共通科目外国語科目


英語の軌跡をたどる旅(’13)



トップページに戻る


 平成26年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 20

出 題 元 : どちらともいえない

持ち込み可能か: 辞書/電卓持ち込み可




コ メ ン ト :
 英和辞典のみ持ち込み可
 通信指導と同じ形式の出題(文法事項、語彙、内容読解など)

 Lesson1の英語本文抜粋より出題
 core-speaking population の意味ー母語話者
 three hundred and eighty million を数字で表すとー380,000,000
 本文中の then と同じ使われ方をしている英文を選ぶー「それならば」
 speak to each other in English rather than in either one of their own language の具体例(日本語文)を選ぶ

 Lesson 5 の英語本文抜粋より出題
 穴埋めーwithstood
 the country in which it had been nourished の国はどこかー England
 characters を修飾しているフレーズはー individually realized
 出題文に合っている内容を選ぶ(日本語)

 こういう感じに、Lesson 8, 12, 15からも出題

 テスト対策としては、英文をただ地味にまんべんなく学習する事をお勧めします。問題の形式だけは通信指導や過去問と同じですが、同じ出題はないようですから。
 教科の内容は、英語という言語が、侵略などの歴史の中でどのように変化、発展していったかというもので、とても興味深かったです。


 平成25年7月

択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 20

出 題 元 : どちらともいえない

持ち込み可能か: 辞書/電卓持ち込み可




コ メ ン トその1 :

 Lesson2・4・6・11・13の本文から
 語彙・文法・内容理解についての選択問題
 (通信指導等と同じ出題形式です)

 Lesson6以外は通信指導・自習問題では 取り上げられなかったテキストでした。

持ち込み可能か: 持ち込み不可


コ メ ン トその2 :
 つまらない授業だった。
 だから、何も勉強しないで受けてEでした。
 たぶん、再試験は受けない。