共通科目外国語科目


英語圏の言語と文化('11)



トップページに戻る

平成24年1月

択一式か記述式か : 択一式

設問数 : 10

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : 辞書/電卓持ち込み可



コメント :
受講年:H23年2学期

持ち込み可は英和・和英・英英辞書でした.(英和ぐらいしか使いませんが…)
問題形式は択一式が9問,記述が1問でした.
全ての問題が教科書にある小説の文章の抜粋で,Postcolonialism,インタビューからは出ませんでした.
択一式では全て4択,内容は「同じ意味の語句」,「空欄穴埋め」,「文章の内容(日本語)」でした.
記述式では「英語の文を日本語で論点を明らかにしながら記述し,自分の意見を述べる」という問題で400〜800字の記述でした.

教科書の日本語で書かれている概要は目を通して,ある程度内容を覚えることをお勧めします.
辞書が持ち込み可ですが,いちいち調べると記述で時間が足りなくなる恐れがあります.
自分の意見を述べなければならないので,講義中にすこしばかり自分の考えを整理しておくことも勧めてます.


コメント :その2

T村上春樹の「ノルウエイの森」
15コマ本文。
問1 “Where Watanabe and I are alike is, we don't〜” aliake と同じ意味の語を一つ選択
@ found of
A dissimilar
B verismilitude
C very similar

問2 “You don't get it,do you”〜
のgetと同意語を一つ選択。
@ critcize
A understand
B deny
C fancy

問3 永沢は人間同士の精神的結びつきに関しどのような態度をとっているか、一つ選択
@ 互いに好意を抱く二人の人間は、激しい情熱をもって求め合うべきだ。
A 他人に理解してほしいと強く願うべきだ。
B 人間同士が理解し合うのは、タイミングが良 かっただけであるから、理解されようがされまいが気にしない。
C 自分にとり大切な数人を除き、他人に理解してもらえるかどうかなどどうでもよいこと。


U 5コマ本文
問4 Even when my kness began bleeding,they would't(c)me to get up
に入る語を一つ選択。
@ allow
A enable
B force
C ask

問5 But during the torture I would〜
のwouldと意味が近い語を一つ選択。
@ was ready to
A did not hesitate to
B used to
C ventured to

問6 But at that time,under torture,I often wished (e)a Chistian〜
に入る語を一つ選択。
@ did
A could
B are
C were

問7 本文の内容と合う物を一つ選択。
@ヤン教授は、文化革命時に「ゲーテなど三流詩人だ」などと挑発的論文を書いた為、迫害された。
Aヤン教授は、拷問されている最中、迫害者がダンテの『神曲』の「地獄編」に出てくる悪魔であると想像し、苦痛に耐えようとした。
Bヤン教授は、人間が苦難を乗り越えていくためには宗教や文学のような「精神的麻酔」が必要であると説いた。
C主人公は、ヤン教授がダンテの『神曲』を暗記していることに驚嘆している。


V 10コマ本文
問8 内容と合わない物を一つ選択。
@ 語り手は、「政治的インド」をこそ描くべきと思う。
A 語り手は、インドを初めて訪れた時不安で一杯だった。
B 語り手は、インドについて書かれた作品では、窮状は背景に押しやられていると感じている。
C 語り手は、「個人的インド」は描かれてこなかった。

問9 And there were ,as always, those who thought they could find a spcial(f)quality in the spcial distress.のf
に入る語を一つ選択。
@ physical
A spiritual
B cerebral
C somatic


W 3コマ本文
@ キキの言う'self-hatred'とモンティの言う'fairytale'の内容を明らかにする。
A 論点整理
B あなたの問題に対する考えを400字以上800字以内で論述する。
*破綻なく、論理的である日本語。

ー講義ノートが必要です。ー


出題元 :どちらともいえない


コメント :その3  ところどころに文字化け(?)があるようです。

択一と記述併用です。

問1〜3 『ノルウェイの杜』からの抜粋。虫食いに該当する単語、下線の単語と
ほぼ同じ意味の単語(または表現)を選べ。読解問題。

問4〜7『The Crazed』出題形式は問1〜3と同じ。

問8〜9 『Literary Occasions』出題形式は同上。

問10 次の英文は(テキスト30〜31ページ全文)、Zadie Smith の On Beauty からの抜粋である。文中においてキキの言う’Self-hatred'とモンティの言う’fairytale ' の内容をまず明らかにしながら二人の論点を整理し、その後あなた自身がこの問題に対してどのように考えるかを、解答欄に400字以上800字以内で論ぜよ。
    注意点:採点に際しては、破綻のない日本語が論理的に書けているかどうかも評価の対象とする。



  ただただ、各章の作品の英文と内容を熟読しておくこと。私は問9までは満点だったと信じているのですが(解答非公表のため)、問10は文字数を辛うじて満たしたものの、ひどい内容でした(個人的に『On Beauty』は最も難解だったと思っています)。
成績はただのAでした。最後の記述式問題は、前回の試験問題とはまったく傾向が違いました。
前回の問題を使って解答練習をしましたが役に立ちませんでした。放送大学の英語科目で最も難解でした。