専門科目


現代日本の政治(’11)


トップページに戻る



 平成25年7月

択一式か記述式か: 記述式

設 問 数 : 2

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: 持ち込み不可



コ メ ン ト :

第1問 民主主義における政党の役割
第2問 「吉田ドクトリン」について
 400字以内

 吉田ドクトリンは、自習課題と同じでした。


平成23年7月

択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
1.少数の優位
2.1970年代の日本の福祉政策の拡充と見直し(拡充は自習課題のまま)

各400字以内それぞれ答えよ


平成22年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :
1.無党派等はどのような人たちでどのような投票をするのか
2.リアリストとリベラリストをそれぞれの立場から説明せよ

1と2とも400字以内にまとめる


平成21年7月
択一式か記述式か : 記述式

設問数 : 2

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : 持ち込み不可




コメント :
・立法府を「変換型議会」と「アリーナ型議会」に分類する見方がある。日本の議会は、この分類との関係でどのように理解できるかを説明せよ。(400字以内)

・政治課程において、多数の消費者の利益より少数の利益集団の利益が守られる傾向にある。その理由を、具体的な例を用いつつ論じよ。(400字以内)


平成21年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :   

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント:

持ち込み不可、記述式2問(400字以内)

以下のような感じでした。
1.官僚主導論と政治主導論について述べよ。
2.有権者に対するメディアの効果について、いくつか主張されている理論のうち、一つについて実例を示して述べよ。

過去問の情報どおり、毎回、問題が変わっていますが、教科書をしっかり読めば、ある程度対応できる問題でした


平成20年7月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可

コメント :
・少数の優位

・日米外交

こんな感じだったと思います。

持ち込み不可なので、一通りテキストを読む必要はあると思いますが、それほど難しくないと思います。


平成20年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :その1
1.無党派層の投票行動について(400字以内)
2.戦後の福祉政策の変遷と改革について(400字以内)

テキストには小泉内閣のこと結構出てるので(改革とか政治手法とか)、阿倍内閣との比較とか出るかなあってヤマ張って予習したんですが空振りでした・・・・部分点くれるかなあm(__)m


コメント :その2
問1.無党派層とはどういう人たちで、どのような投票行動をとると考えられるかについて論じなさい。(400字以内)

問2.戦後日本において福祉政策がどのように拡充し、見通しがどのように進んだかを説明しなさい。(400字以内)



平成19年7月

択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    2

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :

H19.7
第一問 多数派より少数派の利益集団の利益が守られる傾向にあるわけは?
第二問 戦後、日本の首相のリーダーシップの変遷について。

各 400字以内。 

単位認定試験として、たいへん評価できる問題でした。
放送大学の単位認定試験の中で、最もよい試験をする科目と感じます。
毎回、試験内容を変えておられます。

河野勝教授からは出題されない傾向にあるようです。



コメント :その2
問1.多数派の消費者の利益より、少数派の集団の利益が守られるのはなぜか?
   具体的な例をあげて説明しなさい。(400字以内)

問2.戦後日本における首相のリーダーシップの変遷をあげた上で、その理由を述べよ。
   (400字以内)

(感想)
テキストをしっかり読んでいれば、解答できると思います。


平成19年1月
択一式か記述式か :    記述式
設問数 :    1
出題元 :    どちらともいえない
持ち込み可能か :    持ち込み不可





コメント :
    小泉政治5年間で自民党がどう変わったか具体例をあげて述べよ。(800字以内)



平成18年7月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    1

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :
テストは「平等について、戦後の日本において平等をどのように実現したか、また、今日では平等についてどのように論じられているのか説明せよ」というものでした。


平成18年1月
択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    1

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    持ち込み不可


コメント :
平成18年1月
2005年9月に行われた衆議院議員選挙と従来の選挙との違いについて述べよ。(800字)


平成15年7月
科目名 :    現代日本の政治(03)

択一式か記述式か :    記述式

設問数 :    1

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    持ち込み不可

コメント :
1.現代の日本の政党についての問題点と、その改革について800文字以内で答えなさい。

  この1問だけでした。