専門科目


著作権法概論(’14)


トップページに戻る


平成 26年 7月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 20

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可



コ メ ン ト : 平成26年8月
 通信課題・自習問題を何度も繰り返して解きました(web上)。
 正解ではない選択肢の、誤っている理由を課題用紙にメモ程度で書き込み、通信・自習の選択肢全体の正しい答えを完備しました。
 問題数が20問ありましたが、半分以上はこの方法でスムーズに解答でき、?なものだけテキストをみながら解答しました。
 最後の15分程度は、再確認のための見直しに時間を使いました。




ここから下は 著作権概論('10)

平成25年1月
択一式か記述式か: 択一式

設 問 数 : 20

出 題 元 : テキスト中心

持ち込み可能か: テキスト持込可




コ メ ン ト : 
テキスト持ち込み可なので、辞書を引くつもりで末尾の索引からそのキーワードを探し答えを見つけ答えに○をする、という方法なら何とかなると思います。試験自体が難しいという印象はなかったです。記憶から探し出していると、時間がなくなると思います。
 この講義自体はまさに著作権をまとめたすばらしい講義なので、法律に興味のある人には強く勧めます。


平成23年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    20

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    辞書/電卓持ち込み可



コメント :その1
テキストと六法が持込可ですが、六法は必要ないと思います。
というか、問題数が多く六法を引いている時間はありません。
今回は試験問題の持ち帰りが不可で、問題をあまり記憶しておらずすみません。
万遍なく細かいところが出題されますので、テキストはかなり詳しく読み込んで行く必要があります。
勉強不足の私は、必死でテキストから回答を探しましたが、時間切れでした。
一応合格はしたようですが、悔いの残る科目です。



コメント :その2
1,2.著作物について
3.著作権者について
4.著作者人格権について
5.著作者人格権の同一性保持権について
6.著作権の及ぶ範囲について
7.著作物の複製・移転について
8.上演・演奏・上映・口上・展示ついて
9.公衆送信について
10.著作隣接権について
11.実演家の権利について
12.教育に関する権利の制限について
13.文字の著作物に関する権利の制限について(点字・図書館等)
14.放送に関する権利の制限について
15.裁判手続き・立法・行政に関する権利の制限について
16.著作権の保護期間について
17.著作物の利用について
18.権利侵害の際の損害賠償について
19.コピーガード関連の複製の問題について
20.今日課題となっている著作権の問題について

テキスト・六法が持込可です。(六法が必要な問題はありませんが)問題数が多く、また、問題の文章も比較的長いため、テキストがあっても調べる時間がほとんどありません。
テキストは、基本的にはちょっと確認程度しか使えず、ちゃんと調べて解けるのは時間的にせいぜい2,3問といったところでしょう。

したがって、基本的な部分はしっかり押さえて解けるようになっておく必要があると思います。



平成21年7月
択一式か記述式か:択一式

設問数:20

出題元:テキスト中心

持ち込み可能か:持ち込み可(印刷教材、ノート、六法)





コメント:

問1 次の@〜Cのうちから、正しいものを一つ選べ。
@編集物の編集方針に独自性があれば、特段の経済的な価値がなくても、
A編集著作物には様々なものがあり、編集物において、その素材の選択に創造性が
B相当の労力を投入してデータを集積したものは、当該労力に報いるという観点
C編集著作物は、それを構成する個々の著作物等の集合体であり、編集物の一部を構成している素材が無承諾で利用された場合でも、

問2 次の@〜Cのうちから、正しいものを一つ選べ。
@自分が独自に描いたスケッチ画が、近くで同様の被写体を描いていた人と
A映画の製作に当たっては数多くの人々が関与しているが、映画の著作者と
B映画の著作物の著作者は監督であり、著作権も監督が最初に持って
C写真の著作者は原則的にはその撮影者であるが、肖像写真の場合には、

