専門科目


道徳教育論('09)


トップページに戻る


 平成24年1月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント:

問題1
「徳は教えられるか」という問題を議論した古代ギリシアの思想家は誰か。次の1〜4から2つ選べ。

1. スパルタカス
2. ソクラテス
3. プロタゴラス
4. コールバーグ



問題2
「文化の多様性を認める」という立場は、何と呼ばれるか。次の1〜4から一つ選べ。

1. 倫理的絶対主義
2. 倫理的相対主義
3. 文化的絶対主義
4. 文化的相対主義



問題3
「修身、日本歴史および地理停止に関する件」、「道徳の時間の特設」、「文部省訓令第十二号」、「教育勅語」を、歴史的に古いものから順に並べると、正しいものはどれか。次の1〜4から一つ選べ。

1. 「修身、日本歴史および地理停止に関する件」−「道徳の時間の特設」−「教育勅語」−「文部省訓令第十二号」
2. 「教育勅語」−「文部省訓令第十二号」−「「修身、日本歴史および地理停止に関する件」−「道徳の時間の特設」
3. 「道徳の時間の特設」−「教育勅語」−「文部省訓令第十二号」−「「修身、日本歴史および地理停止に関する件」
4. 「「修身、日本歴史および地理停止に関する件」」−「教育勅語」−「文部省訓令第十二号」−「道徳の時間の特設」



問題4
「学習指導要領」に照らして、小学校と中学校の道徳教育の説明として正しいものを、次の1〜4から一つ選べ。

1. 小学校の道徳教育の最終目標は「道徳性を養う」ことであるが、中学校の道徳教育の最終目標は「道徳的実践力を養う」ことである。
2. 小学校でも中学校でも、道徳の時間は教科として設置されている。
3. 小学校でも中学校でも、「道徳的価値の自覚」は、道徳の時間に達成すべき目標の一部である。
4. 小学校では、全教育活動を通じて道徳教育に取り組むことになっているが、中学校では、道徳の時間に道徳教育を行うことになっている。



問題5
「いまゴミを拾わなかったら、学校の先生なのにゴミも拾わないんだとみんなに思われるかもしれないから、拾っておこう」と考えて行動する教師の道徳性は、コールバーグの道徳性発達段階によれば、何段階か。次の1〜4から一つ選べ。

1. 第一段階
2. 第二段階
3. 第三段階
4. 第4段階以上



問題6
教育を方法的社会化としてとらえた研究者は誰か。次の1〜4から一つ選べ。

1. ピアジェ
2. コールバーグ
3. デュルケム
4. サムナー



問題7
民主主義的観点から見て望ましい価値を、子どもの主体性を尊重しつつ教え込むことを何というか。次の1〜4から一つ選べ。

1. インカルケーション
2. インドクトリネーション
3. ロマン主義
4. 進歩主義


問題8
モラルジレンマ授業の説明として正しくないものはどれか。次の1〜4から一つ選べ。

1. 価値葛藤資料を用いた授業である。
2. オープンエンドで終わる授業である。
3. ディスカッションを中心とした授業である。
4. 具体的なスキルの獲得を目指す授業である。



問題9
価値明確化の説明として正しくないものはどれか。次の1〜4から一つ選べ。

1. ラス、ハーミン、サイモンらによって提唱された価値教育のやり方である。
2. 個人の主体的な価値選択を大切にするやり方である。
3. 倫理的相対主義に陥る危険性のやり方である。
4. 社会的に望ましい価値を明確化するやり方である。



問題10
「学校の中で、暗黙のうちに伝えられる行動様式や規範など」を何と呼ぶか。次の1〜4から一つ選べ。

1. 顕在的カリキュラム
2. 潜在的カリキュラム
3. 副次的カリキュラム
4. 補助的カリキュラム



問題11
生徒指導の説明として正しくないものを、次の1〜4から一つ選べ。

1. 生徒指導は、個別的かつ発達的な教育を基礎とするものである。
2. 生徒指導は、一人一人の生徒の人格や価値を尊重し、個性の伸長を図りながら、同時に社会的な資質や行動を高めようとするものである。
3. 生徒指導は、問題を起こした生徒のみを対象とするものである。
4. 生徒指導は、生徒の現在の生活に即しながら、具体的、実際的活動として進められるべきものである。


問題12
精神科医のドナルド=ウィニコットによれば、母親はどのように小さな子どもを育てるのがよいか。次の1〜4から一つ選べ。

1. 理想的には、どんな失敗もしない完璧な母親が望ましい。
2. 子どもが早く自立できるように、子どもを放っておく母親が望ましい。
3. 献身的に世話をしながらときには失敗するような「ほどよい母親」が望ましい。
4. 子どもが早く道徳的に自律できるように、体罰を用いた厳しい指導をする母親が望ましい。



