題と全く同じものでしたので大変助かりました。
 ありがとうございました。

 過去1年分(H24年度2学期とH25年度1学期)の問題は公開されていますので、 非公開になった問題を出しているのかなと思いました。

 来学期の受講を考えている方は、今のうちにキャンパスネットワークから過去問と解答を保存しておくと良いかもしれません。

コ メ ン トその3 : 【問題】

 問1 染織品を畳む際に、間に薄葉紙(ウス)を挟むことに必ずしもこだわらなくていいものはどれか。
 問2 形象埴輪でないものはどれか。
 問3 冊子の範疇に入らないものはどれか。
 問4 展示品中に鮭に関する千本供養塔があるのはどれか。
 問5 アイヌ語の「コタン」が意味する日本語はどれか。
 問6 日本で初めて文化財調査で写真撮影を担当したのはだれか。
 問7 人類館事件が起きた博覧会はどれか。
 問8 国宝『風信帖』の筆者はだれか。
 問9 墨跡とは何か。
 問10 茶碗や茶入を収める袋を何というか。

 問題は平成24年第1学期(前期)と全く同じ問題でした。

 【感想】放送授業は視聴せず。試験自体は非常に易しかったです。過去問と全く同じ問題なので。
 しかも印刷教材・ノート持込可なので○Aを取りやすい科目です。


 平成24年7月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 10

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可



コ メ ン ト : 

問1。薄葉紙(うす)の使用にこだわらなくてもよいもの
@刺繍  A金襴  B錦  C染め

問2。形象埴輪でないもの
@家形埴輪 A円筒埴輪 B器財埴輪 C人物埴輪

問3。冊子の範疇にはいらないもの
@袋綴装  A帖装  B粘葉装 C巻子装

問4。千本供養塔が展示されているところ
@利尻町立博物館 Aアイヌ民族博物館 Bにかほ市立象潟郷土資料館 C与那国民俗資料館

問5。アイヌ語「コタン」が意味する日本語
@アイヌの人々が集合する場所  Aアイヌの人々が居住する村落  Bアイヌの人々が崇拝する聖地  C神の住む郷

問6。日本で始めての文化財調査での写真撮影担当者
@横山松三郎  A土門拳  B上野彦馬  C小川一真

問7。人類館事件がおきた博覧会
@文部省博覧会  A湯島聖堂博覧会  B第五回内国勧業博覧会  C第一回内国勧業博覧会

問8。国宝『風信帖』の筆者
@顔真卿  A空海  B菅原道真  C嵯峨天皇

問9。墨跡とは
@天皇の書  A王羲之の書  B全集の僧侶の書  C神職の書

問10。茶碗や茶入を収める袋
@茶巾  A仕覆  B包裂  C袱紗