問3 著作者の人格的利益の保護に関する次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@著作権法上、著作者の人格的利益を保護するための制度は、公表権、
A財産権である著作権が保護期間の満了により消滅した場合には、
B著作者人格権は、著作者に一身専属的な権利であるから、
C著作者人格権は、著作者の生存期間中に限り認められる権利であって、

問4 著作者人格権に関する次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@小説家が小説を完成させた場合、公表権に基づいて、出版社に対して、
A最初は変名で発表した著作物が再発行されるときに、著作者は
B著作物が無断で改変されても、著作者の名誉又は
C小学生用の教科書を作成するためであっても、

問5 著作権に関する次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@著作権を構成する各支分権は報酬請求権の性質を有しているので、
A著作権を構成する各支分権はすべての種類の著作物に平等に与えられており
B著作権は1回しか行使できないので、一旦著作物の複製を
C著作権の及ぶ範囲は、支分権の内容によって限定されており、

問6 著作物の複製や複製物の移転に関する次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@著作物を有形的に再生することが複製であり、時代の変化につれて
A舞台で上演されている演劇をビデオ録画した場合、
B映画の著作物に認められている頒布権には「権利の焼尽」に関する規定がないので、
C違法複製・違法譲渡であることを知りながら、

問7 著作物の上演、演奏、上映、展示に関する次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@観客の面前で演劇の上演を行う場合には上演権の対象となるが、
Aオーケストラが練習のために聴衆を入れずに音楽を演奏した場合
B上映権は映画の著作物に限って認められた権利で
C絵画の複製画を喫茶店の雰囲気作りのために店内に

問8 著作物の公衆送信に関する次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@ラジオ番組で、リスナーのリクエストに応じて音楽を放送する行為は
A学校の昼食時に「放送室」から各教室のスピーカーに音楽を流すことは
B個人が開設しているホームページであれば、他人の著作物を収録し、
Cインターネットを介した自動公衆送信においても、

問9 二次的著作物の作成と利用に関する次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@既存の著作物に依拠しながら、その表現に修正増減を加えた場合、
A既存の作品からアイデアや事実を利用することは、著作物の翻案に当たる
B平安時代の古典文学を現代語訳した場合、原著作物の著作権は
C小説に基づいて脚本を作成する場合、原作のストーリーを大きく改変しても

問10 著作隣接権に関する次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@映画に出演した実演家は、その映画がDVD化され、市販される場合には
Aテレビ番組に出演した実演家はそのテレビ番組のDVDが
Bレコード製作者は音楽CDを音源としてインターネッ
Cスポーツ生中継は映画の著作物に該当しないから、

問11 次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@市販の音楽CDを使ってファイル交換ソフトにより不特定の
A個人的に楽しむため、放送されている音楽をカセットテープに録音する
Bレンタル店から音楽CDを借りてきて録音することは、
Cレンタル店からビデオを借りてきて、市販の機器によりコピーガードを外して自分が個人的に楽しむためにダビングすることは、
問12 次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@公立又は私立の学校の教師が、授業で上映するため、
A進学塾においても学校教育と同様の教育を行っており、通常の受講料以外の
B小学校や中学校のような正規の教育機関においては、
C学校は基本的な教育機関であるため、著作物を複製して

問13 次の@〜Cのうちから、正しいものを一つ選べ。
@中学校や高等学校において、教員が試験問題を作成する場合、
A学校で国語の試験問題を作成するに際して、作者の氏名を伏せつつ
B大手進学塾が実施する全国模試の場合には、
C学校の入学試験に限らず、一般の会社の入社試験の

問14 次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@新聞の社説は著作物であるので、それを利用しようとする場合には、
A新聞の社説は著作物であり得るが、広く利用されることが
B公開の場で行われた政治上の演説は、政治主張であり、
C公開された裁判手続きの場における原告又は

問15 次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@絵画の原作品の所有者は、その著作権の許諾を得ることなく、
A絵画の原作品の所有者は、当該作品の展覧会を開催するに
B絵画の原作品の所有者が展覧会に際して
C展覧会で写真撮影した絵画の画像を自分のホームページに掲載することは、