問題13
道徳と宗教の関連を説明した文章のうち、明らかに誤っているものはどれか。次の1〜4から二つ選べ。

1. 道徳と宗教はまったく関係がない。
2. 多くの宗教では、その教えの中に道徳の教えを含んでいる。
3. 日本では、すべての義務教育諸学校で、宗教を教えることは禁止されている。
4. 小学校および中学校の学習指導要領によれば、「道徳」では、「人間の力を超えたものに対する畏敬の念」を教えることになっている。



問題14
いじめの四層構造という考え方があるが、その四層に入らないものはどれか。次の1〜4から一つ選べ。

1. 加害者
2. 被害者
3. 観衆
4. 演者



問題15
尊重と責任を中心的な価値として取り上げている道徳教育学者は誰か。次の1〜4から一つ選べ。

1. リコーナ
2. ハーバーマス
3. ウィトゲンシュタイン
4. ノディングズ




感想
提出課題や自習課題を元にしっかり行って試験対策を行ってきましたが、実際に出た試験問題は予想を大きく外れたものでした。
また、過去問題はできて当たり前の状態で、試験に臨みましたが、それ以外の部分での出題が多く苦戦しました。
今回の試験にかんしては、人物名とその思想・考え方を再度ノートにまとめた方がよいと思います。


平成23年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
コメント :
基本は4者択一ですが、中には択二もありました。問題をよく読んでください。
1.ハイパー・メリトクラシーについて
2.明治時代の「教育に関する政令等4つの重要項目」の年代順
3.H20年に告示された小学校学習指導要領の変更点
4.ピアジェとコールバーグについて
5.H20年小・中学校の学習指導要領に記された道徳についての4つの視点
6.インカルケーションとインドクトリネーション
7.日本の道徳授業の特徴
8.モラルジレンマ授業について
9.教科と道徳授業の関係について学習指導要領はどのように考えているか
10.積極的な生徒指導と消極的な生徒指導
11.ほどよい子育て、ほどよい母親について
12.外国の道徳教育授業について
13.学校における宗教の取り扱いについて
14.人権同和教育と道徳教育の関係について
15.日本の道徳教育での道徳性と個性の関係について


平成23年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
ハイパー・メリトクラシーについて
「被仰出書」「教学聖旨」「教育令」「教育勅語」の年代順
平成20年に告示された小学校学習指導要領の変更点
ピアジェとコールバーグ
デュルケムの言う道徳性の3つの要素
伝統主義的なアプローチの問題点
モラルスキルトレーニングの授業の特徴
学習指導要領に照らした、教科や特別活動と道徳教育の関係
積極的生徒指導と消極的生徒指導
家庭教育のあり方
諸外国の道徳教育事情
現在の日本における道徳教育と宗教教育の関連
いじめへの対応
道徳的価値
エゴグラム


教科書で自己採点ができましたので、しっかり読めば大丈夫だと感じました。
問題は四択ですが、二択の問題もありました。
それに気づいたのは自己採点の時でした。
問題文もしっかり読みましょう。



平成22年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
平成22年度1学期

1 道徳と倫理の説明として正しいのは
(意味、語源)
2 道徳教育の観点から、
「普遍的な倫理的原理」の存在を前提する立場に立つとしたら、どのような立場(主義)があてはまるか2つ
3 この文章は次のうちどれに載っているか
(教学聖旨 被仰出書 教育ニ関スル勅語 文部省訓令第十二号)
4 学籍と指導記録の原簿
5 コールバーグの理論に従った場合、道徳性が最も高い行動はどれか
6 社会化の説明として正しいのは
7 伝統的な道徳授業の一般的な展開のされ方
8 モラルジレンマ授業の問題点として正しいのは
9 道徳教育と教科教育の関係について
10 問題を起こした場合に対処する指導は
11 ウィニコットについて正しいのは
12 各国の公立学校での道徳教育
13 特定の宗教に限定されない宗教の発達 を説いた人
14 同和教育について正しいのは
15 道徳、教科、教科化、徳育、道徳の時間、教科書、修身

素直な問題が多く、中間課題と過去問題をおさえておけば、それほど苦労はしない印象でした

道徳的に正しいこととは何か? 「正しいことを教える」とは?
価値とは? 「自分で考える力をつける」ことと「他者に教えられる」ことの違いは?
「道徳教育では、ともすれば本音と建前を勉強してしまうことになりはしないのか?」
宗教的なことには、例えば「自然に畏敬の念を抱くこと」も含まれるか?など
興味深い内容で、とても真摯な気持ちになれる講義でした。
ふだん「教育」分野にあまり興味・関心、かかわりがなくても、たとえば、「哲学・倫理学」に興味のある方にも、お薦めできる科目です




