共通科目 一般科目(社会系)


現代世界の結婚と家族('08)



トップページに戻る

平成22年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :

通信指導問題の問6がそのまま(だと思います)出題されていました。
(「アメリカの家族の特徴について」)

自習型問題のQ3もそのまま出題されていました。
(「日本の人口変動と高齢化について」)




平成21年7月
択一式か記述式か : 択一式

設問数 : 10

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : 持ち込み不可




コメント :
1.結婚やパートナーの在り方について
2.同性愛の社会的扱いについて
3.外国人家事労働者について
4.アメリカの家族の特徴について
5.フランスの家族の特徴について
6.スウェーデンにおける両立支援とその実態について
7.アジアの家族に関して
8.1995年から1999年までの主要先進国7カ国の自殺率について
9.日本の人口変動と高齢化について
10.父親の育児に関して

選択肢のほぼすべてが、通信課題の中で出てくる記述なので、通信課題をよく読み込んでおけば対応できると思います。





平成21年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    10

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可

コメント :

1、結婚の制度モデル
2、パートナー関係の制度化
3、アメリカ家族の特徴
以上が通信指導と同様問題。
以下順不同で思い出せる物だけ。
・スウェーデンの保育制度と経済的支援
・アジアの高齢者の現状
・自殺率のグラフ
・日本の高齢者の割合(将来推計人口の表)
・父親政策、各国の特徴
・子供の貧困、現状と理由

以上テキストの内容から出題でした。





平成20年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :
1、人口学の用語について(少子化/合計特殊出生率とか…)
2、結婚の制度モデル/関係モデル  
3、パートナーシップ登録について、各国の特徴
4、外国人家事労働者と国際結婚  
5、アメリカの家族 
6、フランスの家族  
7、スウェーデンの子育て政策 
8、日本の家族について  
9、スウェーデンの高齢者の生活について
10、日本の高齢化について  
11、アジアの家族  
12、日本の家庭内暴力  
13、日本の離婚とか養育費とか(ちょっと不確か…)
14、子供の貧困(原因とか実態とか…) 
15、近代結婚について(15章の内容)

中間課題からの出題が結婚ありました。復習は必須です。
いじわるな選択肢の問題はなかったと思います。