問16 著作権の保護期間に関する次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@個人著作者の実名で公表された著作物の保護期間は、
A会社の社内資料として作成された著作物で
B個人所作者の実名で公表された映画の
C本国における保護期間が著作者の死後70年

問17 著作権の管理に関する次の@〜Cの記述のうち、正しいものを一つ選べ。
@共同著作物の利用の許諾は、共同著作者の過半数の合意が
A著作権の譲渡に際して、契約上特に留保事項がなければ、
B公表された著作物について著作権者の不明その他の理由により
C他人の著作権等を管理する著作権等管理事業者は、

問18 次の@〜Cのうちから、正しいものを一つ選べ。
@著作権を侵害された場合、侵害者が当該侵害行為により
A著作権の侵害を理由とする損害賠償請求を行う場合、
B著作権侵害による損害賠償請求をされた側は、
C著作権侵害による損害賠償請求は

問19 次の@〜Cのうちから、正しいものを一つ選べ。
@著作権侵害者が故意又は過失により
A著作権侵害による損害賠償請求においては、
B違法複製物の販売による著作権侵害の場合においては、
C著作権侵害による損害賠償請求においては、

問20 次の@〜Cのうちから、正しいものを一つ選べ。
@録音物による公の演奏に対する著作権の及ぶ範囲については、
A著作隣接権制度は昭和45に制定された現行著作権法において
B映画の著作物は多大の投資を必要とする
C著作物の送信に関する権利として、



平成21年1月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    20

出題元 :    どちらともいえない

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :その1

テキスト持込可ですが,確認程度に開くのが精一杯でした。
通信指導と同じ選択肢がいくつか見受けられましたが,全く一緒の問題ではなかったです。

テキストの内容は興味深く,これはダメでこれは良いのかぁと判例が面白かったです。
これから,ますます研究されていく法律だと思います。



出題元 :    テキスト中心


コメント :その2

覚えていますが、たくさんありすぎてかけません。
1問が4つの文書の中から正しいものを選ぶ試験でした

すべて教科書、満遍なく出ています。



平成20年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    20

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト、ノート、六法全書持込可


コメント:

問題数は20問で、テキスト全体から万遍なく出題されている印象でした。 


平成19年7月

択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    20

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント:


通信課題から4問出題、問題が多いので時間ぎりぎりになりました。
後半中心ですが、まんべんなく出ました。


平成19年1月
択一式か記述式か :    択一式
設問数 :    20
出題元 :    テキスト中心
持ち込み可能か :    テキスト持込可



コメント :
   テキスト持ちこみ可だけあって、応用問題も少し。持ちこみ不可なら難しいが、そうではないので普通レベル。20問なので素早く回答しないと時間が無くなる。重い六法を持ちこみましたが必要を感じず一度も見ないで終わった。


コメント その2:
  テキストおよび六法の持込可能でした。
択一式の多くは10問の中で、問題数は多く感じましたが、時間が間に合わないというわけではありませんでした。
テキストは、どこに何が書いてあるかがわかるようにしておけば、時間もかからないと思います。
また六法はなくても困る事はないと思います。


コメント その3:
18.7のスタイルどおり

テキストの持込が可能ですが、時間が足りませんでした。
通常なら2,3回は見直しするのですが、時間がなく出来ませんでした。

設問は、章の順番に出題されるので、キーワードさえ把握できれば大丈夫。
満遍なく出題されていたので、テキストはしっかり理解する必要があります。


平成18年7月
択一式か記述式か :    択一式

設問数 :    20

出題元 :    テキスト中心

持ち込み可能か :    テキスト持込可


コメント :

 正しいものをを一つだけえらんでください。4問の中から一つ。

@新聞の記事にあ著作権があるか。
A共同著作権について
B共同著作権について(氏名表示権)
C公衆放送について
D著作人格権について
E展示による複写について

など、全般的に出題された。
 問題が20問と非常に多く、教科書など確認のために目を通す時間や余裕は無かった。。