平成22年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    持ち込み不可



コメント :
過去問を重点的に暗唱して臨みましたが、結構的が外された感じの出題でした。選択問題の中で、「正しいものを2つ選びなさい」というものが2問ありました。点数配分の兼ね合いでしょうが、応用力が試される感じの内容でした。

問1)【道徳教育とは何か】
    ハイパーメトクラシーの意味

問2)【日本の道徳教育の歴史】
    被仰出書・教育勅語・教学聖旨・自由教育令の正しい年代順

問3)【学習指導要領と道徳教育】
    P43の道徳の目標と内容の2008(平成20)年の小学校学習指導要領の文(問題形式は正しいものを選びなさいという感じだったと思います。正解は「実践意欲と態度」でした)

問4〜5)【道徳性の発達】
    @コールバーグのジレンマの意味
    A社会律の発達段階を唱えた人(正解は、ノーマン=ブル)

問6〜7)【道徳的社会化】
    @P73のイマニュエル=カントの唱えた事
    Aインカルケーションとインドクトリネーションの意味(正しいものを2つ選べという問題でした)

問8)【道徳授業の方法T】
    「無人島に行くとしたら何を持っていくか」という授業は何の授業方式になるか(選択肢は、モラルジレンマ授業、泣いた赤おに、挨拶をするトレーニング、価値明確化の授業)

問9)【教科教育と道徳教育】
    教科における道徳教育より、2006年の学習指導要領から出題(形式は、「道徳は学校教育活動の全体を通して行うこと」○、「数学と理科は道徳と関係が無いので道徳を教えなくてもよい」×)

問10〜11)【道徳教育と教育臨床】
    @P126の生徒指導の意味(正解は機能概念)
    Aカウンセリングマインドの意味

問12)【家庭・地域社会における道徳教育】
    ドナルド=ウイニコットの子育ての言葉(正解はほど良い母親)

問13)【諸外国の道徳教育】@道徳を教科にしている国はどこか(2つ選べという出題形式でした

問14)【道徳教育と宗教】正解を選べという代形式で、(@私立での宗教教育はしてもよいかA公立では、聖書に基づいてキリストの教えを道徳で教えなければならないB合掌はしてもよいC私立では宗教教育をしてもよい)

問15)【人権教育と道徳教育】P169の人権・同和教育の中から(同和教育は道徳教育と連携させなければならないが正解でした)

不足、記憶違いがあるかもしれません。補足の方、よろしくお願いします。                                                



平成21年7月
択一式か記述式か : 択一式

設問数 : 15

出題元 : テキスト中心

持ち込み可能か : 持ち込み不可




コメント :
今回はテキスト持ち込み不可になっていたので慌てて暗記しました(笑)
持ち込み不可だったものの過去問の範囲を重点的に覚えればいけると思います。
・moralの語源
・ハイパーメリトクラシーの説明
・被仰出書、教学聖旨、教育令、教育勅語の成立した年代を順に並べる
・平成20年の小学校学習指導要領の変更点
・ピアジェとコールバーグ
・インカルケーション、インドクトリネーション
・日本の道徳授業の特色
・価値明確化授業の特徴
・教科と道徳教育
・積極的生徒指導、消極的生徒指導
・家庭教育
・諸外国の道徳教育事情
・宗教教育
・人権・同和教育
・道徳性と個性


平成21年1月
択一式か記述式か :    択一式(4択)

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :その1

    過去の情報をもとに見出しをつけて受験しましたが、半分くらいしか使いませんでした。半分は今回オリジナル問題でしょうか。1つ考えさせられる問題が含まれていました。


コメント:その2

・道徳教育の歴史 年代順に並べる
・中学校の指導要領にあって小学生の指導要領にないもの
・指導要領に沿った道徳教育とは
・デュルケム・サムナー・サンクション
・モラルジレンマ
・価値明確化
・ソーシャルスキルトレーニング
・モラルスキルトレーニング
・消極的生徒指導・積極的生徒指導
・特別活動の内容構成
・ウィルソン 道徳的に教育された人間
・リースマン・ミード
・パーソンズ・ポッサードとボル
・インターネット・いのちの教育・キャリア教育

最後の2問は答えを2つ選ぶものでした。


コメント:その3

・レポート問2のアレンジ 学制、教育勅語、教科書国定制度、
 道徳の時間を年代順に並べる。
・修身、日本歴史及び地理停止に関する件、神戸児童連続殺傷事件、
 心のノートを年代順に並べる。
・道徳の目標
・学習指導要領や他の道徳授業で、子供達にわかってもらいたいこと
・デュルケム、サムナー、フォークウェイズ、サンクション
・モラルジレンマ授業ではないもの
・価値明瞭化
・ソーシャル・スキル・トレーニング
・モラル・スキル・トレーニング
・消極的生徒指導、積極的生徒指導 p110の表10-3
・ウイルソンの「道徳的に教育された人間」
・ベネディクト、リースマン、ミード、アイとミー
・パーソンズ、ボッサードとボル、サイモンズ
・p125の7から11行目にない行事や活動の間違いを二つ選ぶ
・情報倫理教育、キャリア教育以外の間違いを二つ選ぶ

 

全問4択です。教科書をもっていけば大丈夫だと思います。


平成20年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



   ほとんど過去問に出ているところが出題されていました。

テキスト持ち込み可なので過去問のところに付箋をつけていきました。

過去問の情報のおかげです。ありがとうございました。   

道徳教育論の最後の問題で「1.命の教育と政教分離」と「4.キャリア教育」のどちら選択するか迷いました。

放送は視聴せず教科書のみで勉強しているのでニュアンスがわからないのですが「いのち」と「命」の使い分けに意味があるのでしょうか?

道徳教育論の最後の問題ですが,2つ答えを選ぶ問題だったような気がします。提出前に見直しして気がついたのですが,試験問題の中に2問,答えを2つ選ぶものがありました。

土曜日に受けた試験教科のどれだったのか,記憶が定かではないので恐縮ですが,確か「政教分離」と「キャリア教育」の両方を選択したような気がします。あまり,お役に立てなくて申し訳ございません。

コメント:その2


・道徳教育の意義(道徳教育を行う時間、科目と道徳について)

・道徳教育の歴史 (改正教育法令、教学聖旨、教育勅語、文省訓令の歴史の順番)

・道徳の目標について 「道徳性を養うこと」

・デュルケム、サムナーの概念、社会的統制手段、意味ある他者

・コールバーグの発達段階について(6段階からどれにあてはまるか、レポートと同じ問題のひねりでした)p52

・モラルジレンマ授業の資料として使えない資料はどれかを選ぶ? p63

・ソーシャル・スキル・トレーニングについて p81

・価値明確化の価値とは何か? p72

・ソーシャル・スキルトレーニングとはどれか? p81

・ペーシング、プラグマティックな視点 p89,90

・生徒指導の機能 「自己存在感」「共感的関係」「自己決定」p113

・特別活動 (小学と中学の違い)p125

・総合的な学習の時間と学習指導要綱の「ねらい」についてp143.144

・ベネディクト、リースマンの他人指向型、ミードの不連続社会化、アイとミーについて

・パーソンズの性役割と社会化はどれか?(みたいな感じだったと思います)p158.159

・道徳教育の展望 (情報倫理教育、ボランティア活動、いのちの教育、キャリア教育の内容を書いていて、間違っているのはどれか?)

コメント:その3

各章から一題出題されていました。

範囲は広いですが、大まかに内容を理解して、付箋など貼っておけば解ける問題でした。

一通り目を通して、流れを捉えておけば、大丈夫ではないかと思います。


平成20年1月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :   

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント:その1

覚えている限りでは…

・道徳教育の意義(道徳教育を行う時間のことなど)

・道徳教育の歴史 (改正教育法令、教学聖旨、教育勅語、文省訓令)

・道徳の目標について p30あたり

・デュルケム、サムナーの概念、社会統制のこと p4045あたり

・コールバーグの発達段階について(6段階目の説明がでていました)p52

・モラルジレンマ授業の資料について?p63

・ソーシャル・スキル・トレーニングについて p81

・モラル・スキルとソーシャル・スキルの違い p83

・ガイダンス機能、アカウンタビリティーについて p112113あたり

・特別活動指導(小・中・高の特活の学習指導要領について) p125

・総合的な学習の時間のこと p143145あたり

・ベネディクト、リースマンの他人指向型、ミード、アイとミーについて

 p149153155

・教育方法(パーソンズ、ボッサードとボル、サイモンズ、エリクソン)p158164

・道徳教育の課題について


テキストを持ち込めるので、上記のポイントをすぐに見られるように付箋で貼っておくと便利です! 


平成19年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    15

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
道徳教育の概念

道徳教育の歴史、順に並び替え(教学聖旨・改正教育令・教育勅語・文部省訓令第十二号)

道徳教育の目標

フォークウェイズの概念を提起した人物

コールバーグの道徳性発達段階

モラルジレンマ授業(資料?)

価値明確化

モラル・スキル・トレーニング

根こぎ状況

生徒指導の形態分類(消極的・積極的)

特別活動の目標

道徳的に教育された人間(J・ウィルソン)

内部指向型
ミード(マヌス族)
アイとミー

パーソンズ
ボッサードとボル
サイモンズ

キャリア教育


テキストから満遍なく出題されました。


平成19年1月
択一式か記述式か :    択一式
設問数 :    15
出題元 :    テキスト中心
持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :
印刷教材持込可だったので、試験は簡単だったと思います。
合格は必ずできると思います。